コロナショックが起きて
当初「経験者は強い」とした
ブログを書きました。

そんな状況が長く続く中、
「経験者は強い」の延長で、
昨年12月のブログに、


経験者は強い・・・このコロナ禍で、
実体経済と乖離した株価の高騰も
「バブルだ」と認識することで解決




「・・・これもバブルだ!
 と認識することで、
 その当時を思い出すと、
 焦らずに構えてても良い
 と少し安心して・・・」


〜とタイトルで「解決」する
ような内容で書きました。

covbaba
















しかし、世の多くの人は
こんなコロナバブルを
認識しているはずなのに
何も解決に至らぬ状態です。
何が背景にうごめいている
のか、誰も全く解らぬ中で、
やがて弾けるその時を待つ
しかなさそうな様相に。

そんな中、やはり原点回帰
なのか、当初に掲げた通り
経験者は強い」に戻ると
見事な原因究明に。




無責任なサラリーマン達が
こんな「右に倣え」して
バブルを牽引していると
止めようがありません。
またまたの貴重なお話し、
有難うございました。




蛇足ながら、そんな経験を
先日にご紹介の「昔話」でも
語っていればPRが出来るの
ですが、どうも戦術中心?
地域戦略には触れてます)

不況に強いランチェスター
ですから、発想法は
大いに参考になります。

とばっちり的なご質問を
いただきました〜何とも。


「・・・ところで、
 『資本論』を読むと、
 現代の資本主義が
 解るんでしょうか?」

Dapitalacapitk













こんなことを誰も説明して
いなかったはずなのに、
冗談なのか勉強熱心なのか、
はたまた私が質問しやすい人
だからか不明ですが。
(たぶん最後の理由かと)

しかも、このご質問を
適当に応えようものなら
以前から何度も言われる


「・・・あ!?
 やはり伊佐さんも、
 全く話についていけて
 無かったんですネ」


〜を繰り返されるのがオチ
なので困り果てました。

『資本論』の中身が解らない
のは事実として、読破した
のも以前に告白してますが、
まんがで読破 資本論』と
その続編でしたから〜トホホ。
今は新版になってました

man3honman4hon











前置きで「詳しくは解らない」
と、ちゃんと説明した上で
ご参考図書などご紹介して
本当にお知りになりたい
ならばご自身で勉強するよう
やんわり促しました。

khhhnn








NHKに守られた国民」である
私としては、ますはNHK
Eテレで、今年初に放送
100分で名著』で取り
上げられていた【資本論】
テレビテキストです。

2021100me
















ついでに、その番組で
指南役だった大阪市立大学
経済学部斎藤幸平准教授
昨年出版のベストセラー
2021年新書大賞
人新世の「資本論」
集英社新書

jisiyoca















まずは、この2冊くらいから
オススメしようと思いきや、
既に私のようにマンガ本で
『資本論 』(まんが学術文庫)
ご購入済みとか!?

manmanca
















それでも冒頭のような
ご質問とのことでしたので、
『100分で名著』は
NHKオンデマンドでも
見ることができることを
シッカリPRしました。
(ちなみに、10年超前に
 放送の「一週間de資本論
 もなかなか良かったです)




以上「NHKに守られた国民
としてのお応えでした。

*ただ、まんが学術文庫
 気になりますが・・・
 (買い揃えそう)

本日の福岡近郊は天気が良かった
割に、Wifiの調子が悪い?とか
パソコンの調子が悪い?とかと、
ZOOMへの接続でオロオロと
される参加者が多く、裏方
(その裏方の裏方ですが)として
私もオロオロしてしまいました。
だから未だ内容が頭に入らず
(失礼)

ともかく、遅れてでも全員ご参加
有難うございました。

DSC01420












そういう状況なので手短に。
先日のブログでも触れました
比較研究の手法(比較法)】
として報告された一部から。

その対象と内容を比較して
解った違いをまとめると


◆大企業の「課長の販売戦略」と
 中小企業の「社長の経営戦略」

IMG_5455a














〜と、先月末に開催しました
研究報告(勉強会)での発表。

そうであれば、社長にとって
課長の仕事まで必要ない
から、勉強するまでないと
一安心してしまうかも。

DSC01413












いえいえ、
トンデモございません。


「大企業の課長は、
 部下が数十人規模いるので、
 ほぼ中小企業の社長と
 同じ仕事をしている。
 考え違いをすると
 大変なことになる」


このように、発表者の
(株)プラスソフト
竹花利明社長様から
手厳しい一言がありました
(ビックリ!?)

DSC01416












取り立てて、大企業と
競争状況にある中小企業の
社長にとっては知っておく
必要があるはずです。

シッカリ勉強したから
先日のブログでもご紹介の、


ココで双方を学んだことで
 それぞれの違いを知ると、
 大手ライバル会社でも
 どちらの理論をベースに
 戦略を実践しているか
 が手に取るように
 掴むことができます・・・」


〜とに繋がるのです。

その勉強が中途半端だと、


不理解だなぁ〜





〜と認識され狙い撃ち?

こうならないためにも、
コロナ禍とか関係なく、


「弱者として、
 学ぶしかない!





心掛けましょう。

コロナ禍で業績が落ち込む
人を運ぶ運送業界(鉄道業)の
大手が、逆に業績が絶好調な
物流業界大手の佐川急便と組んで、
今年初に実験したと聞いていた
のですが・・・




単独でも荷物輸送サービス
を展開するようですね。




こんなチラシ↓目にしました。

IMG_5483
















両駅の「みどりの窓口」まで
荷物を持って行かないと
ダメみたいで邪魔くさそう。

しかし、同様なサービスは
以前から西鉄バスとかでも
高速バス・特急バス
 小荷物輸送サービス
とあるので、ニーズもあり
一般的なのでしょうね。

23c8d436












これなら、毎度おなじみ
竹田先生がセミナーなどで
非関連の新市場開拓の事例に
取り上げることは無いかも。

卵かけよりはマシ?

S1410001










先月末のセミナーでも少し
 話題にしてましたが、
 またまた宮崎県産って
 間違えて話してました。
 やはり、竹田先生でも、


大脳生理学的の研究から、
間違って信じ込んだモノを
直すには、何も知らない人に
1から教えるより
3〜5倍の時間がかかる。
しつこい人は10倍以上!





 〜なのでしょうか(内緒)

コロナ禍で落ち込んだ景気や
企業業績の回復を早くから
世間では「K字回復」と、
好調な業種と不調な業種と
二極化する状況を
表現していました。




最近では、その状況が
経済全般で当たり前に
なったのか、ニュースなど
K字経済」と呼ぶまで
広がっています。

これは、大手企業での
決算報告然り、また個人の
所得格差然りでしょうか。




だったら「勝ち組」業種に
含まれる社長にとっては
業績がイイ今のうちに
稼いでしまえ〜的な発想で
ドッド〜ンと活動量の投下も
あり得るかも知れません。

故に、勉強している時間が
惜しいとまで考えるかも。
量で勝てる「強者の会社」
なら、これでOKでしょうか。

DSC01413












これに対して、先月末に開催
【前半】勉強会(研究報告)
倒産110番「八起会」
代表世話人を務める、埼玉県・
川口市(株)プラスソフト
竹花利明社長様は、


「・・コロナ不況は、
 これからが本番です。

 危機感と警戒心を持って、
 今こそ必死に学ぶべき時。

 しかも一度、
 学んでも実践できない。
 だからこそ何度も学ぶ」





先日のブログ全文もご参照。


〜と訴えていました。

その背景には、やはり
弱者としての自覚」が
あるかどうかがカギかと。

IMG_5480












活動量を増やすため実践に
没頭すべき時もあるかも
知れませんが、今一度
「戦術3分(70%)
 戦略7分(30%)」
の原則に立ち返ってみないと
先々を見据えた新たな展開が
見えてこないかもです。

4post1












ほとんどの中小企業では
(先の)70%の戦略を担う
のは、社長一人ですから。

当初、あまりに自虐的な案内文
だったので、その存在さえも
封印して「無かったこと」に
努めてましたが・・・

ランチェスター経営メルマガ
大々的に告知されたので、
もう隠せなくなりました。

IMG_5470












新教材の正式名称は、
『竹田陽一の営業昔話』CD
(名称さえ自虐的?)

しかし、昨日のブログ
書き終えた上で再考すると、


貴社(社長様ご自身)が
弱者である自覚をお持ちなら、
この新教材を聞くことで、
中小企業において
「弱者の戦略」を実践する
上での多くのポイントを、
「弱者の戦略」生き字引の方
から学び取ることが出来ます。





〜とかゴチャゴチャ頭を
駆け回りながらPRしたら、
お知り合いの社長様から即、


「・・・竹田先生のような
 人生の先輩方の成功経験談は
 とても勉強になります。
 有難うございます」


何とも謙虚なご返事と共に
予約注文をいただきました。
こちらこそ、
有難うございました。

*自虐的なメッセージも
 「弱者の戦略(戦術?)」
 と捉えると腑に落ちるかも。
 (単なる昔話ではありません


比較研究の手法(比較法)】

 この比較法とは2つ、または
 2つ以上の事物を比べ合わせて、
 その異同、一般法則などを
 考察し極める研究方法。
 
 言語学で開発され、文化人類学や
 社会学の領域で発達した手法。

IMG_5455a














*『吾輩は猫である夏目漱石・著
  第七話より引用で・・・
 「夫だからさ、それが
  六づかしい問題なんだよ、
  比較研究と云ふんだ」とあり。

summne













  このように言語学などでは
  昔から知られていたとか
  言われても、竹田先生と同様
  文芸書を読まない私には
  チンプンカンプンです。  


この比較研究の手法は、以前
学問の世界で「比較文化学」など
と、ブログでも触れてました
ちょうど、発起直後
竹田ランチェスター研究会
としての初の発表でした。

IMG_5453












その時は、


「以前に別の分野で
 対極にある内容を勉強すると
 もとの内容が明確になった。




 ・・・そのように、
 ランチェスターに関しても
 双方を学んだからこそ
 それぞれの良さを比較して、
 際立って実感できてます」


〜と、ご説明されていたので、
「比較ランチェスター」論
とのタイトル記事にしました。

IMG_5454












この点をより反映させたのが
双方のランチェスターが学べる
ランチェスター経営ジム
経営実践ジム福岡』&
福岡『戦略社長塾』です。

それぞれの受講者からは、
(いくつかまとめて)


「ココで双方を学んだことで
 それぞれの違いを知ると、
 大手ライバル会社でも
 どちらの理論をベースに
 戦略を実践しているか
 が手に取るように
 掴むことができます。

 たとえ、その戦略が
 それぞれゴチャゴチャ
 であっても尚更、
 『不理解だなぁ〜』
 と把握できて、
 いろいろ手が打てます。
 非常に有難いです」




昨日のブログでもご紹介の
 「不理解」なケースです。


〜との、多くの言葉を
いつもいただいてます。

そんな違いを知ることが
大切かと思いましたが、
先月末に開催しました
研究報告(勉強会)での
発表は、それだけでは
ありませんでした。

DSC01414












もちろん、後にセミナー
講師が控えいたので、


「より深く・・・理解する」↑


〜としておかないと、建前上
大問題となった(?)で
しょうが、それだけでもなく
直接のご説明から、今一歩
深く読み取ったのは、


「竹田先生の考え方や
 その生き様を知ることで、
 中小企業のおける
 『弱者の戦略』実践事例
 として、多くを学び取る
 ことが出来る。

S1410009











 もちろん『弱者の戦略』
 の生き字引であるが、
 生きる『弱者の戦略』
 実践者でもある」


だから、竹田先生の
いつまでもお元気な姿を
見るのがセミナー参加目的
研究目的?)なのです。

DSC01444












ともかく、そんな実践事例
を研究し続けている間は、
業界平均の2〜3倍近い
1人当たりの粗利益額&
純利益では10〜20倍ほど
を維持する、ニッチ市場の
小さな1位企業」しかも
4年間売上がゼロでも潰れない
(今年度の決算で1年のびた?)
(株)プラスソフトかと。

恐るべし、竹花利明社長様
(驚く私?)

DSC01416












*なお、竹田先生ご自身は、
 「追っかけ」されるのを
 嫌いますので〜ご注意。

↑このページのトップヘ