先日の「倒産件数と景気の動向〜2010年を予測する
と同様に、この事も「建築・リフォーム社長塾」で
メイン講師をされる(株)ハードリング岡漱一郎様

「マスコミなどに露出が激しい会社が
 決して儲かってない事実を知ること」

建築リフォームの業界紙を取り出して、毎年発表の
売上げランキングに入っている大手ハウスメーカー
以外で、さも頑張っていそうな会社などを調べ、
1人当たりの粗利益を概算で計算すると・・・
最終的にはカスカスの純利益しか残って無さそう。
それでいて、関東進出とか業界最安値とかで
端から見れば頑張っているような印象を。

また、建築リフォーム業で有名な某・TV番組、
そこに「匠」として紹介されたが故に、どんどん
業績を落としている設計事務所もあるそうです。

CIMG7885CIMG7896







違う業界ですが、その会社(お店)の朝礼が有名で、
全国から同業種・異業種の会社から見学が絶えず、
DVDとして教材になったり、社長が全国を股に掛けて
講演をしている会社も、その実態はいざフタを開けると
1人当たりの純利益はカスカスだとのこと。
(業態変化で、講演業・教育業に進出かも・笑)

そういえば、某・ビジネス誌に「社長の器」として
取り上げられた会社も、以前に取引をしたことがある
社長様にお聞きすると、どうにもならない業績だとか。
(そんな会社と取引する事自体、危ないんですが)

年代別の利益表












やはりポイントは、1人当たりの粗利益、純利益
そして自己資本。しっかりとした経営をしましょう。

6月27日お21CIMG0325







*そんな会社を目指す社長様は、9月−10月で開催の
原理☆原則勉強会、ランチェスター社長学☆勉強会
 30代で年収3000万円を実現した人110人調査した
 28歳の竹内正浩氏とご一緒に学んでいきましょう。
 9月9日(木)、11日(土)に参戦決定!