ボロボロの本ではお待たせしました(?)
「小さな会社★儲けのルール」
に頂いたサインをご紹介です。
(各写真が暗くて失礼)

ちなみに、私が持っている本、
既に表紙がボロボロです。
でも、この初版は貴重、
「栢野克己」が小さいですし、
黄色い帯のコメント、
その当時の推薦者が・・・






竹田社長のサインまずは、ランチェスター経営(株)
の社長(竹田陽一)のサインです。
「人生は素質三分にガンバリ七分
 2002.11.26」
自社の社長のサインを貰うのは、
今では少し抵抗が有りますね。
と言いつつ、もう1冊サイン
を貰ってしまってます。

でも、この私の本では、
竹田社長サインがトップ
ではありません。





栢野さんサイン
続いて、共著のインタークロス
九州ベンチャー大学
栢野克己様です。
「人生は出逢で変わる!
 良き出逢いを!!
 2002年11月28日
 ありがとう!!」

この本の最終ページに
頂きました。






川辺社長サイン

67ページ「商品戦略」で
ご紹介されている
八ちゃん堂:川邊義隆社長様
のサインです。





蔀社長サイン
72ページ「商品戦略」で
ご紹介されている
ふく鮨本舗の三太郎
:蔀章社長様と
当時社員だった摩須様
のサインです。


次は、78ページ「商品戦略」でご紹介されている
シャボン玉石けん:森田光紱社長様・・・は前回掲載済みですね
〜そちらをご参考下さい。

池田社長サイン

84ページ「商品戦略」で
ご紹介されている
カーライフ550
池田謙司社長様のサインです。





小笠原社長サイン
92ページ「商品戦略」で
ご紹介されている
ホームテック:小笠原良安社長様の
サインです。





古川社長サイン115ページ「エリア戦略」で
ご紹介されている福一不動産
:古川隆社長様のサインです。


古川社長様は、他のページでも
多々ご紹介されていますので・・・



古川奥様サイン254ページ「時間戦略」で
ご紹介されている所には
奥様:古川美恵子様の
サインを頂きました。






ダスキン伊藤さんサイン125ページ「エリア戦略」
でご紹介されている
ダスキンサーブ:伊藤隆一
のサインです。

伊藤様は、栢野様と竹田とを
結びつけた友人として「あとがき」
にもご紹介されてます。




富永社長サイン
135ページ「客層戦略」で
ご紹介されている
トマト建設:富永英二社長様
のサインです。







桑原社長サイン
138ページ「客層戦略」で
ご紹介されている
フレッシュ1:桑原英之社長様
のサインです。







山本社長サイン143ページ「客層戦略」で
ご紹介されている
フューチャーリンク
山本晋社長様のサインです。








植松社長・音丸さんサイン175ページ「営業戦略」で
ご紹介されている音丸一哉
行政書士様のサインと、
地球屋:植松伸吉社長様の
サインです。






石村社長サイン
176ページ「営業戦略」で
ご紹介されている石村萬盛堂
:石村善悟社長様のサインです。








川原社長サイン179ページの本文中に
ご紹介されている
ふくや:川原正孝社長様の
サインです。








中村社長サイン

180ページの同じく本文中に
ご紹介されている
クロシス:中村美賀子社長様
のサインです。
+文鳥だそうです・・・











赤峰社長サイン184ページ「営業戦略」で
ご紹介されている
FCC 福岡コミュニケーションセンター
:赤峰美則社長様のサインです。









久米さんサイン205ページに栢野様ご自身の
名刺が掲載されてますが、
その中に「最愛の嫁さん」
ご紹介されてます奥様:
久米美都子様のサインです。
「これからも
 宜しくお願いしま〜す。」




竹田奥様サイン

221ページには、当社の
「感謝とお礼のメッセージ」
が掲載されてますが、
これは筆跡・内容から
竹田奥様のハガキと判明。
ですのでサインを・・・
「私はハガキを書き出してから
 人生が大きく変わりました!!
 14.11.27」






黒木社長・矢頭専務・市川社長サイン252&253ページ「時間戦略」に
ご紹介されている
ディックスクロキ
黒木透社長様のサイン、
やずや:矢頭徹専務様
のサイン、日本ガードサービス
:市川善彦社長様のサインです。






太田社長サイン

最後はフォレスト出版
太田宏社長様のサインです
が、このサインは本のトップに
頂いております。
「ご祈念申し上げます。
 2002.11.28」









ちなみに、この本が盗まれたりしないよう私のサインもあります
(盗まれないでしょうけど・笑)




*本の折りチェック

 今、手許にある本では折りや付箋紙だらけ。
 それは、サインを貰うなどの箇所を分かりやすくするためです。
 それらを除くと・・・・・
 「営業スタイル百花繚乱」です。
 でも、竹田社長も栢野様も、こんな言葉を使うのかな、、、、、

竹田社長のボード「小さな会社★儲けのルール」に頂いた
各社長達のサイン(写真)をアップするのは〜
アップロードだけでも時間が掛かり、
しかもグチャグチャな状態です。

また次回に・・・・
明日にでもよろしくお願い申し上げます。
ブログ先生、お許しを。。。




栢野さんのボードその代わり、息抜きとして〜
三者三様のホワイトボードを(笑)

上から、社長の竹田陽一。
あっさりと黒マジックのみで記してます。
マジックのキャップをせずに持っているので、
直ぐにインクが無くなるのですが・・・

真ん中は、インタークロス/
九州ベンチャー大学の栢野克己様。
2色で、書いている「字」は読みやすいですが、
その他は単になぞっているだけ・・・かも。

読めないボード最後は私なのですが、、、
自己満足的に、黒・赤・青・緑の
4色で記してますが、
「読めませんね!?」
と自分でも首を傾げてます。

儲けのルール















言わずとしれたベストセラー書、「小さな会社★儲けのルール」
竹田陽一栢野克己 共著/フォレスト出版
私が入社間もない頃(2002年)に出版された本です。

以前に「ブログを書く際のネタ」として、いつの間にか溜まった
サイン本(数えると90冊以上?!)をアップしようと思ってました。
このブログでネタが無くなったら、このように紹介していこうと思いますが、
ブログ先生、いかがでしょうか?

ちなみに下のサインは、昨年の9月に亡くなられたシャボン玉石けん
森田光氏のサインです。今となっては、本当に貴重です!
以前、森田氏のセミナーに参加した際に、この本の78ページ(事例で掲載)、
そこにサインを頂きました。
(「徳」じゃ無くて、ちゃんと「」となってますね)

サインを頂く際に「こんな本に私が載ってたの?」と仰ってましたが、、、
シャボン玉石けん、故森田氏














この本には、両著者のサインはもちろん、その奥様(お二人とも)を始め、
合計で20人のサインをGetしております。

22日独立起業塾ボード昨日のブログでも少し触れました
3月22・23日で開催の
「独立起業★若手社長塾」
ですが、通常はビデオ(DVD)
「独立起業の成功戦略」鑑賞を
中心に、1日目6時間、2日目
7時間(お昼休みあり)、
合計で13時間と、
2日間じっくり&みっちりの長丁場です。


すごく簡単に申し上げると・・・「ランチェスター経営」で、
また特にこの勉強会では、経営の「物理的側面」を中心に
紐解いております。
「物理的側面」とは、原理・原則、ルール、法則・・・
当社であれば、この側面をランチェスター法則に基づいて、
出来るだけ数字を用いて解説しております。
(しかも教材では、竹田が筑後弁で分かりやすく解説〜笑)

もう一方の「人間的側面」となると、感情・精神、願望・・・
基本的には、人それぞれで変わりますし、生い立ちや持って
生まれた性格で大きく左右されます。

 *この辺りは、この教材でも触れております。


今回の2日目(23日)は、4名の方がご参加。
・昨年起業されて間もない20代前半の方(しかもイケメン)
・就職後1社しか勤めてない(10年以上勤務)
 30代後半から40代の方(しかも大手上場企業)
各々、お二人ずつ。
独立起業塾の発表
最初に、各自の事業計画が
あるのですが、その内容にも
大きく対比することが多く、
見聞きしていて、インストラクター
である私も勉強になりました。


若くして起業されると言うことは、「人間的側面」
早くから成熟している人であり、今回の前者のお二人が
そのような方々でした。
自発的な思い・考えが強く顔や表現にも表れてました。
テキストでは「願望型」と解説)

一方、起業家には、10年ほど会社に勤め、外部の要因から
強制的にやむを得ず独立される方もいらっしゃいます。
後者のお二人も起業されれば、そうなるのでしょうか。
テキストでは「ルール勉強型」と解説)


願望が強いと「主観経営」に陥りがち。。。
逆に弱いと、優柔不断で差別化できず消えていく。。。

どちらがどうって事もなく100%の正解は無いんでしょうが、それぞれ
自分自身をしっかり知って、「起業」に取り組まれていかないといけません。

世間からすると、どちらのタイプであろうと社長は社長ですから。

22日独立起業塾この3月22・23日(土・日)、
私のメインとなる勉強会
「独立起業★若手社長塾」
を開催しました。

久しぶりに、まとまった人数の方が
ご参加されるので、起業塾長さんである
ブログ先生にカメラマンをお願いして、
私の迷(?)インストラー姿を写真に、、、お恥ずかしい。


ですがお越しになるのが、思いっきり遅い方を待っていたため〜
ちょっと苦笑いの私です。

疲れたので、続きは明日にでも。。。
若い(22歳!) イケ メン が登場予定、乞うご期待を!!





またまた、こんなネタも書けるな。。。
これは、実はランチェスター経営(株)の入社前、
平成8年のこと・・・

知る人ぞ知る、こんなネタも書けるな。。。

竹田社長との出会い〜以前に、竹田社長の著書
サラリーマンでありながら買っていた。

出会いって、そんなモノなんでしょうね。

↑このページのトップヘ