先ほどのブログでも触れていましたが、
明日の「早解り・ランチェスター法則」
応用編<祝日コース>では、
竹田社長10年以上をかけ導き出した
ランチェスター法則財務に応用した
下記のような「財務分析における危険値
にも触れる予定です。

1.自己資本比率市場占有率の数値を適用

2.自己資本の固定化倍数(固定比率)に
  必敗の法則を適用

3.総資本回転数必勝の法則が適用

CIMG2937

特に「1」から派生して、財務における 
強者と弱者の区分には、自己資本比率と
1人当たりの自己資本額から導き出されます。

それを単純にDVDを見せただけじゃ
分からないだろうと、いろいろと趣向を
凝らそうと思ってますが、なかなか・・・

やはり、 ブリヂストンタイヤを付けた車と
PL学園野球部員を登場させた方が
良いんでしょうか?
(↑分かる人しか分からないマニアック・ネタ)

CIMG3395

頭を抱えていた私を、不思議そうに
竹田社長が見ていたので、折角と思い
(滅多にないことですが)

「財務戦略の中にある
 財務分析とか利益性の分析とか
 普通じゃ分かりづらいですよ。
 しかも誤字脱字も多くて・・・」
破天荒な塾師さん↑ちゃんと言いましたよ!)

と尋ねると竹田社長が、

「そうやろうな・・・

 でも、簿記3級くらい持っている
 経理係なら、直ぐ分かるはず。
 分かれば社長は確認するだけでOK。
 何も社長自身が数字を導き出さなくても
 チェックが出来ればいいから」

私は経理係の経験は無いですが簿記は2級です。
それでも・・・苦!

part3_10_210[1]

さ〜って、「早解り・ランチェスター法則」応用編
明日を含めて残り3日で、簿記3級以上を持つ方々が
何人分かるか、チェックしましょうか。