昨年に何度かお客さんから
ご質問いただいてました
新規事業」に関する件。




そのご質問に対して、以前に
同じように触れたブログ記事
あったことを思い出しました。
その時も少し勘違い云々と
書いたように、今回も少し
勘違いしていたかもです。
申し訳ございません。

17762d61










引用したランチェスター経営
教材は旧版『組織戦略』DVDと
財務戦略』CDの順でした。

600ac40c












今回は、中心が後者に関する
ご質問でしたので、順番を
逆にして引用します。
では『財務戦略』CDから、


◆経費は従業員の
  配分比率によって決まる



中小企業の場合、経費配分は
人の配分の仕方によって
ほとんどが決まってしまう。
ですから、組織戦略と一体に
して考えなければならない。

もちろん各人の給料は平等では
ありませんが、人数の場合は
計算が早いという特徴があります。


ところで、製造業の場合で、
主力商品が衰退期に入る前に
先行投資の比率に従って
従業員の【3〜5%】を
将来に備えて新製品開発
配分すべきです。

これは【別枠】で決めます。

712c4ed0

















*この1つ前の項目で、
 営業部門と間接部門とに
 分けにくい経費を差し引いた
 残りを「可処分経費」と。
 (可処分所得に似せて命名)
 その中から【別枠】で先行投資
 の比率を割り当てるとのこと。


*このように『財務戦略』では、
 あくまで「製造業の場合」
 のみで説明がされてます。
 他の業種の場合、そこから
 若干の修正・応用させた上で、
 目安となる費用を導く
 必要があるのでしょう。


続いて旧版『組織対策』から。
(コチラもっと前にもご紹介


◆将来に対する人員の配分


どんなに伸びている業界も、
やがて飽和して伸びが止まり、
さらに売上が減少する。
ライフサイクルの原則

こうならないためにも、
従業員数が一定以上に
なったら将来を支えるため
先行投資的研究が必要に。

竹田先生的にお馴染みの)
先行投資の比率は【3〜5%】
が経験値として利用される。

・30人の会社は1〜2人
・60人の会社は2〜3人


将来のため配分して実験を。
これらに必要な費用は、
現在の人員でカバーする。
しかも、既存の仕事と性質が
異なるので、兼任は止めて
専任で進めることが大事。

f02e3c4e

















ところで、15人以下では
先行投資的な仕事をする
人員の配分能力がない。
これをカバーするには
社長が「休日の7割」を戦略の
研究日とし、その何割かを
将来の研究時間に充てて、
必要により自ら実験する。


異常の再確認をよろしく
お願い申し上げます。

*半ば昨日のブログの続編。

その参加者は、初回から
ズ〜っと悩んでいたとか。


「うち(当社)の強みは、
 先代社長の時代から続く
 徹底した社員教育にある。

 今回の社長塾
 親族外の私なのに、
 将来を見越した上で
 参加させてくれている。
 それも社員一人一人への
 教育熱心さの表れ。




 そのお陰もあって、
 コロナ禍で競合他社が
 苦しんでいる中でも
 ここまで業績がイイ」
 

こう思ってご参加された
(前期の)『戦略社長塾』

しかし、その初回に、
(実際は第2回に詳細説明)


「・・・組織対策
 ウエイトは13%。
 特に社員教育に関して
 経営全体からすると
 それほど重要でなく・・・」

 *戦略四兄弟ポスターでは、
  教育は(役割も含め)4%と↓

4post2













この説明に頭がパニック!?

そうすると、当社の業績の
良さの根拠が「?」に。
その疑問を毎回、私(伊佐)
宛に、いろいろ探り探り
お尋ねしていったそうです。

DSC01905












他の参加者もいた手前、
ストレートにお聞きできない
時も多かったようでした。

DSC01910












それが、ようやく最終回(日)、
ちょうど個別補講での開催。
その中で「内向きコンセプト」
に関して説明された部分に
答えを見出されました。

DSC01928












先代社長様から徹底して
「商品力を高める」方針を
社内に刷り込まれた教育。
ある面で偶然ではありました
が、単に商品だけではなく、
結果として地域も&客層
徹底した差別化に繋がる
目標設定があっての教育。

確かに教育は手段に過ぎない
かも知れませんが、その
根本となる内容(方針)が
素晴らしく差別化された
設定であれば、大いに
効果を発揮するのでしょう。

いわゆる、質的にも&
量的にもスゴイ社員教育
なされていたのかと。
その結果が今の好業績に。

DSC01930












それを競合他社からすれば
手段である教育しか判らず、
マネして(商品も少々)
同じような社員教育をする
が、無駄に時間だけ
費やしているそうです。
だから残業だけが増加。

このように参加者も
最後に再認識されてました。

DSC01929












この事実を、今回の経緯や
業種&社名まで公表して、
今期の『戦略社長塾』
PRすると、競争相手の
会社がマネしてドドド〜っと
ご参加申込がありそうです。
しかし、それは出来ません。
(少しは↓PR)




今度は私が悩ましく・・・苦!

*ちなみに建設工事業ではありません。
 また、飲食業でも(どんどん絞る?)

昨年12月まで開催でした
前期の『戦略社長塾』
その最終回(日)をお仕事で
欠席された参加者のために
設けた個別補講を無事
終了しました(修了)。

ご希望で当初通りにリアル
開催で、お越しいただき
有難うございました。

DSC01927












これで、2022年に
残していたことの「1つ」
が完結いたしました。
肩の荷が下りました。

しかし、まだ「1つ」残して
おり、右肩が軽くなった程度。
しかも、そちらの方が大!
詳細は、もうしばらく
お待ち願います。




(話しを戻しまして)
実に最終回から1カ月後、
また、その参加者が
最後にご参加されてから
2カ月後となりました。
進行役の私自身だけでなく、
参加者も忘れてしまって
いることが多々でした。
お互い失礼しました。

それよりも、やはり今回
個別開催だったこともあり、
参加者は現状(2023年)
の課題についてお尋ねしたい
モードとなってました。
かなりのボリューム。

それに私もついつい
お応えすると〜ア!っと
いう間に時間切れ(失礼)

DSC01929












そんな中で感じ取った
この会社の強味としては、
先代社長様から徹底して
「商品力を高める」方針を
社内に刷り込まれた結果、
個々の接客スタッフの意識が
アップしていったことで、
客層のアップにつながった点。

しかも、それをデフレ下に
断行されたことがスゴイ!
「時代を先取り」ではなく
あくまで危機感から。

偶然ではありましたが、


「商品に関しては
 他社にもマネされてて、
 チョコチョコ同じ物を
 出してるようですが、
 全社的に取り組んでいるのは、
 うち(当社)くらいで・・・」


〜とのこと納得でした。

その社内に「刷り込む」教育が、
組織対策的な面だけでなく、
しっかりとした核となる商品
地域客層の目標設定が
(この場合は方針かと)
あっての教育だと、参加者も
最後に再認識されてました。

これまた戦略のスゴサを
思い知らされました。




そんな戦略のスゴサを学ぶ
今期の『戦略社長塾』
引き続き開催いたします。
特に客層を高めることに
ご興味をお持ちの方は、
ご参加お待ちしております。

今回の内容は、断片的には
以前から何度かブログで
取り上げてきました。
(そのはずです)

単に「弱点」とかでなくて、
3年前の年末のブログ記事
脳の処理、視覚より早く
として4回に渡ったシリーズで
書いた中でも触れてました。
ほぼ、その再確認です。

★4回に渡ったシリーズは、
 ご参考で末尾に貼り付け↓

DSC00403












なお、今回のブログ記事で示す
「竹田ランチェスター」とは
ランチェスター経営(株)
CD教材とDVD教材のこと。

決して竹田先生が紐解かれる
ランチェスター経営戦略
理論全体ではありません。
(後者も途中で少し言及)
お間違いなく願います。

f9ff298b












まず、CD教材のことですが
その文章は、長年「聞く学習」
を経験されてきた竹田先生が
書かれた朗読用の原稿が主。

日本語の同音異義で聞き
間違いを避けるように
注意しているのはもちろん、
繰り返し聞いて疲れることが
無いよう、「あれ」「ここ」
「どの」など指示代名詞は
極力排除されています。

また基本的に「聞く学習」では、
脳の思考回路が一方向でしか
受け入れにくいようなので、
内容の論理展開は一様で、
「先ほど説明の」と文章を
戻たり置き換えたりなどの
表現も少なくなってます。
(文学的な表現が少ない)

だから、一聴しただけだと
つい口にされてしまうのが、


「どれも&これも
 同じにしか聞こえない」



「以前にも聞いていたが、
 未だに同じことしか
 説明してない」
 

〜と、いわゆる多くが
ランチェスターは古い」や
今さらランチェスター
などと似たタイプです。

IMG_6392












そんな人のため(?)に
あえて申し上げると、
昨年末の最新教材CD
『ランチェスター法則、
  完全理解の条件』↑と、

竹田陽一の経営随筆集』↓
CDとは、滅多に聞くことが
ないような専門用語も随所で
耳にすることができます。

ただ、あまりに内容が
硬すぎる傾向があります。
これには通常のCD教材より
聞く回数を多めで取り組む
と大丈夫とは思います。

未だに竹田先生は、
BSテレビ放送大学
難しい時事・経済番組を
見聞きされて量的&質的な
インプットに努めています。
最新の専門用語も耳にする
ことは苦ではありません。
(しかし、使うことは↓後述)

16b8c49e












だから、(先の)CD教材
での弱点に対応するためにも
ほぼ同じ種類のDVD教材
揃っています。ご安心を。

ただし(以前にご紹介の


「コンサルタントの業界では、
 今まで日本語で言ってた
 モノをカタカナ英語で言う
 と斬新になる(革新?)」





〜と皮肉って説明しており、
このこともありカタカナ英語は
それほど使っていません。

*使ってないこともないので、
竹田陽一YouTubeチャンネル
 でご確認ください。
(もちろん、筑後弁だと説明
 しにくいのもありますが)




では、カタカナ英語中心の
経営学ばかり勉強されて、
それでも「ランチェスター
を勉強しようと思い、
いろいろ質問されたい人は
どうすればいいか?
私の勉強会ご参加も二手)

*先に蛇足ですが、
 そういう人のために、
 「写経」も一手です。
 チャレンジする価値あり。




簡単なことです。

生(Live)で竹田先生の
話しをお聞きした上、その後
質疑応答されてみることです。

◆2月11日と23日に開催!
 特別・竹田先生セミナー




もちろん、その前に各教材
何十回か見聞きしておかないと、
竹田先生から直ぐ「勉強不足」
と指摘されますのでご注意を。
また、市販の竹田先生・著は、
本のタイトルや表題・項目
など竹田先生の意図に反して
いるので、根本的に論外。

1take2022














こうなると、やはり教材の
写経も一手なのかもしれません。
チャレンジする価値あり。
こちらで↓伝授してます!!




◆毎月開催の「不倒の経営」勉強会
 いつでも&どこからでも
 ご参加を受付しております。


★【脳の処理、視覚より早く】
ここに竹田ランチェスター経営の
凄さが隠されていた(序章)↓




ここに竹田ランチェスター経営の
凄さが隠されていた(第1章)↓
聞いたら忘れない勉強法




ここに竹田ランチェスター経営の
凄さが隠されていた(第2章)↓
「きかい」との言葉は滅多に使用してません




ここに竹田ランチェスター経営の
凄さが隠されていた(第3章)↓
だから「まどろっこしい」内容なのです





*想定外で長文となってしまい
 申し訳ございませんでした。

新型コロナ感染症の分類を
「5類」に見直す云々と、
政府も方向転換を模索中。
そうすると、マスク着用も
一気に緩和されそうな動き。

masu9















花粉症の私は、これからの
春先がマスク着用の本番、

今は屋外だと外していること
もありますが、これからは
屋外だからこそマスク。

え!4月以降?

今回は、即断できない
日本政府に少しホッ。
(早合点を失礼)




ただ、今年の花粉は
全国的にスゴイらしい。
(福岡は「並」で少しホッ)

ちょっと気になることが
ありましたので、少し
調べてみました(無知な私)。

公正取引委員会中小企業庁
それぞれのサイトに掲げられた
下請代金支払遅延等防止法
そこで示されるのは、
(文章だと混乱しそうなので)


◆親事業者・下請事業者の定義

oyasitat













*表は「中小企業庁」のサイトより。
 (項目名は公正取引委員会より)


基準とする会社規模が資本金
などに片寄っているのは何故?

ともかく、先日に書いたブログ
で触れたように、コロナ禍で
減資に踏み切った上場企業も
多くあり、上場企業間の
通常の取引でも「下請け」の
定義に該当してくることが
出てきているかも?

geuke44












ともかく、これ以外の取引は
通常の対等な「外注」であり、
それを勘違いして言い間違え
たりすると、当事者からは
良く思われないのかも。
注意が必要です。

gai4yu












この辺りは法律に関わること
なので、その筋の専門家に
詳しくお尋ねするのが
ベストかも知れません。

DSC02020

ちなみに(以前少しご紹介の)
ランチェスター経営(株)
社長のリーダーシップ
CDからの説明で、


◆社長は公私混同をせず
 自分を例外にしない



仕事ができる従業員が会社を
辞める理由で1番多いのは、
社長の人格のなさ」に
失望するときです。

そして、その原因で最も大きい
のが、社長が自分を例外にして
公私混同をする場合です。




日本人の人に対する価値規範
で中心になっているのは
儒教です。

儒教では、上に立つ人ほど
ルールを正しく守らなければ
ならないとしているので、
社長は自分を例外にしないように
注意しなければなりません。


これは、元請(親事業)と
下請けとの関係であっても
同じかも知れません。
(ココまでは以前も言及

逆に、通常の「外注」取引
なら対等となるのでしょう。
これも若干の注意が必要かと。

そう言えば、昨年末開催
経営計画勉強会」で、
後継候補者の方から、
自己紹介される中で、


「うち(当社)の社長は
 日頃から朝令暮改すぎて、
 朝に指示した内容を
 いつの間にか撤回して
 別の仕事を優先する
 ようなことだらけで、
 常に不思議に思っていた。
 もちろん腹も立って
 言い争いが絶えなかった。

DSC01924













 そのことが、ココ
 勉強していったお陰で
 少しずつ理由が解った。
 まだまだ不思議なことも
 多いのですが、無駄に
 口論することは無くなった」


この言葉を、その勉強会に
ご参加だった別の社長様と
後日、ZOOMミーティング
した際に触れて、


「すごく印象に残った。
 考えさせられる・・・」


〜と仰ってました。

その場で私も印象的だった
ことを思い出しました。
有難うございました。

DSC01921












現・社長様のご子息の方で
ある後継候補者ですら、
このような状況です。

ましてや、普通の従業員の
方にとっては尚更かも。




つい先日のブログに書いた
あの「スゴイ社長」様のよう
に、(先の)現・社長様は
自らで従業員教育
されているようです。
それでも意識の差までは
埋められないのかと。




良い悪いは抜きにして
まずは考え直さないとっと、
ZOOMミーティング中
話し合いました。

s226[1]









なお、後継候補者向けに
経営方針や思想を伝承させる、
そんな内容を説明した教材は
ランチェスター経営(株)でも
成功する事業相続の戦略
CDがありますので〜念のため。

↑このページのトップヘ