昨年、勉強会へご参加された
社長様からご質問いただいた
この「企業の優勝劣敗」。

こういう語句を切り口に
ランチェスター経営
説明されたような内容が
当時、見当たらず。
少し困った中、1年前に
書いていたブログで、


◆「大きさ」と
 「強さ」どちらが好きですか?





・・・ランチェスター経営
ではハッキリした答えが
用意されている。
市場占有率(シェア)1位」
が最も強い・・・


これが正解かどうかは
未だに不明ですが、
この辺りをご紹介しつつ、
いろいろ意見交換させて
いただきました。

DSC01404












そんな中、本棚を整理した際、
目についた、オイルショック後
長引く不況期下に出版された
大先生の本のサブタイトル。
以前の勉強会でもご紹介↑)
そのままズバリ!?
「企業の優勝劣敗は何で決まるか」

*本のタイトルは
 「経営戦略の総点検
 (ビジネス社)

IMG_5288















そのサブタイトル部分を
ストレートに説明された章。
ご参考までに引用すると、


◆企業の優勝劣敗は何で決まるか


・・・企業の優勝劣敗とは、
必ずしもマーケット・シェアの
大きさだけを示すモノではない。

収益性、成長性、安定性の
総合的な結果で、これを評価
すべきことは言うまでもない。

しかし、こうした尺度は、
利益であれ、自己資本比率であれ、
売上高であれ、戦略発想なり、
戦略体質の結果であって、自然に
生まれてくるモノではない・・・


何となく(この後の)残り部分、
シッカリ読まないと具体的な
答えが導き出せないような
流れになっていました。
今後、より深刻な不況に
突入するのであれば
参考になるのかも。

この本を以前ご紹介した時と
同じように、やはり不況期は
ランチェスター経営戦略で
自社の「経営戦略の総点検」を
実行して、ピンチをチャンスに
変える方法を考え抜くことが
大切なのかと。

そうであれば、今でも
十分に通用するのでしょう。
ご紹介した時に提供された教材

f865db47












ランチェスター法則による非常時対応
『経営総点検』の進め方DVD
 (CD版もあります




*詳しいことは、今月後半
 からの「戦略社長塾」にて。

この件、該当する方々に、
2週間ほどお待たせして
申し訳ございませんでした。
遅くなり大変失礼しました。
(しかも遅い時間)

4take2021










こう申し上げつつも、
一仕事終えた感で・・・
以上にて失礼します。
(重ねて失礼)

速攻でのご返事お一人。
(強者の即応戦?)




*別途、この↑竹田先生と学ぶ
 「誰も考えつかないような
  アイデアの出し方」研究会
 リクエストもお待ちしてます。


◆戦略とは(70%)

4post1













・語源は、古代ギリシャの
 ストラテジアにある。
 直訳は「将軍の術」
 明治の始め「戦略」と翻訳。
 「見えざるもの」と解説。


・軍全体の効果的な勝ち方。
 「経営戦略」とすれば、
 全社的勝ち方のルール。
 大局、構想。脳に汗。


昨日に書いたブログからも、
「戦争」が身近で血気盛んな
方であれば、戦略に関して
直訳の「将軍の術」が
解りやすいのかもです。
(ただ、勘違いに注意

そういう人に向けた
ランチェスター経営(株)
からの「戦略」に関する
教材もあるのはあります
が・・・

DSC05485












ひどく混乱する」様子を
サブタイトルでも言い
表してます(要注意

DSC05484












ところで、それよりも
全く別の視点(?)から
後に付く「術」に関して
疑問をいただきました。

確かに、わざわざ「技」の
字ではなく「術」の字を
使用しています。
(少し親父ギャグ)

大村益次郎竹田先生
含めて、単に昔の人には
漢字として「技」よりも
「術」が一般的だったのかも
ですが、果たして・・・?

3f66e949
















ちなみに、竹田先生が
昭和51年6月に買い入れた
広辞苑第2版)によると、


◆じゅつ【術】

,錣供5桟檗3慳筺

△討世董手段。
(以下省略)

IMG_6484














◆わざ【業・技】

,垢襪海函しわざ。おこない。
(省略)
しかた。方法。技術。芸。

IMG_6485














「技術」という語句もあるので
国語辞典的には、ほぼ似た
意味なのかもです。

ちゃんと比較して調べないと
解りにくいようなので、


◆「技」と「術」の違い・意味と
  使い方・由来や例文





「技」は一般的技能のこと・・・

「術」は専門的で卓越した
 技のこと・・・


     *「違い.site」より。


何となく掴めた気がします。
ちゃんと職業(仕事)として
成り立って「術」なのかと。

最後に、語源に近い原義から
「術」と「技」を紐解いた
記事もありましたので、
(同時に「藝」も)
ご参考までご紹介です。


◆術・技・藝の原義




(なお、記事にある「西先生」は
 竹田先生も時々「理念」の説明
 で触れる、西周(にしあまね)


三省堂「ことばのコラム」より。


語源に戻すことで解らなく
なることもあるのかも。
(失礼いたしました)

昨年末に開催しました
経営計画勉強会」を進行中、
下記のようなご質問を
いただきました。


「弱者の戦略が上位概念で、
 ランチェスターが下位概念とは、
 どういうことでしょうか?
 聞き慣れないのでご質問します」


その他にも諸々と。

ちょうど勉強会の最後の最後、
会場では「ビジネス実行手形
を書いていただいていた時。

*室内の換気せざるを得なく、
 かなり寒かったかもです。
 申し訳ございません。

DSC01925












同時に緊急事態も勃発!?

止む無く、そのまま引き続き
残って集っていただいた中、
先ほどのご質問などを
含めて意見交換しました。
有難うございました。




ざ〜っくりと申し上げると、
「弱者の戦略」として通常
軍事法則がベースとなる
ランチェスター法則だけ。
しかし、自然界の法則や、
エネルギーの法則、または
スポーツ界における原則など
から置き換えることで学びが
広がるのではないかと。
(追加事項が最後にあります↓)

*私としては、現在放送
 されるNHKスペシャル
 新シリーズ「超・進化論
 で新たな解釈があり期待大。
 



これらの点で参照ください、
ランチェスター第三法則

lanc3lanc















あくまで極論で申し上げると、
「戦争」が身近で血気盛んな
方であれば、従来からある
ランチェスターを追求して
いけばイイのかも。

しかし、特に最近になればなる
ほど、若い人からご指摘が多い、


「ランチェスターの説明って、
 戦争の話しが多くて
 内容についていけない。 
 つい興味が薄れてしまう」





だからでしょうか、
ランチェスターは古い」など
今さらランチェスター」など
耳にすることが多かったです。

ウクライナ紛争もあって
最近は身近になりましたが、
逆に嫌悪感が増したかと。

であれば・・・




もちろん従来からの(双方の
ランチェスター弱者の戦略だけ
でなく、自然界を含む新たな
解釈での「弱者の戦略」は、
(株)プラスソフト・竹花社長様
と学ぶ「不倒の経営」勉強会で、
パワーアップして開催中。

fullline03_cd_p















蛇足ながら「自然界に学ぶ」
として、植物の戦略に関して
竹田先生『地域戦略』CD
の中で説明されています。
 
コバンザメ商法も説明あり。

昨年末にトラブってました
アップグレードした
ZOOMクライアント。

わざわざダウングレードして
そのままだったのですが、
またバージョンが少し
アップグレードされたので、
年明け早々満を持して更新を。

zomm














何回かZOOMを使用しました
が、どうやら大丈夫そうです。
感謝&感謝です。
(ダメなら戻します)

同時に、以前から何度も
教えてもらう情報なのですが、
その度に忘れてしまう件。
ついでに今回、改めて
備忘録で残しておきます。


【Chrome】入力フォームの自動入力の候補から
      IDやパスワードを選んで削除する方法





Google Chromeでフォームに入力した
IDやパスワードの自動入力候補を
個別に削除する方法を紹介します・・・

00002












パソコンの機種によって
異なるようなのでご確認を。

*ブログ「カラバリ」より。


パスワードなどは1年に
2〜3回ほどウッカリ
入力ミスしてしまうので、
その際に「あ!?」と。
ご参考に(これで大丈夫)

正月を終えての連休とのことで、
のび太まででは無いが↓)
のんびりしてると、渋滞に
巻き込まれてしまいました。

IMG_6472















今日は成人式
もう成人式と呼ばない?

いや、勘違いでした。

abi33su


















今日からが、十日恵比寿
正月大祭」でした。

全国的には神社によって
異なるようですが、
確かに10日がメイン
変な記憶違いで大失態。
しばらく身動き取れません。

確かに周りの人人々・・・
パンダじゃ無いのに、
笹を持って闊歩。

pnd9522













十日恵比寿神社近郊を
通り抜けるのに1時間弱
ほど費やしました。

疲労感が抜けないので、
手短ブログにて失礼し、
明日以降も要注意か。

これは昨年末に開催しました
経営計画勉強会」の際などで、
少し話題にしました、現状で
進行するインフレーション
(インフレ)に関して、
各参加者から声より。

DSC01921












なお↑↓写真でご紹介している
親子は、昨年のうちに4回も
値上げを実施されたそうで、
「値上げが出来ない」会社
では決してありません。

決断力と断行能力が高い
社長様ですから、今年に
入ってからも状況に合わせて
引き続き値上げを実施する
思いもお聞きしました。

DSC01924












そんなこともあってか、
別の日にお越しになった
後継候補者の30代
ご子息さんからは、


「インフレになって
 何が悪いの?」


〜とご質問がありました。

デフレしか経験してない
世代なのですが、これは
会社内だけでなく日頃から
(先の)社長様によって
教育されているのかと。
その凄さを実感です。

しっかり経済成長を伴えば
インフレは悪くありません。
むしろ歓迎すべきかと。




コロナ禍の初年度後半
スタグフレーション
に関して触れました。
こんな値上げだけ続いて
経済成長が伴わないままだと、
そうなる可能性もあるので、
トイレットペーパーを
買い込む経験者も(恥)

IMG_6463












そうなった場合、当時の
スタグフレーション下で
戦略的に業績を伸ばした
経験者・竹田先生に学ぶ
のは有効的だと私は
思うのですが・・・




その当時に実践されたのは
商品戦略」と「地域戦略」。

DSC09432












どちらの成功体験も要因を
分析してルール化した上で、
商品化(教材化)しています。
最後は新年早々でのPRで
締めさせていただきます。

DSC09215












*(念のために申し上げると)
 今春もいろんな物が値上げ
 するとニュースで多々。
 そうなれば教材も

↑このページのトップヘ