こんな理論があったのだと、
初めてお聞きしました。


岡目八目【おかめ-はちもく】

囲碁から出た語で、事の当事者よりも、
第三者の方が、情勢や利害得失など
を正しく判断できること。
碁を脇(脇)から見ていると、
実際に打っている人よりも、
八目も先まで手を見越すという意から。

15stragy














「岡目」は他人がしていることを
脇で見ていること。
「目」は碁盤の目の意。
「岡」は「傍」とも書く。
(傍目八目)


この言葉の意味からの派生
しての理論で、決して昔々、
吉本新喜劇で大人気だった
「奥目の八ちゃん」
岡八朗)が発した理論
ではありません。

ok8ruo
















そうだった方が、知る人ぞ知る
ランチェスター的なのかも
ですが、言われてみれば
当然な理論でしょうか。

ただ、漢字で書けなかったり、
逆に読めないが今の人かも。
(私も書けなかった・恥)


「・・・今は、
 EVERGREENが
 足りないんですよ」


このように言われ、会社の
オフィス内に観葉植物など
全く置かれてなく、無機質な
状況なのかと思いました。
(通常、グリーンオフィスや
 オフィス緑化と呼ばれる)

そうではありません。

evegrn











数カ月前に参加したセミナーで
話題になっていたように、世界的に
輸送コンテナが足らないとか。
そのコンテナを表現したのが
冒頭のEVERGREEN。

台湾を拠点とする長栄海運
コンテナ船、ないしは
その船に乗るコンテナが
EVERGREEN
表記されていることから。

何とも回りくどく感じましたが、
確かに今年の春先に頻繁に
ニュースで目にしていたので
解らないことも無いです。
スエズ運河で座礁




私のようなオヤジ世代なら
25年以上も前に発売された
MY LITTLE LOVER
ファーストアルバムくらい
しか頭に浮かばないかも。
小文字でしたが

myevegrn
















ともかく、輸入に携わる会社に
とって死活問題なのは確か
(輸出もか)。心境やいかに?

今月からスタートの各勉強会
 使用する資料を作成する準備
 などで、少々時間が無いため、
 手短なブログです。

ランチェスター経営(株)
事務所にお寄りした際に、
そのビルの入り口に貼られた
ピクトさん」のマーク。

IMG_5680




















どうやら「水害時避難ビル」に
指定されて貼られているので
しょうが、この小学校なのか、
福岡市なのか、どこが作成
(管轄)なのでしょうか?

ネット検索で出てきたのは
大阪市のお知らせくらいで、


◆津波避難ビル・水害時避難ビル
 の確保を進めています




*先々で、リンクが切れるかも。


大阪市は「津波」と「水害」
とで同じマークみたいですが、
この大阪市のとは異なり、
冒頭のマークは外側階段
(非常階段のこと)が
あるビルだけに指定されて
貼られるのでしょうか?
(やはり修羅の国だから?)

そう不思議に思っていると、
東京都葛飾区のお知らせ
洪水緊急避難建物」で
同じようなピクトさん発見。


◆洪水緊急避難建物を指定しました




*外側階段とか関係なさそう。


他にも3階建と4階建とか
全国統一では無さそうな?
こんなバラバラでも大丈夫
なのでしょうかね。

それにしても、既に昨年の
今ごろから、このような
お知らせ活動をされている
とは〜スゴイことです。

福岡県でも早くに暴排を済ませ、
自然災害の対策に力を注いで
ほしいモノです。

今日は、昨年末くらいに書いた
ブログの問答ブログ的な
位置づけになるかも。




ちょうど、その時の「利益表
は、2020年度ですから、
ピッタリなのはピッタリ。

IMG_5038












と言うのも、昨日のブログ
ご紹介した社長様からの
ご指摘で、今ごろになって
私もミスに気づきました。
申し訳ございませんでした。
(ご指摘に感謝でした)

そのランチェスター経営(株)
からの、2020年度の
利益表一式が完成した際
触れてましたが、


上が【資料番号】/下が「資料名」
 

【資料1・2】
 中小企業1人当り年間粗利益調べ  
 中小企業労働分配率調べ   

【資料3・4】
 中小企業、1人当り年間経費調べ  
 中小企業、損益余裕率調べ  
 
【資料5・6】
 中小企業1人当り年間純利益調べ  
 上場企業1人当り年間経常利益調べ  

【資料7・8】
 中小企業、1人当り自己資本額  
 中小企業、自己資本比率★

IMG_5039























*(私でも)有料だから↑
 コッソリ貰った純利益表が
 破れてても「止む無し」と諦め(涙)


この当時に示したポイントは、
粗利益表」が【資料1】と
トップに格上げされて、逆に
資料番号で「自己資本」表が
最後と大幅に格下げされての
ランクダウンと、記事タイトル
でも示していました
(2020年7月↓です)

IMG_5678












その私も、記事タイトルで
示した割には、その裏面まで
ジックリ見てませんでした。

その裏面なのですが、
「★2019年7月」
となってました。
(ご指摘があり↓手直し済)

IMG_5679












今の今まで気付かずで、
大変、失礼しました。
コレには再び今回も、


「ボーッと
 生きてんじゃねえよ!」




NHKで放送の
チコちゃんに叱られる!」より


なお、この件に関しては、
昨日のブログでご紹介した
社長様からの1年半後の
ご指摘まで、誰からも
尋ねられずでした。

早々に気づかれた方も
いらっしゃったかもですが、
改めて、その社長様が仰った、
昨日にご紹介の


その利益表は、
 社内の会議や研修でも
 使ってます。

IMG_5606














 とても有益な情報が
 得られるデータですから」


〜なのですから、活用しない
とは何とももったいない。

今回の、1年前の2020年度
のミスは別にして、まずは
本年度分を再確認願います。

*手元に無いユーザーの方は、
 ご連絡をお願いします


その利益表は、
 社内の会議や研修でも
 使ってます。

IMG_5606














 とても有益な情報が
 得られるデータですから」


こんなお言葉をお聞きする
ことが出来ました。

竹田先生ご自身も、
社員教育の教材などで
説明されているので、
その「利益表」を活用しない
とは何とももったいない。

IMG_5677












社員教育に熱心な社長様か、
単に口だけなのかの違いが
こんなところにも表れて
くるのでしょう。
その結果、思わぬことまで
気付かれるのでしょう
さすがです!

お忙しいところ貴重な話し
有難うございました。




それでも、このコロナ禍で
ご自身の業界が全くというほど
業績を落としてない実態
驚かれてましたが・・・

9月からスタートする
戦略社長塾』などで
使う資料を準備するために、
古いパソコンの電源ON。

Windows7までしか
対応してないPCシステムを
使うために止む無しです。
そのシステム利用のため、
買換えてから3度くらい
使ってますが、今回は
かなりパソコン内部から
音が聞こえてます。
小さいですが激しいです。

IMG_5673












少し落ち着いたと思ったら、
次にUSBケーブルを繋ぐと、
再び音が鳴り出しました。
考え中(?)が長い&長い。

再び落ち着いたと思ったら
今度は全くプリンタを
認識せずで〜STOP。

いろいろトラブル対応を
試みようにも、大本の
Windows7で
トラブル対応の際などに
どんな操作が必要だったか、
思い出せませんでした。
トンだ事態に!?

仕方なく、何度か再起動。
その度に、一部で同じこと
を繰り返されましたが、
結果的に事なきを得ました。
(1時間超かかった)

この資料を活用するには、
やむを得ないのでしょうか。
このパソコンも廃棄せず、
残しておかないと。

そんな貴重な資料を
活かすも殺すも、私次第?
こうご期待ください。




*この資料、折角ですから
 「不倒の経営」勉強会
 (戦略基礎コース)向け
 にも準備しておきましょうか。
 (ZOOMだから難)

通常NHKのBSで放送されてる
番組『大相撲どすこい研』。

(私好みの)マニアックな
内容で、見たかった番組。
パラリンピックの影響か、
先週の早朝(超・深夜)に
総合TVにて放送ありました。
早速、録画してチェック。



◆斬新なデータ分析で
 大相撲の深〜い世界に
 いざなう【どすこい研】

dosko5












 今回は巨漢力士に挑む
 小兵を徹底調査!


途中、現役力士で小兵として人気が
ある4人の勝敗を分析して進行。
その内の炎鵬関・照強関・石浦
が「ホンネ座談会」として、
いろいろ真意を披露していた。
私一押し翠富士関は休場中)

その座談会の中、
出てきた会話でポイントが、


「相手力士の(得意な)
 形にさせないのが第一前提」

「自分の形になるよりも、
 相手の形にさせないのが大事」

「相手の形になれば負ける
 ので、相手の裏をかき、
 嫌がることをする」

IMG_5672














(それに対して)
司会の今田耕司からは、


「そうなると、無限に
 自分の形を持ってないとダメ。

 どの角度からも勝に持って
 いかないと、大変じゃ無いか」


経営で、弱者の中小企業は
強者企業と戦いを避けるよう
意識的(意図的)に市場や
営業エリアを絞り込んだり
戦わないよう工夫します。

しかし、強者企業から戦いを
仕掛けられたりで、時として
競争状態に陥った時に、
この「小兵の戦略(戦術も?)」
は、ヒントに繋がるかと。

za2soust














まさに、以前からのご紹介
の、稲垣栄洋氏の著書、
農学博士静岡大学教授
雑草という戦略
日本実業出版社

こちらに通じた内容でした。




まだ数日は、NHKプラス
見逃し配信されているようで、
私のような相撲ファンでなく
ても、是非ご参考を。




*今回の「小兵の秘密」での
 内容は、まさにお盆前に開催
 「あなたも戦略名人になれる
 【前半】勉強会(実践発表)でも、
 (株)プラスソフト竹花利明氏
 から話しに出てましたね。
 ご参加の方々、ぜひ復習を。 
 &より勉強したい方は、
  9月からの勉強会へ!

↑このページのトップヘ