今夏8月6日(土曜)に開催
竹田先生セミナー」の前に、
(株)プラスソフト・竹花利明氏との
「不倒の経営」勉強会・基礎編
特別に開催いたします。
その時に、この1年の
成果報告をいたします。

*お申込みは案内サイトから。

集合写真









昨日のブログに続き今回も、
勉強会にご参加いただいて
いる方の声(その3)を
ご紹介します。


◆参加者の声(その3)

プラスソフト・竹花様の
4年間売上ゼロでも潰れない
会社とか、ヤバイですよ!
ヤバイ&ヤバイ!!

自己資本はもちろんでしょうが、
どれほどの経営ノウハウがあるのか、
知りたくて&知りたくて。

参加して、そのノウハウを、
いかにして奪ってしまおうかと
企んでいます。

あわよくば自己資本も。
もちろん冗談ですよ。

IMG_5039






















*食品小売店から食材加工卸販売業
 まで営む専務様(福岡県・約30歳)


世界的に生産量も限られる
特殊な(高品質な)発酵食品系
の食材に絞っているが故、
当初は小売店からスタート
した会社でしたが、その後
加工&卸販売業だけでなく、
輸入にも携わっての多角化。
そんな特殊性だけでなく、
地元では先駆的な存在。

その後に大ブームがあるも、
父親である現・社長様による
徹底した「弱者」目線での
事業展開を、幼い頃から
目の当たりにして育つ。
だからか、大々的なPR
広告などほぼ実施せずに、
複数のお店を出されるも
地域を絞り、それも採算が
合わなければ早々に撤退。

多くの同業者が、ブームに
乗って少し名が知れだすと、
すぐ東京進出や果ては海外
での多店舗展開を、大々的に
PRする様子をいつも
不思議がっており、


「その浮つく心理が分からない。
 解説してください」


〜と毎回毎回、素直に
質問をぶつけてきます。

また、業種を問わず
同世代の後継者であれば、
地元の任意な経済団体・
各種中小企業団体などに、
特に青い軍団
本業を忘れてハマってしまう
ケースを多くみられるが、
そんな半端な姿勢は無し。
さとり世代の特徴なのか。




こんな模範的な後継者で
あっても、自社より上を行く
(株)プラスソフト様の業績を
常に注視されていて、どこか
見習えないかと、若いだけに
貪欲に議論を投げかけてきます。
(追加で↓本年度の各利益表

IMG_6192




















*他の初老(40歳以上)
 面々はタジタジです。

その4に続く

今夏8月6日(土曜)に開催
竹田先生セミナー」の前に、
(株)プラスソフト・竹花利明氏との
「不倒の経営」勉強会・基礎編
特別に開催いたします。
その時に、この1年の
成果報告をいたします。

*お申込みは案内サイトから。

DSC01415












昨日のブログに続き今回も、
勉強会にご参加いただいて
いる方の声(その2)を
ご紹介します。


◆参加者の声(その2)

創業してまだ10年も
経たない1人起業家の私が
「強者の戦略」など、
夢の夢かと思って遠慮してました。

しかし、勉強会の中で、
故・一倉定先生など
いろんなランチェスター
学ばれている竹花様や
参加者からの意見によって、
そうでも無いことが分かりました。

逆にシッカリと勉強せねばと、
心を新たにしました。

集合写真










*元・公務員だった弁護士様
 (福岡県・40代後半)


事務所を開業される前から
竹田ランチェスター
学ばれていた参加者は、
独立前から徹底して
愚直に「弱者の戦略」を
頭に叩き込み、創業計画を
立てていました。

そのお陰か、独立後も
従来からの業務に日々忙しく
され、安定した業績を維持
するに至っていました。

part2_13_210









ただ、従来からの業務が先々
頭打ちになるだろうと予想。
新たな事業を考えていく
必要が出てきたそうです。

開業時のまま規模的に
1人で事業しているので、
「零細事業者=弱者」との
学んだ通りに、独立前と
同じく「弱者の戦略」で
取り組んでいたのですが、
どうも発想に限界を感じて
モヤモヤしていたとか。

そんな折、この勉強会で
「零細事業者=弱者の戦略」
でないことや、もっと踏み込んで
「ランチェスター第一法則
 =弱者の戦略」や、同時に
「ランチェスター第二法則
 =強者の戦略」でもない
解釈があることを、竹花氏や
参加者から聞き知りました。

しかも、竹花氏ご自身
従業員4.5人の零細事業者
であるのに、常に業界平均の
2〜3倍近い1人当たりの
粗利益額、純利益では
10〜20倍ほどを維持。
その状況から、競合局面で
強者・弱者の戦略を使い分けて
いる実態に触れ、より学ぶ
意欲を高められました。

*(特に)竹田先生の市販本
 だけで勉強した人の中には、
 竹田ランチェスターを
 「我々中小企業のような
  弱者企業は(言葉通り)
  弱者の戦略しか取って
  はいけない」とだけを
 呪文のように唱え、一方的に
 「弱者の戦略」を実行して
 いる場合を目にします。
 これには竹田先生も、
 個別個別の質疑応答時では
 正しく「戦略の使い分け
 を説明しています。 




また別途、独特な竹花氏の
発想で「外部も組織」として
竹田ランチェスターには無い
組織戦略を組んでいるとの
説明を聞き、その考え方を
自社の新規事業に応用して
考えを巡らしてます。

元々地頭がイイだけに、
今後に大いにご期待です。

その3に続く

今夏8月6日(土曜)に開催
竹田先生セミナー」の前に、
(株)プラスソフト・竹花利明氏との
「不倒の経営」勉強会・基礎編
特別に開催いたします。
その時に、この1年の
成果報告をいたします。

*お申込みは案内サイトから。

DSC01415












今回は、勉強会にご参加
いただいている方の
声をご紹介します。
(後に解説付き)


◆参加者の声・その1

竹田先生に尋ねた時に、
有無も言わさず一蹴され断念した
「従業員の採用計画(案)」
も、同じことに悩む参加者と
腹を割って意見交換することが
できて、スッキリしました。
 
やはり、こんな私の経営原則に
反するような考えを、
本音も含め竹田先生には
言えるわけ無いですから。

集合写真










*先代からの建築業を不動産業に
 事業転換された2代目社長様。
 (静岡県、30代後半)


このように若くて願望・意欲の
高い社長様の場合、時として
ご自身のその「思い」の高さ
から、自社の立位置を見誤って
目標を高く設定して突っ走る
こともあります。

*旧版『戦略☆名人』DVD
 では「ジェラシー」とも表現。

part3_01_200[1]










そんな自己(自社)分析のミスは、
経験すれば客観性も具わって
誤差が少なくなるようです。
だから「経験すれば解ること」
との判断で、竹田先生は
「ダメなものはダメ」と
結論だけ伝えて終わる
こともあります。

これは、リーダーシップ系の
教材で説明されている
げた・ぞうり議論」に
基づいて、その理由など
事細かくクドクド説明すると、
相手の自主性やヤル気を失う
などあるからと思われます。
(別途、後述も関係あり)

DSC09755












しかし、時と場合により、
または人によっては、
そんな対応に適さないこと
もあるのは事実です。

*人それぞれで、学習法が
 (学習法=インプット法)
 異なるのは「多重知能理論
 や「認知特性」が背景にあり
 ます。その学習法の相違は、
 コミュニケーションを何回か
 重ねないと把握するのが
 困難な場合が多々あるとか。
 (竹田先生は足らなかったか)

この勉強会では、月に1回
2回と(オンラインですが)
コミュニケーションを取って
いくことで、そんな相違を
お互いに理解し合えた上で、
立場の隔たりなく意思疎通
&意見交換できるのです。

その2に続く

このセミナーを前に竹田先生から、


「(私より)若い人に向けて
 今の時代だからこそ伝えたい
 ことを語りたいと思ってます」


竹田先生より若い方は必聴!
(ほぼ皆さんかと)

DSC01798












なお私は、このセミナー&勉強会
を円滑に開催するため、早々に
4回目のワクチン接種
を済ませました。
(もちろん竹田先生も)


弱者(弱捨)社長の
「自己啓発と時間戦略」


【前半】成果報告(実況・勉強会)
【後半】竹田陽一セミナー



今回は竹田先生自身、
今でも繰り返し聞いている
教材CDをメイン・テーマにします。

学歴や学業成績が悪く、
財産もなければ特別な才能もない人が、
不利な人生を逆転して成功する
「弱者の人生戦略」を説明した
ビジネスマン向けに開発の
教材CD「自己啓発と時間戦略」
実は竹田先生がご自身のために作りました




こんな「時間戦略と学習戦略」を
いかに実行したか。

【前半】の勉強会では成果報告から、
【後半】のセミナーでは竹田先生から
 話していただきます。


「この戦略で、私たちは人生を逆転できた」
同じような境遇の社長様や後継者の方には、
大いにヒントとなることでしょう。


S1160001











◆開催日時  8月6日(土曜
       13:00〜18:00

 
【前半】13:00〜15:30
    (受付は20分前から)


 実況!「不倒の経営」勉強会・基礎編

 ▲(株)プラスソフトの代表取締役社長
  竹花利明氏と学んだ、この1年の成果報告


 竹花氏は10数年ほどかけ
 ニッチ市場で「小さな1位企業」を達成し、
 トンデモない利益性のある経営をしています。
 その実績から一昨年4月末に開催のセミナーで、
 竹田先生から「経営戦略の免許皆伝」を受けました。
 (上 ↑)
 その竹花氏と一緒に学ぶ面々が、竹田先生の
 「学習戦略」をどのように実行して、
 自社独自の勝ち方のルールを確立したか。

 この状況を、実際に
 ◆「不倒の経営」勉強会・基礎編
 開催する場に同席いただき、
 実感いただければと思います。
    
 *リンク先で【進行役を含む各参加者の声
  もご確認ください。

 *竹花利明 氏のプロフィールも。

集合写真










【後半】16:00〜17:30
    (受付は15分前から)


 社長のための「自己啓発と時間戦略」セミナー

 ▲ランチェスター経営(株)竹田陽一氏


 *諸事情により、セミナー時間が
  延長・短縮する場合がございます。
  予めご了承願います。また、事前に
  ご連絡なき欠席・遅刻は要注意。
  時間厳守でお願いします。

 ▲進行・補佐:ランチェスター経営伊佐
        伊佐康和(主催者)

DSC01830














◆参加料金(全て税込)

・【前半】勉強会と【後半】セミナーとで、
            16,000円


 *定員16名 
  <ZOOM参加10名、リアル参加6名>


 =リアル参加申込は半数を超えました=




・【後半】竹田先生セミナーのみ、
         10,000円



 *定員 8名 <ZOOM参加のみ>

 (前半のみのご参加は受け付けません)



 人数など6月末時点での予定であり、
 状況により変わる場合もございます。
 参加料金は開催前日お昼までにお振込みを。
 入金確認をもって「正式申込」となります。
 (申込・参加手順を参照 ↓簡易版)

手順







◆使用テキスト  

 【前半】の勉強会で使用します。
 お持ちの方はご準備・ご持参ください。
 お持ちでない方は「仮申込」と
 同時にお申込み願います。



 旧版『戦略☆名人』DVDテキスト
 定価:2,800円+送料(基本1,000円)

 ↓表紙がオレンジ色 
 (ランチェスター経営で、
  最高峰となるDVDその旧版)

7b2eb366-s[1]











 また、外部発表者の都合上、
 今回の勉強会・セミナーにご参加が
 不適当だと思われる場合や、公序良俗に
 反する行為を起こしかねないと思われる方は、
 お断りさせていただきます。
 ZOOMをご存じない方はご遠慮願います。
 <オンライン参加の注意事項もご確認を
           

★詳細・仮申し込みは
 案内サイトからお願いします。


竹田先生は自分自身で
自己に強制を加えて
この「時間戦略と学習戦略」
を実行しましたが、それが
苦手な人や、それ以上の強制を
求める人は是非ご参加を!




具体的に申し上げれば
 ランチェスター・カレンダー
 うっかりめくり忘れたり
 毎日めくっていても内容が
 何ら頭に残ってない方
 (お持ちでない人は尚更)

つい先日の日経新聞で、
「小売りコンサル参入」との
タイトルで、アイリスオーヤマ
小売りチェーン向けの
コンサルティング事業に参入
するとありました。

この記事以外、ネット情報
では詳細など不明ですが・・・




このCMの最後にある↑
「通りすがりのアイリスオーヤマです」
とか言って、コンサル先を
新規開拓していきそうな。

*小売りに特化しているので
 ↓こちらのCMにある
 「お食事中の・・・」は
 無さそうですけど。




とある業績の良い会社の
社長様からの、経験則で、


「一時的に業績が突出して
 アップした会社で、本業が
 停滞しだすとコンサル業に
 進出してしまう」

tkyost


















*どぉ〜この会社でしょうか?


〜との傾向があるそうで、
今回もいかがでしょうか。

6d9b5da3
















ともかく↑この会長さんが
ご健在でいる間は、そんな
愚策を弄することはないと。

もしもの時は、私が勝手に
対抗( vs.)させている
バルミューダをコンサルティング
されれば・・・いかが?







製造業なのでダメか。

先日、開催しました
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』実践編。
スケジュールの都合で
2コマを一気に。

最近ご多忙だったので
ZOOMオンリーでの
開催が続きましたが、
今回はリアル会場でも
受講いただきました。
有難うございました。

DSC01864












そんなリアル参加だから、
2コマを終えても長々、
ご質問等々が続きました。

いろいろ考えた目標や戦略を
含めた構想も、実際に
現場で実行してみないと
正しいかは解りません。
やってみなくちゃわからない
だらけです。

DSC01861












だったら、一気に実行して
みればイイのではとも
考えなくも無いですが、
それだと上手くいかない
場合に、見直すべき構想が
無いままとなるので、
失敗から得られる教訓に
近いモノがありません。

「やりっぱなし」なので
直線的、短期的で終わり。
一過性のほぼ戦術領域です。

3ddca072















こう書いていて別途、
思い出しました。


細野晴臣
「やってみなくちゃわからない」
を合い言葉に、試行錯誤しながら、
自然界の法則を検証・解明する
NHK・Eテレ『大科学実験』




DVDまで発売されていたとは。


この『大科学実験』まだ番組
やっているんですネ。

スタート当初の頃に、
ブログでも取り上げましたが、
そう思い出して、ついつい
見続けてしまいました。
(失礼)

TVニュースなどで聞き
知って、気になって
わざわざ写真を↓



◆アジな海賊船◆
 冷凍アジフライ自動販売機

IMG_6184






















福岡地下鉄も「駅ナカ事業
 としてPRされてます。


「味なこと」ってPR、
元祖は↓コチラでしたね。




マクドナルドの歴史より

どれも食べようとは
決して思わな・・・失礼。




そう言えば、いつの間にやら
消えた?アゴ自動販売機
 
*全国的には存在あり。

↑このページのトップヘ