昨年末にご質問をいただき、
ブログに「再確認」として
記事として残していた
「従業員教育」の7大要因

ランチェスター経営(株)
『従業員教育の戦略』DVD教材
からの説明が大枠です。

IMG_4599
















先日開催した、創業7年で
地元No.1の起業家が語る!
実践リーダーシップ・応用編
ZOOMミニ勉強会
で、
その「従業員教育」に関して
新たな考察(タブーの事実?
を思い出し整理しました。

また、起業家が実践中の
(以前の竹田先生実践
「組織活性化」法も少し
加味しています。

そのことで、注意事項や
補足説明を付記した要因が
昨年末に示した「2つ」
から、追加で「2つ」と
なりました(合計4つ)。

ご参考までに。


◆教育を構成する7大要因
 <注意事項と補足説明を付記>



1.誰から教育するか。

 教育の実行は組織階層の高い人
 から、あるいは古い人から
 実行するのが組織戦略の原則。
 だから、1番は社長!
 次に戦術リーダーで・・・
 (後述の「5」参照)


*ただし、向上心と人柄に
 問題がある人は、勤務年数が
 長い人であっても決して
 リーダーにしてはいけない
 (『組織戦略』CD教材より)


CIMG1529



2.何を教育するか、
  教育テーマを決める。


 全体から部分に移るのが、
 正しい手順になる。


 中小企業の利益実態
 (決算書を公開するとかでなく、
  図を使って解りやすく↓)


 経営の基本原則


 3匿佑涼甘している仕事


IMG_4591














*「ほとんどの社員は、
  給料日やボーナス支給日が
  何時なのか覚えている。
  それだけでなく、
  おおよその金額まで
  把握できているのだから
  基本的に頭がイイ」
 のは事実かも知れません
 しかし社員は、堅苦しい
 簿記会計的数値の理解など
 「自分の仕事ではない」と
 思っているので、社長の
 言葉として聞かされると、
 逆に反抗されるので要注意。
 




3.従業員の素質をチェック。


*このチェックの後に
 「教育の実行」がある。
 また、このチェックを
 入社前に行うように、
 『組織戦略』CD教材では
 新たに「従業員の採用」を
 追加して注意を促している。
 



4.仕事に役立つ良い教材を
  ランチェスター経営(株)で揃える。

  全従業員向けには↓最適なDVD
  『良き社員になる13の条件


IMG_4578















5.教育方法の決定。

 従業員100人以下の会社では、
 社長がインストラクターに。
 (直接戦の応用)

  
 社長が直接教育が無理な場合や
 (先の「2」で示したように)
 受け入れてくれない場合は
 現場でOJTをメインとして
 戦術リーダーが教育する。
 この場合は、前もって
 「教育方法」を教える。


 それでも、やむを得ない場合、
 外部の講師や外部研修に
 参加させることになる。
 その際、社長が同席するか
 先に社長自身が参加すること。
 (間接戦の応用)


*外部の講師や研修会では
 講師の考え方がバラバラの
 ため、相当の注意が必要。
 根本的な「経営理論」が
 異なれば悪影響を及ぼす。
 (特にお客対応などでは
 自社の経営に魂を入れるのを
 他社にしてもらうのは
 考えモノになる。
 (『顧客維持戦略』より)



BlogPaint














6.教育回数の決定。


7.評価の実行






このYouTube ↑での説明と
 順番は異なりますが、
 内容(項目)は同じです。


途中途中、回りくどい説明
ばかりで申し訳ございません。
タブーもあり、ストレートに
正確な情報」をお伝えできず。

ただし!?

勉強会では、バンバン
起業家が語ってくれます
&私も説明いたします。




10月もご期待願います

*今回はサッパリ短め。

先日、元気が戻った竹田先生に、
お客さんからの質問事項など
お話ししていたら、


「・・・今は、
 『竹田経営システム』図
 名称変更したことも
 シッカリ伝えておいて。


14ffd6fc



















〜と、途中2度も注意を。

少々くどかったです(失礼)が、
注意しないといけないほど
理由があるのでしょう。
やはり「時間対策」かと。
それが「仕事時間」?




もうこれは竹田ビジネスモデル
とは言わせない、何かありそうな
予感、やはり不思議な

昨日のブログと同様、
先日開催した、創業7年で
地元No.1の起業家が語る!
実践リーダーシップ・応用編
ZOOMミニ勉強会

その内容の一部からです。
(長文ご注意)

途中で「学習効果の公式」に
触れる際(念のため↓参照)、


◆学習効果(教育効果)の公式


<社長向け・学習効果>

素質×教材の質×学習回数、



<従業員向け・教育効果>

素質×教材の質×教え方の質×学習回数。



*社長にとって自主的な「学習」、
 従業員に対しては、社長から
 見て(実行して)の「教育」。


公式で示される社長の「素質」、
それをいかに測るか?を、
ランチェスター経営(株)
本格派の『経営計画』教材
に添付されている
経営計画記入ファイル
から説明しました。


◆将来計画

 素質の高い人ほど
 将来目標をもっているので、
 将来目標がハッキリしている
 会社には、質の高い人が
 入社してくる率が高くなる。

CIMG7942














*この「将来」目標とは、
 7年先、10年先の
 会社規模などのことと。


この点に加えて、コロナ禍
直前に、同じく「社長の素質
を書いたブログ記事から、
(その部分を引用)


◆「社長の素質」を測るバロメーター


1.自社が7年〜10年先、
  どのような会社に
  なっているかの
  将来目標を持っている。




★これだけだと願望先行型の  
 「ホラ吹き」も多いでしょう
 から、付け加えると、


2.素質の高い社員が
  入社して育っている。



先の「1」に加えて、
教材『組織戦略』などで
説明される下記の点を
考慮に入れてます。
毎度お馴染みかと)

syaju[1]
















中小企業では、社長の実力と
従業員の実力は均衡する

結果として、
会社の実力=社長の実力
となる。


★もうお解りだと思いますが、
 この2つのバロメーター、
 「1」は持っているが、
 「2」が全くダメな社長
 ほど手に負えない(危ない)
 のは言うまでもありません。
 (業績が悪いとかは別)


当時のブログ記事では、
この辺りくらいで説明終了。
特に★の2つの部分に関して
全く説明せずでした。

CIMG8252













今回の勉強会を開催するに
当たり改めて調べ直しを。
すると、旧版『組織戦略
テープ教材のテキストで、
次のような説明を見つけました。
ただ、先日の開催当日
時間が無くなってしまい、
触れず終了しました(失礼)

せっかくですから、
ご参考までにご紹介します。
(改めて長文なのでご注意)


◆人材を確保できるかどうかは
 「社長の長期目標」で決まる



中小企業に入社してくる人は、
長所もあるが、それ以上に
欠点もあるという人が多いです。
こういう人を集めて、
「何でもいいから仕事をしろ」
と言ったのでは、プラスと
マイナスが打ち消し合って
力は発揮されません。

欠点も長所も合わせ持った人が
良い業績を出すには、長所を
活かすしかありません。

その長所も、会社の仕事内容や
将来計画と一致するものでなければ、
何の役にも立ちません。


その各人の長所を発揮させるには、
まず社長自身が明確な将来目標を持ち、
次に、それを具体化するハッキリした
計画を立てなければなりません。

こうなれば、その計画に応じて
特徴のある人を採用し、
育成することができます。


逆に、将来目標が決まってない上、
当面の計画もハッキリしてなければ、
たとえ、ある分野でスゴク高い特技を
持った人が入社してきたとしても、
その人をどの仕事の、どの部分で
活用すればいいか、それ自体が
ハッキリしない訳ですから、
その人は全く役に立ちません。

そればかりか、会社にとって
どういう人が良い人材なのか、
それも分かりません。


★ココに、日本の映画産業が
 昭和30年代に大きく
 「娯楽」として花開いたが、
 テレビが普及して、一気に
 役目を奪われた云々との
 事例を説明しています。
 どの映画会社も将来を見越し
 テレビ局を持とうとかせず、
 衰退の一途をたどった。
 その象徴的な話しとして
 「永田ラッパ」に言及。
 (あまりにも古い・・・)

da1ei











当面の仕事をするのに人手がいる、
という意味での人材確保ではなく、
会社を長期的に成長させるような
人材の確保ができるかどうかは、
社長自身が会社の将来をどう考え、
どんな方向に発展させようと
考えているか、それによって
全てが決まるのです。

社長は決算が終わったら
時間をかけて、次のことを
考えなければなりません。


1.お客は、本当のところ
  自分の会社が販売している商品の、
  どの部分にお金を払っているのか。


2.お客の立場、あるいは
  全産業的な見方をすると、
  本当のところ、
  自分がしている事業は
  どのような業種に属するのか。


3.今やっている事業は、
  時代と共に、どのように
  変化していくと思われるか。


4.自分の会社の商品と、
  全く同じ用途を持つ代替商品が
  出てくる恐れはないか。
  もしあるとすれば、
  いつ頃になると思われるか。


こういうことを深く考えている
社長は、将来計画をハッキリ持つ
ことができますから、必要に
応じて早目に人を採用しますので、
結果として良い人が入ってきます。

しかし、このようなことについて
何も考えないばかりか、経営戦略の
研究も全くしていなければ、
良い人が入ってくるはずありません。


それでいて、自分に変わって
仕事をバリバリ進め、利益を
大いに出してくれる人の入社を
望んでいる社長がいるとすれば、
それはムシのいい甘い考えと
言わざるを得ません。

仮に、こんな素晴らしい
人材がいたとしても、その人が
こういう社長に使われる
謂れ(いわれ)はありません。

そればかりか、こういう人は
自分で事業を始めるでしょうから、
いくら待っても実現しません。

つまり、良き人材が入社して
育つかどうかは、1にも2にも
社長の実力によって決まるのです。


最後の締めはお馴染みの
「社長の実力」次第と、
至ってシンプル。

竹田課長のアップ











何はともあれ、途中
いかにも竹田先生らしい
歴史を感じさせる古い事例
私が生まれる前後の年
でしたから、その部分は
私が一読しても「?」で
大幅に要約しました。

ご興味お持ちになった方は、
リンク先のWikipediaを
ジックリ読んでいただくと、
倒産会社の取材を仕事
されていた竹田先生だから、
ワンマン」社長&
ホラ吹き」社長&
調子に乗る」社長を
何となく揶揄されているのか
と裏の意図を感じるかも。
(私だけ?)

昨日は、創業7年で
地元No.1の起業家が語る!
実践リーダーシップ・応用編
ZOOMミニ勉強会
を開催。
ご参加を有難うございました。




この起業家と同じように、
ご参加された後継社長様も
ランチェスター経営(株)
組織戦略」の原則で、
中小企業は社長自らが
従業員教育をすべきだ
勉強した通りに、従業員を
教育して、かなりの期間
「壁」にブツかっている
状態だとのこと。

これはこれで起業家から今、
実践中の「組織活性化」法を
お話しいただきました。
お話し有難うございました。

また(昨日ブログで触れた)
「竹田ランチェスター」の
現時点での「正確な情報」を
解説して、より社長として
やるべき仕事に集中いただく
ため、別の方法を考えてみる
ことを促しました。

part3_09_210[1]










これらとは別で、参加者が
自己紹介で仰った課題に、
ド!ストレートに関連が
ありそうだった内容が、
旧版『組織戦略』ビデオ教材で
最後に当時、流行っていた
「分社経営」に関して
説明する部分にありました。

以前も勉強会後記
触れてましたが、改めて。


◆分社経営の功罪


1.事業内容に
 (商品や業界・客層など)
  性質が全く違った
  モノがある場合。

2.遠くに離れたところに
  支店や営業所があり、
  管理費用が高くついて
  採算に乗らない場合。


こういうケースでは
分社することに意味がある。


CIMG3310[1]


*以上は↑テキストにあり。


それぞれ途中&途中で、
テキストに記載はないが
口頭だけで次のように、


「・・・もちろん、
 そのこと自体が
 経営原則に反している
 とかもあるでしょう。
 それはそれで止むを得ません」

「・・・引き継ぐ前に
 遠くまで営業していたとか、
 それも地域戦略的に
 間違ていますが、
 それも止むを得ません」




以前に↑起業家もシッカリ
 勉強会で鑑賞してました。


〜と、つい口を滑らしたか
の苦い口調で竹田先生
説明されてます。

eda9e9d1












また、当然ですが、
「分社経営に意味がある」
と説明しただけであって、
それだけで業績が良くなる
はずもありません。
決して正解ではないのです。
それぞれの会社の社長が
戦略実力で同業者100人
中3番以内に入ることが
必要だとしています。

ただ、笑いを誘うように、
続けて竹田先生は、


「分社長の戦略実力が低くて
 利益だけ多くする方法は、
 あるとすれば
 人をだますかドロボー
 くらいしかない」

CIMG4579



ココまでは、以前の
勉強会後記とほぼ同じです。

IMG_0319












今回、新教材CD
事業承継の戦略・改訂版
では、事業を承継するには
先代社長が「経営戦略書」を
作成して、それを後継者が
学習することが大切だと
説明がありました。

基本的に「経営戦略書」が
あるかどうかで、先代社長が
経営原則に反したことを
実行しているかのチェック
にも繋がるのかと。

IMG_0317












ただ、先代社長が作成する
「経営戦略書」に関して、
いろいろ細かく説明している
ものの、最後には軽く(?)、


「これまでよりも
 もっと内容が良い
 本格的な経営計画書
 作成するのだとの思いで、
 経営戦略書を・・・」


〜と、まるで経営計画書の
延長線上にあるような説明で
締めてます。少々ビックリ。
(ココも「正確な情報」あり)

7b66f1df












こんな勘違いを引き起こし
そうな場合は、毎月開催の
「不倒の経営」勉強会
(戦略基礎コース)学んで、
参加者全員が作成する
「経営戦略書」が
参考になると思います。

(株)プラスソフト
 竹花利明社長様が作成した
 「経営戦略書」です↓

IMG_5594a












▼最後は先週のブログとほぼ同じ▼

そうなると、経営原則に
反せずに本気で事業承継を
お考えの社長様で、今回の
事業承継の戦略』CD教材
をお聞きになって、独自の
「経営戦略書」の作成に
取り組もうとされるなら、
「不倒の経営」勉強会
ご参加をオススメします。




&もちろん同時に、そんな
社長様から経営原則に
反せずに事業を承継しよう
とのご子息・ご息女さんは
「不倒の経営」勉強会にて、
力を入れて学習することを
オススメします。

集合写真20









既に、それぞれの立場で
ご参加される社長様
後継候補者の方が実際に
いらっしゃるので
ご安心ください。

★次回は10月7日(土曜)です。

ランチェスター経営(株)
経営における論理学と人間学
CD教材の案内チラシが
完成した時のこと。

DSC05844












その案内チラシに書かれた
文章をご紹介して、


◆経営は論理学と人間学で
 できている



DSC05835














経営を大きく分けると、論理学と
人間学の2つで構成されており、
2つの性質は全く異なっています。

2つをウエイト付すると、
論理学が44%で
人間学は56%になり・・・


このウエイト付の数値が、
当時、少し前には発売された
竹田陽一の経営随筆集
CD教材で説明された
少しザックリとした数値
(40%と60%)
と異なる云々・・・と
ブログ記事には書きました。

*その後、改訂版『組織戦略
 DVD教材では元通り?

5f6ba330












今までも触れたかもですが、
これは竹田先生にありがちな


教材を制作する段階で
いろんなことを研究して
1つの結論に至ったが、
そのまま研修した「ある点」が
気になって&気になって
頭の中でグルグル思索を
繰り返しているうちに、
何かの拍子で、もっと
正確で解りやすい結論が
導かれたりする。
そんな場合、別のカタチで
教材として表すに至った。

IMG_6392














これと似たような研究経緯
 『ランチェスター法則
  完全理解の条件』CD教材を。
 

〜と思われます。

確かに、正確性を期するなら、
先に『経営随筆集』を購入の人も、
『論理学と人間学』を購入しないと
いけないでしょうが、先に
『経営随筆集』で説明された
ベースとなる考えは変わりません。

それを知ってれば十分でしょうし、
何より(先の通り)案内文には
ウエイト付の数値が示されて、
数値をそれに入れ替えれば
「知識の習得」の面では
そこまで問題とならないと。

IMG_0319












これと同じ事が、新教材
成功する事業承継の戦略
 ・改訂版』CD教材にも。

以前にも触れていたように
気になる点がありましたが、
同じような展開でした。

IMG_6270
















昨年に提供された
こういう子供には
 経営を任せない11の原則
CD教材のテキスト最後に
<参考>として示された、


◆事業承継における
 重要な要因とウエイト付 

IMG_6281














そのウエイト付が、
(当時)既存CD教材の
成功する事業相続の戦略
で説明された数値と比べると
整合性に欠けていました。
別の問題もあり

s226[1]










それで今回は・・・?

結論から申し上げると、
先ほどの『経営随筆集』と
『論理学と人間学』との
時と同じように、正確で
解りやすい結論が導かれて、
別のカタチの(しかも意外な)
新教材なのに「改訂版」と
して提供されたのかと。

IMG_0318
















新教材は「正確な情報」を
収集されるなら必要となります。




*こうとしか私の立場では
 言いようがございません。
 本日開催した勉強会でも
 同様でした(失礼)

確かに本に書いてありましたね、
これにはビックリ!?


◆おわりに
(その211ページから)


・・・お礼ハガキが社員1人
ひとりのノルマとなれば、
社員はシブシブかも知れませんが、
確実に実行するようになります。

・・・まず3カ月間、
強制力を加えてでも
「お礼ハガキを書く」を
実行してみましょう・・・


0a3803d2

















*たぶん、皆さんお手元に
 お持ちの竹田先生・著
1枚のはがきで売上げを伸ばす方法
 (あさ出版)より。


確かに「ノルマ」と「強制」と、
(実態は「脅迫」かも↓後述)
その通りにされてますね。

DSC01953












ただ、8月初に開催
顧客中心の経営戦略
竹田先生セミナーで、
とある時事的な騒動に対して、
ド!ストレートに竹田先生が
説明しました(動画付↓)、


◆「ハガキで簡単に中古車が
  売れるような時代ではない」

  キッパリ言い放ってます。





〜と、ある意味では同じ事、
全く企業体制や社風に変化なし。
&たとえ手書きであっても
まごころ」も何も無し。
(その会社↓としては「真心」)
だから、ニュースに
取り上げられるのでしょう。




何のことか「?」な方も
いるかもしれませんので、
「仕事しないで給料もらえると思うな」
との脅迫に近いような言葉で、
ニュース検索などして
見つけてください。

先日に書いたブログ、
まごころ手紙の書き方
に関しての記事でしたが、


◆これが「まごころ手紙の書き方」
 で・・・ハガキじゃないの?


IMG_0305























・・・それよりも、ご紹介した
「まごころ手紙の書き方」で
私が気になる点が、別にある
のですが、それを書けば本当に
超!長文になるので、今日は
自粛したいと思います。




(分かる人には分かる?)


満を持して、その自粛した
続きを書こうと思います。

0a3803d2















ただ、もう既に竹田先生・著
1枚のはがきで売上げを伸ばす方法
あさ出版)を再読された方は、
私が気になるとした【点】を、
著書から発見されたかも。

ただ&ただ、読み飛ばしやすい
ページにあったので、速読とか
なら本当に飛ばしたかも。

(本を持たない人は論外ですが)
そんな読み飛ばした人のため、
そのページの写真付きで、
「気になる」根拠を
ご紹介したいと思います。


◆「客」の呼び方について

IMG_0325













 ・・・そこで私は、
 この本では「お客」という
 表現を使っているのです。


ココまでされる竹田先生なら、
先の「まごころ手紙の書き方」で
「お客さん」との言葉は使わない
のが一貫性のある対応かと。
一読して違和感を感じました。

以上が気になる点でした。
たぶん、皆さんも何となく
気が付いたかと思います。




決して「まごころ葉書」を
買え買え買え」ハガキに
したから大騒動に!?
とかではありませんでした。
(在庫切れで大騒動?)

↑このページのトップヘ