先日の「ドラッカー経営学とランチェスター
ユーザー特別勉強会と、竹田陽一ミニ・セミナー

CIMG0959CIMG0949







その時に竹田社長と同じ結論とは別に、私から
もう1つの結論を導く資料として↓ご紹介しました。

「中小企業の多くはイノベーションの力がありません。
 時間がない上に野心がない。街角のタバコ屋だけ
 ではありません。中小企業と言われるものを見て
 ください。人手がない。資源がない。現金もない。
 社長が雑用まですることはないにしても、大した
 違いはありません。毎日が戦いです。体系的でも
 なければ、経験もない・・・・」

以上は、ドラッカー著、
マネジメント・フロンティア」の序章か、
実践する経営者」の序章、
 どちらも同じインタビューです。
(初出は「インク・マガジン」から)

maneforjisen









この事から、中小企業の社長はどうすべきでしょうか。
それが、私からのもう1つの結論であり、このことで
ランチェスター経営(株)が存在しうる意味合いも
出てくるだろうと思います。

詳しい考察は、本番の勉強会である
24日(木)、26日(土)、29日(火)までに、
もう少しまとめていきたいと思います。
乞うご期待下さい!