そう言えば、昨年末開催
経営計画勉強会」で、
後継候補者の方から、
自己紹介される中で、


「うち(当社)の社長は
 日頃から朝令暮改すぎて、
 朝に指示した内容を
 いつの間にか撤回して
 別の仕事を優先する
 ようなことだらけで、
 常に不思議に思っていた。
 もちろん腹も立って
 言い争いが絶えなかった。

DSC01924













 そのことが、ココ
 勉強していったお陰で
 少しずつ理由が解った。
 まだまだ不思議なことも
 多いのですが、無駄に
 口論することは無くなった」


この言葉を、その勉強会に
ご参加だった別の社長様と
後日、ZOOMミーティング
した際に触れて、


「すごく印象に残った。
 考えさせられる・・・」


〜と仰ってました。

その場で私も印象的だった
ことを思い出しました。
有難うございました。

DSC01921












現・社長様のご子息の方で
ある後継候補者ですら、
このような状況です。

ましてや、普通の従業員の
方にとっては尚更かも。




つい先日のブログに書いた
あの「スゴイ社長」様のよう
に、(先の)現・社長様は
自らで従業員教育
されているようです。
それでも意識の差までは
埋められないのかと。




良い悪いは抜きにして
まずは考え直さないとっと、
ZOOMミーティング中
話し合いました。

s226[1]









なお、後継候補者向けに
経営方針や思想を伝承させる、
そんな内容を説明した教材は
ランチェスター経営(株)でも
成功する事業相続の戦略
CDがありますので〜念のため。

昨日の日経新聞・夕刊コラム
就活のリアル」の中で、
少し興味深いことが
書かれていました。


◆大企業はわずか

 就職みらい研究所/栗田貴 所長


・・・中小企業には、例えば
「製造業を含む企業の場合、
 従業員300人以下、
 または、
 資本金が3億円以下」
のように定義が明確にある。

*卸売業、サービス業、小売業に
 関しては例外で他の基準あり。
 詳しくは中小企業庁のサイトを。


・・・日本の企業数の
99.7%は中小企業で、
大企業はわずか0.3%。


・・・2020年末時点の
上場企業数は、約359万社の
中小企業庁20年版白書
日本企業全体のうち 0.1%。

上場企業は会社規模の
大きさを示しておらず、
リクルート就職みらい研究所
が調べたところでは、
上場企業のうち52%は
中小企業だった・・・




*リンク先は↑顔写真を示すためだけで、
 このコラム記事ではありません・失礼。
 (なお、リンク先は「慶應塾生新聞」)


これは前からニュースなど
でも見聞きしてましたが、
コロナ禍で減資に踏み切った
上場企業も多くあるのも
関係するのでしょう。
だから蕎麦屋を!?




この辺りのことは、昔々に
開催した勉強会で話題に
した記憶があります。

その当時のブログ記事では、
勉強会の案内から一部引用。


「小さな会社だからこそ出来る
 新しいお客の作り方・見つけ方。

 いきなりの飛び込み訪問や
 イメージ広告・一斉DMなど
 歩合給セールスの会社や
 大きな有名企業
 同じような方法で、
 新しいお客を作ろうとして、
 お金を無駄にしてませんか?」


ココに「大きな有名企業」と
ありますが、どういう企業の
ことを言うでしょうか?

〜と、勉強会の最初に
問い掛けたと記してます。

78fcb09d

















逆に、その1年前に竹田先生
小さい会社は何人以下を言うか?
問い掛けた動画も(強引に)
貼り付けていました。
(その写真です↑一部分)

この時の内容が気になる方は、
リンク先の昔々のブログ記事
ご確認ください。

*2009年11月当時の
 デジカメでの映像で、
 粗くて申し訳ございません。




ランチェスター経営伊佐では、
規模的な「大きさ」よりも、
小さくても1位のある
「強い会社」づくりを、
戦略社長塾』など通じて
ご支援しています。




ご参加お待ちしております。

どうしても、昨夜に起きた
身近な博多駅前での殺人事件。
理不尽過ぎるようなことで
腹立たしい限りでもあり、
また少し不穏な空気も漂って
・・・なので手短ブログ。


今日の難読漢字
「生憎」「睇る」「宥める」「遠離る」
「惜敗」あなたは読めますか?




DO-GEN(どうげん)
 「漢字読み講座」より


〜と、この難読漢字トップに
出てた「生憎」の言葉(漢字)
を、メールでいただいた時、
失礼、語彙力の低い私は
読めませんでした。
(語彙力は関係ないかも)

口語では普通に使う言葉ですが、
漢字となるとダメですネ。
申し訳ございませんでした。

ただ、語源からすると、


生憎/あいにく(語源)




・・・生憎の「生」は当て字で、
「憎」は「憎らしい」の意味。
本来の語形は「あやにく」で、
近世以後に「あいにく」と・・・


語源由来辞典より


実は、最初の漢字「当て字」
だったとはビックリです。
意味を考えても「?」なはず。

あの広辞苑でも再確認。


◆あい−にく【生憎】
 (アヤニクの転)

IMG_6509


















ただ(冒頭に戻って)、
今では「難読漢字」になり、
あまり漢字として読み書きで
使わない&目にしないのでは
ないかと思いきや!?

ainikuora





















こんなバンド?
いや、ソロプロジェクト?
あるんですね〜大いに
失礼いたしました。

生憎の雨。だそうです。
バンドは活動凍結と
(ご存じな方、ヘルプ!)

昨年に書いたブログ記事
 最新の改訂版です。




ドラッカー先生が、当初の
タイトルは「事業戦略」
だったと、後付けで言う
著書『創造する経営者』。

DSC00425












しかし、その中身は
倒産110番・八起会
その代表世話人である
(株)プラスソフト
竹花利明社長様によれば、


「・・・書かれた内容、
 8割ほどが現状分析で、
 (★後述あり ↓)
 戦略はほんの少し」

DSC01416













*いつもながら驚く私↑


その内訳、ザックリ序章に
書かれていたので、再確認
してみると(今回も都合、
ページ数まで確認せず・失礼)


序章 本社の課題


◆本書の構成

本書は三部分かれる。


【第吃堯曚最も長く、
分析と理解に重点を置いている。

・第1章、第2章、第3章、第4章
 第5章、第6章、第7章、第8章



【第局堯曚楼媚弖萃蠅砲弔い届世犬襦
(思考法か?)

・第9章、第10章、第11章
 (&次の【第敬堯杪茖隠仮呂癲法



最後の最も短い【第敬堯曚
成果に結びつける方法について述べる。
(ここに経営戦略あり)

・第13章、第14章

IMG_5564






















*最後から1つ手前になる
 第13章に「経営戦略」
 とだけあるだけなのに、
 それで本書タイトルを
 「事業戦略」にしたかった
 とグズつくとは↑当時の
 ドラッカー先生は大人気ない?


以上から「章」単位で
3部分をウエイト付すると、


(析と理解: 計8章

意思決定(思考法):計4章

初版の訳から)
 成果達成計画: 計2章  

soz1












ウエイト付は、4:2:1で
57%、29%、14%に。


導き出されたウエイト付を、
独断と偏見で、勝手に


 嵎析と理解」を【情報】

◆岼媚弖萃蝓併弭曜 法廚
 無理があるが【革新】

「成果達成計画」を
 【広義の戦略】と捉える。
 (目的・目標、戦略)

4post3













*この際「願望」は
 忘れてください(失礼)


〜で「竹田ビジネスモデル
に取り込んでみると(驚!)


【情報】  56%

【革新】  28%

★冒頭の竹花社長様が仰る
 「8割が分析」は↑ココまで
 のウエイトを示されてます。


【目的・目標】9%

【戦略】  5%

【戦術】  2%

4post2














根本的に「情報」「革新」は
竹田ビジネスモデルの横軸、
実行手順の各要因において
必要になると、竹田先生
説明されているので、
ウエイト付から外して
考えないといけません。
(ある意味、一番重要)

しかし、実行手順の並びで
最後に位置していたり、
その説明も最後に簡略化
されているので、つい
忘れてしまう人が多々。
そうなってしまえば、
何も創造しない経営者
陥る可能性が高くなります。

はたまた、「想像して」
ばかりいる経営者に陥る
可能性も大いにあります。
まさに「想像する経営者」?
(親父ギャグを失礼)

souzo2











今月後半からスタートの
戦略社長塾』も第1回目は
「経営は自己分析から始まる」
とのテーマです。
重要だからこそ初回に。




『創造する経営者』の原題
Managing for Results
「成果を上げる経営」を目指す
社長様、お待ち申し上げます。

ちょっと前、マンネリ打破
チャレンジするかと触れた
あの「スゴイ社長」様。




何度かご相談いただきましたが、
ついに実行されるようです。


「・・・やはり、
 いつも竹田先生から
 言われるように、
 社員の教育は、
 社長自らがやって
 はじめて私の考えや
 会社の方向性などが
 正確に伝わりますネ。




 試してみて実感しました」


あの北の将軍様のように
お盛んだった企てに対し、
竹田先生から一言二言三言
四言・・・あったお陰か。
何とかされるようです。

IMG_4599















これは昨年末、再確認した
教育を構成する7大要因
の「5」の通りです。

改めて、ブログで引用した
ランチェスター経営(株)
『従業員教育の戦略』DVD
から再々確認を。


◆教育を構成する7大要因


1.誰から教育するか。

2.何を教育するか
  教育テーマを決める。

3.従業員の素質をチェック。

4.仕事に役立つ良い教材を
  ランチェスター経営(株)で揃える。
  全従業員向けには↓最適なDVD。
  『良き社員になる13の条件

IMG_4578














5.教育方法の決定。
  従業員100人以下の会社では、
  社長がインストラクターに。
  (直接戦の応用)

6.教育回数の決定。

7.評価の実行。




*「竹田陽一YouTubeチャンネル
 【ランチェスター法則による
  早解り従業員教育の戦略
 の説明と順番は異なりますが、
 内容(項目)は同じです。


詳しい内容を知りたい方は
貼り付けたYouTube動画を↑
視聴されてください。
今なら無料です。

しかし「スゴイ社長」様は、
先の「5」で示す2.5倍超の
規模となる会社で、しかも
県内1位であります。

それでも、北の将軍様の
ような企てが「狂者型」と
自覚されたのでしょうか。
それとも、竹田先生が
怖かったか(あり得る?)

4d79f25a












これに対して、ちょっと前
戦略社長塾』をご案内した
会社から「戦略社員塾(仮称)」
なる勉強会を開催して欲しい
とお問い合わせがあったり
しましたが・・・




ちなみに「スゴイ社長」様は
ココでの『戦略社長塾』
2.5回ご参加いただきました。
特に「地域戦略」の部分(回)
だけ参加数が多くなったりで、
妙に端数となりました。
(だから1位に?)
その後でリーダーの方も
ご参加いただきました。
有難うございました。

1位を目指す社長様、
ご参加お待ちしております
(もちろん既に1位の社長様も)

少し前にご質問いただいた
「地図にマッピングする方法」

確か、元々のデータがあれば
Google(グーグル)マップを使い
簡単にマッピング出来たはず。
しかし忘却(失礼)。

ggglllg
















グーグルマップ自体に書かれた
使い方(ヘルプセンター)を
いつ見て「?」となったので、
ネットで調べた2つご紹介。
その備忘録です。


◆営業職は必見!
 グーグルマップで地図にマッピングする方法





◆Googleマップに
 複数のマーカーを一括でプロットする方法
 (サンプル地図が福岡市





福岡市の人にとって「地の利
を活かすなら(?)、後者の
記事の方が解りやすいかも。

db8f6287












そんな「地の利」に関して
以前の以前、地域戦略の達人
からの言葉が残ってました。
さすがです!

こちらも、備忘録として
ご紹介いたします。


ランチェスター戦略=地域戦略
と言われるように、
ランチェスター経営の勉強
基本中の基本となるのが地域戦略です。


弱者は一点集中主義を採用すべきとしています。
営業地域における地理上の考え方がそれです。

弱者の地域戦略は、営業地域内であなたの会社の
市場占有率を高めること、つまり営業地域内
1位企業を目指すことに尽きます。


具体的には、顧客を
あなたの会社を中心に集中させることに徹します。
地理的に分散させてはいけません。

最初は、例えば自社所在地から「500m」以内
といった超極小地域から始めましょう。


歴史上の戦争で、軍師は
戦略をたてるために必ず戦場地図を見ました。
さらに地元の地理に詳しい住民を呼び寄せ、
時には間者を使って、手持ち地図に足りない
情報を補完しようとしました。
なんとか敵より地の利を有利にするかで必死でした。

運良くどんなに屈強な大部隊を率いていたとしても、
地の利がなければあっさり覆されることを
軍師が知っていたからです。

地図を見ることは勝利を収めるための必須事項です。
この論理は、時を経た令和の世でも
何ら変わりありません。

ましてや、あなたは弱者です。


逆に言えば、弱者のあなたが地の利を得れば
敵の大部隊を容易に覆せます。
大部隊の弱点である機敏性に乏しいところを
衝けるのです・・・


この基本的な考え方は
ランチェスター経営(株)
地域戦略』で学べます。




加えて、より詳しくは今月後半
からの「戦略社長塾」にて。
地の利を活かして、福岡市の
ランチェスター経営(株)で開催。

DSC09201












もちろん、対馬の猪退治以外の
内容も盛りだくさんです。

これは以前から別の表現
ブログでも触れてました

ただ、勘違いされている
ケースや、取り違えて覚えて
いる人が多いようです。




竹田先生が説明される
「弱者の戦略原則」では、
単に、差別化、細分化、
近距離&狭域、接近戦、
一点集中、仕事時間の拡大
(長時間労働ではない)
だけで1位にはなれないと。

この点を説明している、
ランチェスター経営(株)
最高峰となるDVD教材
新・旧『戦略☆名人』から
改めて引用します。
(まず、私好みの旧版。実質、
 コチラの方が最高峰かと)


◆弱者必勝の戦略原則(要約)

part3_01_200[1]











1.弱者の社長は強い願望と向上心を持て。

2.目標の決定は、小規模1位主義、
  部分1位主義で。

3.強い会社と違った経営の差別化を実行。

4.強い会社とは戦わず、
  ダメな会社を攻撃目標にする。

5.勝ちやすきは細分化して発見する。

6.目標は自社の強味を活かして、
  弱味は切り捨てる。

7.遠距離営業を避けて近距離営業を実行。

8.広域営業を避けて狭域営業を実行。

9.目標の決定とお客に対しては
  接近戦を実行。

10.戦略の分散を避けて、
  実行目標は少数に絞る。

11.目標には競争相手を上回る
  必勝の戦術力を投入する。


12.運営や営業のヤリ方には、
  思い切った革新を加える。

13.軽装備で動きの早さを保つ。

14.先制攻撃でイイことは直ぐに実行。

15.弱者の社長は
  必勝の3200時間以上を実行。

16.忍耐力を強くし、決して諦めない。


番外.弱者は調子に乗らない。小さな成功で
   経営内容や生活内容を変えない。

7b2eb366-s[1]











*旧版『戦略☆名人』DVDの最後から。


これが改訂されての新版では
少し変更されています。

その変更点で、何となくですが
上記の「11」と「15」を
混合してしまい、戦術時間だけ
競争相手を上回っている
ケースを見受けられました。
解釈としても、絶対的な間違い
とは申し上げられないですが、
それで目標達成に近づいて
無ければ再考が必要かと。

では、引き続き改訂版から
引用します。


◆弱者必勝の戦略原則

DSC00403














1.社長は1位作りに、
  強い願望と強い研究心を持て。

2.弱者は強い会社を攻撃するな。

3.弱者は強い会社と違った経営をせよ。

4.弱者は有利な目標を
  細分化して発見せよ。

5.弱者は市場規模が小さな商品に
  力を入れよ。

6.弱者は市場規模が
  小さな地域に力を入れよ。

7.弱者は市場規模が
  小さな業界と客層に力を入れよ。

8.弱者は、商品、地域、客層の
  範囲を狭くせよ。

9.弱者のメーカーは、
  流通段階を少なくせよ。

10.お客作りの方法は3通りを実行せよ。

11.弱者はお客との
  人間関係作りに力を入れよ。

12.1位作りの目標には、
  必勝の経営力を投入せよ。


13.弱者は軽装備を守って
  動きを早くせよ。

14.弱者の社長は
  年間3200時間以上を仕事せよ。

15.弱者は調子に乗るな。小さな成功で
  経営方法と生活内容を変えるな。

DSC00535











*新版『戦略☆名人』DVDの最後から。


なぜか1つの項目だけ
業種特化(業界特化)して
示されています。
その他でも変更ありますが、
大枠で同様な内容かと。

新・旧、それぞれの項目が、
DVDの途中&途中で
ズ〜っと説明してきた内容。
だから大丈夫と思うのですが、
この「弱者必勝の戦略原則」、
テキスト最後の最後に
列挙しているだけ。

決して竹田先生がまとめて
口頭で説明してません。
だから、いわゆる


「こんな説明を竹田先生は
 言ってませんよね?」





〜と問われると、


DSC02873














竹田は言(ゆ)うとりません

IMG_4607














〜と応えざる得ません。
ですが・・・

*なお『戦略☆名人』CD版は
 もっと項目数が多いので
 今回はご紹介を控えます。
 また、その声も竹田先生で無く、
 ナレーターの方ですから。
 知りたい方は是非ご購入を。

f9ff298b












ただ、この内容から、
やはり企業の優勝劣敗は、
ほぼ「量」で決まると
解釈できるかと。

za2soust














これは、2年前に開催した
年末「計画勉強会」にて
参考図書としてご紹介した
農学博士静岡大学教授
稲垣栄洋氏の著書、
雑草という戦略』と、
日本実業出版社
 
38seizo














『Learned from Life History
 38億年の生命史に学ぶ生存戦略
 (PHP研究所

この2冊で説明されている
「自然界の原則」と同じ。
この自然界から学ぶ点は
まだまだ多いのかと。




*より詳しいことは今月後半
 からの「戦略社長塾」にて。

↑このページのトップヘ