昨日のブログで、予め申し
上げてましたが、残念ながら
本講中の写真を撮り忘れた
ランチェスター経営ジム
戦略社長』5回目、
応用編・客層戦略

本講を終了した後、
ランチェスター経営(株)
SASAビル会議室内の
Wifi環境が急に悪くなり、
何とかiPhoneで
テザリングして、ZOOMを
再接続を試みたので・・・

DSC01306












・・・すが、復活ならず断念。

そのまま消えてしまった
ZOOM参加者は、2度と
戻ってこれませんでした。
(今回は、その参加者も
 iPhone接続だから?)
失礼いたしました。

いつもように客層戦略では
終了後、8年前に録画した
ビデオを鑑賞するのですが、
(それをビデオカメラで撮影
 した上で、ZOOM接続)
ちょうど↓このシーンで〜消!?

DSC01307












いつもながら、かなり濃い
内容なので、そのことにより
Wifi環境を悪化させるほど
データ量がデッカクなったとか?
大変、失礼いたしました。

a89edd2a[1]












この↑↓イゴール・アンゾフ氏
による成長マトリックスにも
似た、縦軸が「客層(市場)」、
横軸が「商品(製品)」との
新商品開発のマトリックスは
非関連の多角化チェック
予め解説しましたので、
事なきを得ました・・・

DSC01308












・・・が、別のポイントは
触れず終いとなりました。
申し訳ございませんでした。

またの機会(最終回?)で
テストせねば〜でしょうか。
心得てください。

昨日のブログを書いていて
思い出しネタ・・・いや、
ランチェスター経営ジム
戦略社長』5回目・応用編、
客層戦略で、またまたまた
本講中の写真を撮り忘れて
お詫びネタです。

3回目と同様かも↓
終わっての写真はあり




いつも客層戦略について、
所得を基準に差別化した
富裕層戦略に言及してます。
そうなると客層戦略が
それだけと勘違いする
それ以上の勘違いも
場合もございます。


◆4つの所得層

・スキミング層

・イノベーター層

・フォロワー層

・ペネトレーション層

DSC09008














*写真は↑3年前の年末
 開催した計画勉強会より。


今回は別の視点から。
(ただ内容はaboutに)

昨日のブログで、
冒頭に書いたように、


「お使いのZoom
【最新バージョンの5.3.2】
 にされ接続ください」

zoosun














〜などの場合、その方法が
解らないなどあれば、


若い世代は、逐一スマホを
 片手に検索して調べます。
 (この30代然り↓)





◆腹同じ30代も一部重複)
 その上の私たち世代では
 (この世代がオジサンか?)
 パソコンで調べます。




0幣紊離好泪曚皀僖愁灰鵑
 苦手なオジ−サン世代では、
 押しつけがましく電話しても
 怒ら無さそうな人に尋ねます。
 (この直後も同じことが


〜と書いておきながら、
これは苦手意識が影響しそう
だと「オジ−サン世代」を
外そうかとも思いました。

私よりも若い人であっても、
日曜日の夜8時過ぎゴロ
MQ会計」について
電話で問い合わせたりとか
平気みたいですから(涙)

戦略MQ会計













利益が見える戦略MQ会計
 西順一郎・編著
 宇野寛米津晋次・著
 (かんき出版

まずは、このオススメ本
ジックリ勉強してください。
(&解るまで常備すること)





*今まで何を勉強されてきた
 のか・パート4でした。

先日、ZOOMでの勉強会で、
事前招待メールをお送りする際、


「お使いのZoom
【最新バージョンの5.4.0】
 にされ接続ください」


〜と追記しました。

すると数名の方から
ZOOMのアップデート方法が
解らないと尋ねられました。

zoosun












今回は、機能面で(絶対的に)
必要なアップデートでは
ありませんでしたが、
セキュリティ面では、常に
最新バージョンの状態が
望ましいのは事実です。

これは、パソコン内の
ウイルス対策ソフトを
バージョンアップせずの
ままなのと同じことです。
実社会なら、コロナ禍で
マスクをせず&手洗いせず、
密閉&密集&密接の三密
過ごすのと同じかと。




ZOOMヘルプセンターで、
アップデート方法が動画付
で示されています。



しかし、英語からの訳っぽく
解りにくいでしょうから、
以前にもご紹介したように
八起会・ZOOMで勉強会
Windowsで、アップデートする
をご参照ください。




ただ、アップデートなど
せずにいる人の中には、


「(今では)必要な場合
 ZOOM側が強制的に
 アップデートするように
 変わったので、その時に
 すれば良いでしょう」


〜と邪魔くさそうに思うかも
知れませんが、そういう人ほど、
ZOOMでの勉強会に開始時間
ギリギリで接続されてませんか?

そうなると、開始時間を過ぎても
(強制的な)アップデートの
作業が長々と・・・となり、
「主催者(ZOOMホスト)
 泣かせ」となってしまいます。
これも以前に申し上げたように、
ZOOMを「片手間の使用」と
せぬよう、ご注意願います。
  
zoomogo








さて(パソコンの)ZOOM
のアップデート時期ですが、
私はスマホなどと同じだと
想定してます(たぶん)。

だから、iPhoneアプリで
ZOOMのアップデートが
あれば、パソコン側で、
「アップデートを確認」
をチェックしてみます。
ほぼ同じタイミングです。
(正しいかどうかは不明)

また、ホストとなることが
多いので、その際は常に
事前チェックします




*改めて〜ZOOMを
 ご存じない方は、
 このブログを読むのも
 ご遠慮願います。

ここ最近、にわかに話題沸騰
(地元の九州内だけかも)
なってきたJR九州鹿児島本線
「貝塚駅(仮称)」建設の件。




*せっかくなので福岡地下鉄
 完成前の西鉄貝塚駅
 (フォトブックより

貝塚駅












この数週間前の西日本新聞
掲載された周辺地図(案)では、
現在と同じ形式で地上を走る
JR鹿児島線に、新しく駅を
作った上に自由通路を作る
と示されていました。




現在の地下鉄&西鉄の貝塚駅で、
すぐ隣には旧・九州大学
学生寮が 破壊され 移転して
空き地が広がります。




願ったり&叶ったりで、
ちょうど良い使い道かと。

IMG_5177












しかし、現在JR鹿児島線が
通る踏切付近は、空き地が
全くありません。

IMG_5173












「踏切を廃止」したとして
も非常に窮屈と思います。
都市高速道路もあるから
縦にもギュウギュウです。

IMG_5176












踏切内から撮影した
 写真は失敗しました。
 申し訳ございません。

IMG_5174












この状態で駅を設置すると、
まさに、阪急電車中津駅
化するのではと思います。




それはそれで楽しみです。
この臨場感↓に期待を!?



しかし、つい先日のTVでの
ニュースでは、新駅は高架
されるとか言ってました。




ただ、ネット記事を検索しても
どこにも情報が無く、「高架」は
先にあった自由通路のこと
かと思いました

しかし・・・



「新駅設置の際は高架化される」
って、本当かな!?

この都市高速道路を超えると
なれば、エライことです。

IMG_5175












この状態で駅を工事すれば、
まさに阪急電車で高架工事中
淡路駅周辺と化する
のではと思います。




それはそれで楽しみです。
このスケール感↓に期待を!?




4階建てと同レベルとか。
ただ「貝塚駅(仮称)」は、
そこまで必要ないかも。




*ちなみに、南海電車
 貝塚駅は地上駅です↑
 (水間鉄道も)

ちょっと前に、TV東京系
TVQ)地元ニュース番組で、
小郡市にある九州歴史資料館
特集されてました(以前は
太宰府市にありました。なお
九州国立博物館でありません)。

【文化財保存の現場・ウラガワ】
として、倉庫の山積みされた
デッカイ袋を示してました。

IMG_5167












トレハ」と書かれた茶袋。

中身は、岡山市に本社がある
あのバイオ企業(株)林原
製のトレハロースです。

IMG_5168





















九州歴史資料館の広報誌
九歴だよりNo.47(2018.4)
で紹介されていたのが、


文化財サイエンス・ラボ
【あまく固める木簡】

9labsw














九州歴史資料館では「トレハロース」
というお砂糖で、木器の保存処理を
しています。

トレハロースは自然界に存在する糖で
パンやケーキ、お弁当など食品を
中心に様々なものに使われています。

食品やお菓子にも使われているため
それとは意識せず口にしている
ことがあるかもしれません。

木器の保存処理では、まず
トレハロースを溶かした・・・


これは文化財を保護するため
用いられてきた「糖類含浸法」。
2010年頃から使用されて、
最近はトレハロースが主流に。
(トレハロース含浸法)

toretorepp














本にもなっているようで↑著者の
一般財団法人 大阪市文化財協会
保存科学室 室長の伊藤幸司氏
紹介ページあるコメントには、


◆コメント

20年程前、木製品を保存する
為に糖を浸み込ませて固める
「糖アルコール法」の開発、
実用化に成功しました。

近年では多くの食品に用いら
れている”トレハロース”が
非常に有効であることが判明、
その研究に努めています。




研究業績に記される最初が
 2013年とありますが、
 こちらの実施状況報告書
 2012年4月から研究と。
 (口頭だけなら2008年


その研究成果が出始める1年前、
2011年2月に(株)林原は
会社更生法を申請(倒産)
1994年にトレハロースの
大量生産を開発し、翌年に
商品化して16年後のこと。




その当時、4代目社長だった
林原健氏がつい先日、
お亡くなりになりました。


◆会社を潰すなら自分の手で

22歳で岡山に戻ってきた。
父が亡くなった時期、
林原だけで6百人くらい、
グループ全体だと3千人以上
の従業員がいただろう。

しかし、業界全体が激動
していたし、圧倒的な求心力
を持っていた父が亡くなり、
会社は既に赤字・・・
・・・最初に役員の人を集め、

「この会社は僕にしか潰せない。
 潰すなら僕の手で潰す。
 どんな形になるかわからない
 けど協力して欲しい。
 辞めたい人は辞めて
 もらっても構わない。
 真剣にやる。
 きちんと責任を取る
 ことはできるつもりだ」

と言った。

IMG_5172














*「独創を貫く経営」
  林原健・著(日経新聞社)より。
  2003年6月日経新聞
  「私の履歴書」連載に加筆。
  一番上の本。その次は弟著↑


ある意味では、この思いも
かなわずだったかと・・・




運営されていた林原美術館
でも今、トレハロース含浸法が
用いられているのだろうか。
ご冥福をお祈り申し上げます。

ランチェスター経営(株)
事務所にあるコピー機は、
質素倹約な竹田先生だから
従来からモノクロ(白黒)の
コピー機しかなかったので、
未だに資料は白黒のみです。

しかも、時として大量に
コピーを使用しようものなら、
印字がに寄りだします。




こんな大量にコピーするのも
居候状態で使用する私ぐらい。
しかも今では常時、A3判の
用紙が全面使用禁止に(涙)




ただし、こんな状態は従来
から変わらずで、今までは
そこまで不自由もなく、
(A3判は少々・・・)
勉強会へご参加の方々も
従来と同じく受け入れて
いただいてました。

*時として、必要な場合は
 カラーコピーを頼みますが。

kinkins
















しかし、今年になってから
ZOOMにて各勉強会を
開催し始めましたので、
そうもいかない事態に!?

DSC01303DSC01302







先月来の『戦略社長塾』。
いつもながらリアル参加者に
白黒での資料を配布して&
ZOOM参加者にはチャット
で資料のデータを送信した後、
そのデータを使いZOOMで
画面共有させながら解説を。

そんなふうにデータを使って
解説すると、リアル参加者から、


「コレは、やっぱり
 カラーが良いですよ」


はい、そうですね。
やはり「カラーが良い」です。
申し訳ございません。

DSC01301DSC01305







本来的には、その思いは
竹田先生も同じでしょう。
疑うことなかれ。

この思い、先日のブログでも
触れた『新規開拓の進め方
DVDの旧版に該当する廃版と
なった『開拓名人』の中で、
ランチェスター経営(株)の
事務所に飛び込み営業で行く
シーンで見て取れます。



それぞれのブログ内で↑
↓そのシーンに触れてます↓




ランチェスター経営(株)の
SASAビル会議室に入れば
直ぐに解りますよネ。

lanchn















ほら〜ぁ。

先週・金曜日の日経新聞から、
気になる記事を引用。


◆MBA取得者を中小社長に、
 (日本政策投資銀行がファンドを

IMG_5169


















  日本政策投資銀行
 経営学修士号(MBA)
 取得するなど起業意欲がある
 若者を中小企業に仲介する
 ファンドをつくる。
  経営人材として有望な若手に、
 中小企業を買収する資金を提供する。
 後継難に悩む経営者が増えている
 ことに対応する・・・


サーチファンド」との仕組み
で、日本M&Aセンターなどが
絡んでの展開となるみたいです。
他にも、いろんな利権が巧みに
見え隠れしそうな予感も。
また、根本的に「MBA」取得と
「起業意欲」と「事業継承」の
相互関係も不明なままです。

*MBAを取得した人が、
 起業意欲が高いとも限らず。
 また、起業意欲の高い人が
 事業承継の適性があるか不明、
 自分で起業した方が良いような
 気もしますし〜と、これらの
 関係にも言及したかったです
 が、今回は目をつぶります。

consarutantbig









ランチェスター経営(株)
『経営コンサルタント入門』CD
では、MBAに関する項目があり、
ザックリ引用すると、


◆MBAと中小企業診断士の資格は必要か

 ここで、経営コンサルタント業界の
 「商品」という観点で捉えると、
 MBAをはじめ中小企業診断士は
 どうなるか、これについて
 考えておくことにしましょう。

 MBAは高級感があってカッコ良く
 見えるので「将来、コンサルタント
 になってみたい」と考えている人 
 には、MBAについては
 関心が高いでしょう。

 しかし、MBAの本を読んでみる
 と解るように、MBAは
 「大会社の経営管理」
 が中心になっています。
 これでは外資系のコンサルタント
 会社や大手のコンサルタント会社で
 仕事をする人にとっては、
 とても役立つでしょうが、
 従業員60人以下、とりわけ
 30人以下の会社を中心にする人
 には思ったほど役に立たないでしょう。

 中小企業診断士も同様で・・・
 (寄せ鍋風とか言ってます)


こんな考察は竹田先生
限ったことでは無さそうです。
特に、MBAに関しては、
世界規模でいろいろと
言われているようですから。

mbababo1
















同様に、日本人も言ってます

mbababo2
















タイトルは異なりますが、
この本も↓内容的には
同義かと記憶してます。




ただ、この日本政策投資銀行に
よる動きを、かなり以前から
竹田先生は予想してか、
ランチェスターMBA」を
商標登録していたのかも。

そうであれば、直近で
何か動き出すかも・・・




・・・が遭遇したくない
ので、知らん顔します。

↑このページのトップヘ