改めて先日に開催しました
ランチェスター古(ふる)マラソン
その土曜日コースを↓まずはポーズから。

CIMG2518CIMG2519

ビデオの開封も慣れ慣れで〜お手の物!
サササのサですなぁ。

CIMG2520CIMG2521

そんな塾師との勉強会ですから、私も
「弱者必勝の経営戦略」ビデオを鑑賞
しながら(証拠写真を再び↓↓)、

CIMG2524CIMG2526

いろいろな疑問点をぶつけ合います。
前回の土曜日コースだけでなく、
水曜日コースで触れたように、
「強い願望」から「1位の目的・目標」
への落とし込みに、このところ
ずっと違和感を抱いてました。

いろいろと意見を交わしている中で、
竹田ビジネスモデルの横軸:実行手順で、
「願望」は、社長自身の人間的な側面、
「目的」は、会社自体の経営目的、

CIMG2522CIMG2523

となれば、それぞれの関係は?


「人が何かをするときに失敗するのは、
 目的と手段がゴチャゴチャになり、
 手段が目的となったとき」



「経営についても同じで、
“目的と手段”あるいは“目的とやり方”が
 混同すると、失敗してしまう」


と常々、教材の中で竹田社長が解説を。

社長にとって「会社経営の目的」は、
自身の「願望」を果たす際の手段でしょうが、
会社にとっては、社長の願望が「目的」を
果たす際の手段の1つに過ぎないのでは。

その関係を間違えると、調子に乗ったり
生活内容を変えたりしだすんでしょうね。

CIMG2525CIMG2527

塾師共々、持っていた「戦略☆名人」DVD
テキストから、納得の文面を。


「・・・経営の原則と、
 個人の欲望の2つは別々にすべき。
 経営の原則を素直に実行するか、
 それとも個人の都合を出すかによって、
 業績が大きく変わってくる」


この関係について少し疑問を持ち、事務所の
本棚でふと目にしたのが↓このCD。

itisya

一倉定の「中小企業の社長学」 

おおお!!!
聞くと、今回の疑問に対してヒントが満載!

以前のビデオは眠たかったのですが(失礼)、
このCDは歯切れが良すぎて〜凄い!
もう5回ほど聞いてみましょう。
(でも、洗脳されないように・・・禁句?)