昨日くらいのネットニュース
出てましたので、ご存じな方が
多いかもです。


◆氷室京介、
 カリフォルニアの7億円豪邸を
 10億円で売却・・・本棚には『宇宙兄弟』も




ロックバンド「BOOWY」の
ボーカルとして一世を風靡した
氷室京介(60)が、ロサンゼルス
近郊の大豪邸を売却したと、
現地新聞『ロサンゼルス・タイムズ
が報じている・・・

(途中を飛ばして)

・・・物件の紹介動画を見ると、
2つの本棚が撮影されており、
漫画『宇宙兄弟』や『三国志』
『源氏物語』『奥の細道』などの古典、
『週刊 歴史のミステリー』
『日本人のちょっとヘンな英語』
『死にゆく子どもを救え』
『ブッダの教え』などの本が並んでいる。
さらに『ランチェスター戦略』
といったビジネス書もあった・・・


リンク先の記事には、
本棚の写真もあるので、
視力の良い人が熟視されれば、
誰の本かが解るかもです。
(私じゃムリでした)

kyosyuk
















また、記事のタイトルが、


◆氷室京介、
 カリフォルニアの7億円豪邸を
 10億円で売却・・・本棚には
 『ランチェスター戦略』も


〜とかだったら、もっと
話題になったのでしょうか?
(逆かもです)

それとも、


◆氷室京介、
 カリフォルニアの豪邸にある
 本棚から『ランチェスター戦略』
 を10億円で売却・・・?


〜とかだったら、もっと
&もっと話題に?
(これは詐欺ですかね)

beatbooy
















なお、邦楽が無知な私ですが、
本来的にはギターの布袋寅泰さん
に学んでてもらいたいです。
それだったら、もっと話題に?

*そもそも本棚に置いてある
 だけで、読んだかどうかは?
 視力の良い人が熟視されれば、
 本の状態で解るかもです。
 (私じゃ全くムリでした)

日本郵政グループからの
「お知らせ」が届いてました。



2021年10月から
郵便物(手紙・はがき)
・ゆうメール
サービスを一部変更します。

IMG_5671























1.土曜日配達の休止
  (読めない小さい字)

2.お届け日数の繰り下げ
  (読めない小さい字)


*詳細は日本郵便のWebサイトで。


ちょっと前にニュースでも
取り上げられてました。
また、郵便ポストにも
同じような「お知らせ」
が貼られてます。
(読めない小さい字)

私にとっては少し死活問題
ですが、対策は練ってます。

b01d2ce1












はがきは漢方薬」と
呼ばれなくなって久しいです
が(まだ呼ばれている?)、
このご時世、新たに


◆はがきは新型コロナ・ワクチン、
 2回くらいじゃ〜まだ足りぬ。

81CZLmh5hbL
















〜とか考えだすかも。
期待しておきましょう。

*(ネットニュースからですが)
 誰!!既に4回も接種とか?
 (竹田先生ではないですヨ)

つい先日のブログに書いた
お盆前に開催しました
あなたも戦略名人になれる
【後半】竹田先生セミナーで、


「(車を運転する話題から
  転じて)経営でも
 『え〜っと・・・』と
 考えてしまっては
 良い知恵が生まれない。




 考え込まずに
 スースースーっと
 イメージが湧くと、
 独自の知恵が生まれる」


〜と竹田先生が脱線ネタから
経営について触れた部分。

それを簡略にまとめると、
経営で「弱者の戦略」だけを
勉強しても、その前提となる
原則自体が不理解であれば、
良い知恵は生まれない。
独自の知恵も生まれない。
(ここも先日のブログより)

DSC01488












そんな風に話した部分とは
別で、その「弱者の戦略」に
関して話した後半の部分で、
(最後でも触れていた)


「・・・経営について
 考え事をする際など、
 ランチェスター第1法則
 の性質である、接近戦、
 直接戦、一騎打戦、局地戦
 に精通しておくと、
 スースースーっと
 イメージが湧くいて、
 独自の知恵が生まれる」

*途中で、何度か触れた
 部分も少しまとめてます。


今回のセミナーは、あくまで
参加者が「戦略名人」となる
ことをテーマに話していただく
よう竹田先生にお願いしました。
商品戦略など各論と呼ばれる
8大要因は、ほぼ無しで。
竹田ビジネスモデルも無し)

DSC01496












だから、竹田先生もご自身が
解釈した内容を強調するより、
大本のランチェスター法則
から学ぶことを強調して
繰り返し話したかもです。

DSC01515












その方が、他の人の解釈に
邪魔をされず、自分独自の
知恵に辿り着きやすいとの
思いからかもです。
勝ち方の知恵=戦略

まさに竹田先生ご自身が
されてきたこと、
その通りでしょうか。

このように、4月末の
 勉強会で話題に出ました

IMG_5312












そんな状況が、竹田先生の
考える「戦略名人」の域
なのかもしれません。
(ココは私の勝手な解釈)

だから私には、


「そんなことは伊佐君、
 教材『戦略☆名人』
 ちゃ〜んと触れてるよ。




 もう一度、
 これで勉強し直して」


〜と、竹田先生が最後に
仰ったように聞こえて
仕方ありませんでした(驚)
空耳じゃないかも?

DSC01415













(最後は先日のブログ同様)
そんな自分独自の勝ち方の
ルールを確立するためには、
◆9月からスタートする
 (株)プラスソフト
 ・竹花利明氏と学ぶ
 「不倒の経営」勉強会
 (戦略基礎コース)で。




人マネばかりしていては、
決して1位になれず・・・

S1450001










と、先のセミナーで竹田先生
最初の最初に話した通り
(やはりスゴイ!一貫性)

お盆前に開催しました
あなたも戦略名人になれる
【後半】竹田先生セミナー

DSC01495












そのセミナーのレジュメに
わざわざ私が付け足して
記していたのですが、全く
竹田先生が触れず終わった
時間戦略に関する内容から。


◆社長は時間戦略を実行

・・・また、社長が
経営戦略の研究をするため、
休日に自宅で本を読んだり
DVD教材を見たりすれば、
それも仕事時間に入れる。

休日に自宅で経営の研究や
仕事を持ち込まないことを
「主義」にしている人もいるが、
特別に才能がある人を除き、
総じて業績は中の下。

時間戦略に限らず(経営では)
物的証拠を集め検証すべき。

CIMG8053















*最後の文章は、竹田先生の
 いつものセリフを少し加工。


ココの部分、事前に
ブログでご紹介した文章には、


今回の参加申込者では
大丈夫とは思いますが・・・





〜と記してましたが、
実はズバリ!な対象者が
参加申込いただいてました。
(内緒の内緒)
ですから、わざわざ付け
足したまま残してました。

ただ(先に触れたように)、
竹田先生が触れずでした。
「古い」とかの理由で
却下されたのかもです。
(または、時間戦略だけに
 時間が足らずだった?)

DSC01505












しかし、その対象者だった
方は、ちゃんとセミナーの
復習をされたのでしょう。

お盆明けの雨続きの中、
別件でご連絡した際、


「いや〜っ、ここ最近、
 年間5000時間は
 ムリとしても、頑張って
 4000時間以上
 心がけて、常に仕事の
 ことで頭を働かせようと
 切り替えました」


ご熱心に有難うございます。

ただ、逆に日頃のバタビン
延長されてないか、少し
不安でもありますが。
休日は戦略の研究日に

884fa675[1]












改めてご参加いただいた方々、
レジュメの4ページ以降
復習をお願いいたします。
(残り12ページ分)
一瞬しか使用しなかった
利益表」も再確認ください。

S1430007










なお、復習されて何か
課題が見つかったりの場合、
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』へ是非。
新コース、9月からスタート
お待ち申し上げます。

全国一律で、緊急事態宣言が
発令されてもおかしくない
状況の、今日この頃です。

それにしても街中では
普段通りに人を見かけます。
ゾロゾロ歩くくらいならイイ
ですが、止まってたむろする
若者には不思議に思えます。
マスクもせずですし・・・
近づかぬよう(禁!接近戦)

DSC01475












そう言えば、今月初に開催
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』最終日。

af33760d
















終わってから、メイン講師も
含めてリアル参加の方々から
ZOOMなどオンライン開催
に関する感想として、


「性格的に、だらけ者
 (ナマケモノ?)だから、
 どうもZOOMでは
 普通にTVでニュースを
 見てるのと同じ感覚に
 陥ってしまう」 



「ZOOMからだと
 内容が伝わりにくく
 3割はダウンしてしまう」


*そのセミナ・講演会の内容が、
 戦術的か戦略的かの違いで、
 この↑↓ウエイトの差かも?

IMG_5480













 (そもそも戦略的なら、
  見えないので、映像だと
  根本的に伝わりにくいかも)


「いや、3割ダウンどころか、
 3割しか伝わらない」



「会わないと解らない
 真意が多い。今回も。
 だから今回は有難かった。
 参加できて良かった」


だから、マスクをした上で、
適切な感染防止対策も施して
開催しているのです。

そうは言いつつも、
外出を控えるなど方も
いらっしゃるでしょうから
毎回ZOOMでのご参加
お受けしております。




ただし(昨日も触れた
9月からスタートする
(株)プラスソフト
・竹花利明氏と学ぶ
「不倒の経営」勉強会
戦略基礎コース)は
基本、ZOOMのみです。

ご了承願いつつ、今回ご参加
されないと「生涯、後悔するよ
かも。後悔せぬように・・・

このところ、どうしても
苦手なことに関して、


「え〜っと・・・」


〜と、悩みに悩んでしまい、
全く仕事が進みません。
苦手意識を払拭するのは
かなり難しいです。

DSC01508












お盆前に開催しました
あなたも戦略名人になれる
【後半】竹田先生セミナーで、
ちょうど似たようなことを
竹田先生が話してました。


「(車を運転する話題から
  転じて)経営でも
 『え〜っと・・・』と
 考えてしまっては
 良い知恵が生まれない。

 考え込まずに
 スースースーっと
 イメージが湧くと、
 独自の知恵が生まれる」


その通りなのでしょう。

冒頭の件は、私にとって
苦手意識が強いことなので、
調べればいろいろ情報や
知識はスースースーっと
頭に入ってきますが、
そこから先が出できません。
思考が止まってしまいます。
ともかく苦しい限り。

DSC01513












なお、(先の)竹田先生が
話した部分を簡略にまとめると、
経営で「弱者の戦略」だけを
勉強しても、その前提となる
原則自体が不理解であれば、
良い知恵は生まれない。
独自の知恵も生まれない。

DSC01415












そんな自社独自の勝ち方の
ルールを確立するためには、
◆9月からスタートする
 (株)プラスソフト
 ・竹花利明氏と学ぶ
 「不倒の経営」勉強会
 (戦略基礎コース)で。




人マネばかりしていては、
決して1位になれず・・・

S1450001










と、先のセミナーで竹田先生
最初の最初に話した通り
(すごい一貫性かも)

昨日のブログ記事で、
最後に思い出したように
取り上げました、教材CD
成功する
 経営コンサルタントの使い方
 (ただし旧版)

s225[1]










この教材を思い出しついでに、
全く別の思い出し話しを。

それは、あるランチェスター戦略
を謳う経営コンサルタントに対し、
以前に聞いた話しから。


「そのコンサルタントは
 ランチェスター戦略では
 何でも良いから1位を
 (No.1だったかも)
 目標にするよう言われていた。

 話してた中では、 
 『顧客満足度で1位を
  目指すように』とも。
 大会社のような指導に
 疑問しかなかった」


まさか、大会社のような
大々的な調査でもして、
そこで1位にでもなれば
自己満足的にPRでもする
つもりだったのでしょうか。

そんな話をされた方も、
顧客満足度とかを売りに
出来るのは、大衆相手の
大会社くらいだろうと
途中で気付かれたようで、
参加されてたセミナーの後、
それっきりだったと。

ただ、同じような内容を
ランチェスター経営(株)
入社した当初、某・先輩
勉強会でサポート参加していた
際、聞いたような記憶も
あり、まさか・・・
(別のようです)

DSC01288


念のため『顧客戦略』系
古い教材などで確認すると、
旧版「顧客戦略」CDより
お客中心の経営とは
 値引きをすることではない
との項目の最後に、


◆お客中心の経営とは
 値引きをすることではない

 *この主たる内容は、
  竹田先生的あまりにも
  尖った考え方なので、
  是非ご参考くざざい。




 ・・・しかし、お客の満足感
 とは精神的なものであり、
 見えにくいものです。

 その上、どうすることが
 お客の満足に繋がるのかと
 いう方法も、お客ごとに違い
 があり、また時代と共に変化
 しますから、4階建組織以下の
 会社では社長自身がこれらを
 客観的に見て、自分の会社に
 相応しい方針を打ち出さ
 なければならないのです。
 
 このやり方が競争相手より
 も上回ると、業績は必ず
 良くなります。


〜とあるように、
「お客ごとに違いがある」
(いわゆる客層戦略
「時代と共に変化する」
時間戦略ではなく経営原則

そんなお客の満足感(満足度)
は、社長自身が設定した目的・
目標に基づく方針を示して、
社内全体で共有した上で
初めて解ることなのです。
しかも、その結果には
業績がついてきます。

誰もかれもイイ顔して、
「お客様は神様です」的に
全てのお客さんの声を聞いて
対応するのは、大衆相手の
大会社(いわゆる強者型?)

kuyosya












このように書きましたが、
今さら大会社でもこんな
対応しないので、戦略の無い
会社のこととしましょう。
(いわゆる狂者型かと)

↑このページのトップヘ