勉強会後記の順番は前後しますが・・・

昨日は「組織戦略」DVDを鑑賞する勉強会、
「組織戦略」マラソンを開催しました。
前回よりお一人、参加者が増えました。
有り難うございました。

CIMG4094CIMG4095

今回のテーマは「組織作りと社長の実力」、
組織の形態と、そのリーダーとなる社長の
実力により、全体の生産性がどうのように
影響するかを解説しています。


1.20人くらいまではチーム型組織
 ・全員が協力し合い融通が利き動きが速い。 
 ・欠点は、社長が転けると皆、転けた。 

2.30人を超すと職能型組織
 ・各人、同じ仕事に集中し技能が高まる。
 ・部門間の調整で会議が乱発して、
  コミュニケーションとか対話とか言い出す。


加えて、


「会議の数は社長の実力の低さを示す。
 特に月曜日の午前中に
 会議が多い会社は一番のボロ会社」


とか・・・前職?  

CIMG4097CIMG4098

それらの解消として、お客起点の組織を作り、
役割を決めるように説明がされています。

本題は後半にあるのですが、いつもながら
前半で熱弁される参加者も↓いつも以上?

社長様だけのご参加であれば話も早く、
課題も提示しやすいですが、そうでない状況
だけに、言うは易く行うは難しなのかも。

CIMG4100CIMG4099

結果、中小企業では社長の実力と従業員の実力は 
均衡し、結果として“会社の実力=社長の実力”

それが故に、社長の実力を測定する方法として、


・自分の会社を辞めて独立した人が、とても良い
 仕事をしているという人が何人もいるときは、
 それは社長の実力が低いことになる。実力の
 逆転現象が起きていた証拠になる。

・会社を辞めた人が良い会社に再就職できず、かつ
 独立しても上手くいってなければ、社長の実力が
 高かったことになる。


と言うことが、言えなくもありません。

しかし、前回に触れた「小さい会社のままじゃダメ」
とか言って、中小企業の社長をあおって社員研修を
売り込んだりするセミナー会社が同時に「従業員を
教育すると業績が良くなります」とウソを言う。また、
「賃金制度を見直すと業績が良くなります」とウソを言う、
先のセミナー会社と連む賃金コンサルタントもいます。

その結果、教育費と人件費に著しいムダが発生する。
よく分からない志賀島合宿研修など以ての外、
バカ者でしょうね(笑)

CIMG4101

DVDの中でも竹田社長


中小企業の社長は目を覚ませ!!
 教育効果がないものに金を出すな!


と、ビックリマークを3個も付けて言ってます↑

しかし究極は、従業員に勉強させるだけさせて、
社長自身は楽して儲けようとしているからかも。

また、勉強はしていても、


「テレビに出てくる有名人の話とか、
 知らないよりも知っていた方が良い
 という程度のモノは一定期間カットすべき」


のことでしょうか?

CIMG4096

それにしても今回のような内容の勉強会に
社員の方とご一緒にご参加される社長様は
肝が据わっていますね〜しかも女性ですし。。。