先週末は「地域戦略」DVDを鑑賞する勉強会、
「地域戦略」マラソンの6日目を開催しました。
これが最終回であり、ランチェスター経営(株)
伊佐康和としては最後の日でした。

DSC00286DSC00288

最終回で最後だったからでしょうか、
この「地域戦略」マラソンで今までの
全5回を皆勤参加されていた塾師でしたが、
急遽、生徒のために塾を早めに開校するので
欠席とのメッセージがあり欠席に。

この「ランチェスター・マラソン」シリーズ、
最初の「ランチェスター古(ふる)マラソン」から
「財務戦略」マラソン「組織戦略」マラソン
「教育☆名人」マラソン「商品戦略」マラソン
そして今回の「地域戦略」マラソンと完走ならず。
やはり破天荒〜なんでしょうか。

DSC00287DSC00289

さて、今回のテーマは「6章 地域拡大の手順」、
前々回の「陶山訥庵の地域戦略」を応用して、
前回の「5章 強い地域の作り方」で、
1位の地域を作った後に、その地域を
どのように拡大していくか説明されています。

竹田先生は、そんな関連性には余り触れずに、
いきなり「植物の激しい競争」とのことで、
全く違った話題で展開されています。

これはwikipediaでも「植物の競争」として、

「競争相手に勝つための手段として、
 積極的に相手を攻撃する植物もある。

 その一つが他感作用で、
 化学物質を分泌して、例えば自分の周囲で
 他の植物の生長を妨げるなどの例がある」

と説明されています。

その化学物質(テキストでは成長抑止物質)を
竹田先生は、強者の会社が弱者の会社に及ぼす
2乗作用だと独自の解釈をされています。

「半ば強引な気もしますが・・・」と、ご一緒に学ぶ
(株)ストラテジア前田憲太郎様と苦笑い。

DSC00291DSC00292

以上、先に触れたように、
この「地域戦略」マラソンも今回が最終回、
ご参加を有り難うございました。

 profile_photo[9].jpg
次回(1週空いての)7月14日(土)からは、
比較されても選ばれる1位作りのコピーライター
狩生孝之氏と学ぶ「営業戦略」DVDを鑑賞する
「営業戦略」マラソンを開催します。

乞うご期待を!