ここ数日間で、密かに
視聴回数アップを試みていた
結果、ようやく・・・



・・・近々、とあるランキングで
ベストテン圏内に入りそうな。
(正確には入っている?)

今は「今週のスポットライト
の時期なのかもしれません。
出演拒否しそうですが)

そうなると週明けには?

zbest10












ただ、私だけのマンパワー
ではコレが限界みたいです。
また、このまま「密か」でない
と簡単に逆転を許しそうな気配。

何か手を打たないと・・・
(考え中)

つい先日のブログで取り上げた
NHK・Eテレで放送
100分で名著』【資本論
そのテレビテキスト

2021100me
















そこで、ご紹介したように
市場占有率(シェア)拡大
について触れている記述から
さらに読み進めていくと・・・

何と!?

*こちら↓【経営理念の制定】は、
 ランチェスター経営(株)での
 本格教材『経営計画の立て方』
 付録の「経営計画記入ファイル」
 その1ページ目です。

DSC07419












そんな「経営理念」について
触れている記述も発見です。


【第3日】イノベーションが
「クソどうでもいい仕事」を生む!?

◆「経営者目線」や
 「AIがもたらす自由」のウソ


 ・・・F・テイラーは、労働者に
 (ご存じ、テイラーシステム
  科学的管理法を提唱した人)
 「最大の努力、
  最高に勤勉な働き」
 を自発的に発揮させようと
 しましたが、現代の労働者は、
 単に勤勉なだけでなく、
 「経営者の目線で考えて、
  自ら働け」
 と発破をかけられる。


 経営理念やマニュアルを
 叩き込まれるのは、
 そのためです。


 「経営者の目線で」
 という言説は、あたかも
 経営者のように構想させて
 くれるかのように聞こえますが、
 実態はそうではありません。

 *構想=(ある面では)戦略。
  実行=(構想の対で)戦術。
 (あくまでザックリした意味)

 経営者や管理職が「構想」
 した理念やマニュアルに
 従って──


 つまり、彼らの目線や
 意向を徹底的に内在化させて
 「実行」せよ、と言うのです。



 本来、構想とは、自分で
 自由に考え、判断する
 能力を意味します。 

 だから、裁量を与えられない
 ままに経営者目線で働くの
 であれば、現代の労働者は
 依然として「実行」して
 いるだけで、「構想」から
 は分離されている。

 それでも、従業員が
 「自分は“実行させられている”
  わけではない!」
 と思っているとしたら、
 疎外を感じないくらい、
 すっかり資本に包摂されて
 しまっているのかもしれません。

 労働者が、資本家目線で
 “自発的”に動いてくれれば、
 資本家にとって、こんなに
 有難いことは無いのです。

 
 また、以上の議論を踏まえれば、
 AIやロボットの技術発展に
 よって、自由な働き方が出来る
 という言説も眉唾ものである
 ことが解るでしょう・・・


 *この後、この学者が実情を
  知るため、ウーバーイーツ
  アルバイトを体験した話を
  続けて書いてます。

 *先日と同様、ココでは別の部分
  を太字に(目立たせたいので)。


何度か読み返しましたが、
ココでは決して良い意味で
書かれてません。

先日のブログと同じになります
が、経済学者の方が書かれた
ので(番組の指南役)、
世間一般的な大企業の話中心
で企業が動いているとの
考えなのかも知れません。
(その方のベストセラー著↓)

jisiyoca
















そんな大企業が中心となって
資本主義を牽引しており、
今では暴走を引き起こしている
(やはり「暴走」より「矛盾」?)
と捉えているのでしょう。

この解釈は、竹田先生にとって
非常に有難いことかも(笑)

そんな暴走を食い止めるため
ヒントとあるであろう、
ランチェスター経営での
「経営理念」に関する考えを、
冒頭で写真をアップした
【経営理念の制定】の文章
からご紹介します。


はじめに

経営理念の制定


DSC07419














A.「経営」とは何かを正しく理解する。
  ドラッカーの本を3冊30回。

B.「理念」とは何かを正しく理解する。
   まずイデアを研究する。


C.空白にしておく勇気がいる

  他人が書いたものをマネたり、
  できもしないカッコが良いものを
  書くことが経営理念ではない。
  上記の2つ(経営と理念)を
  正しく理解してなかったら
  「当分の間、空白にしておく」と、
  正直に書くだけの勇気がいる。


たとえ大企業であっても、
全ての経営者が「A」と
「B」を済ませているなら、
経済学者からも先のように
思われないはずですが・・・
(世間一般も?)

皆さんもご参考ください。

part3_08_200










いや、教材をご購入され
DVD版をオススメ
ぜひご確認願います。
(チャッカリPR?)

竹田先生信者【ファン】や
自称「弟子」必聴の新教材
(と、私だけが噂する?
『竹田陽一の営業昔話』CD

IMG_5470












未だ私がテキストしか手に
してないので、もしかすると
CDを聞いた人は気にせず
スルーしているかもですが、
あまりにマニアックだろう
場所をご紹介いたします。

IMG_5512













私自身が純粋な九州人では
インチキ関西人?
無いからかもですが、
やはり福岡県外の方は
「?」するはずではと
危惧する部分です。
(本文から引用)


◆自転車の活用方法があった

 一番困ったのが、バスを
 使って調査に行くとき、
 自動車がひどく混む交差点や
 開かずの踏切による、
 移動時間のロスでした。

 福岡市は人口の増加に
 道路の整備が追い付かず、
 あちこちで自動車の渋滞が
 起きていました・・・


その後、福岡市内で4カ所
ほど交差点や踏切を列挙。
(並べて引用)


西鉄電車大橋駅の先

井尻の六つ角

JR吉塚駅の手前、妙見踏切

い修寮茵◆複複辧妨凝弔瞭Ю


 ココを通り抜けるだけで、
 バスが15〜20分かかる
 ことは、いつも起き・・・


それぞれ解る人は解るでしょう
が、竹田先生自身が覚え違い
しているだろう点も含め、
確認していきます。
(これのみ↓Google Mapです)




ランチェスター経営(株)
 近く西鉄電車「薬院駅」付近
 を中心にした地図上↑で、
 既に「大橋駅」「井尻駅」と
 JR「吉塚駅」を確認できる
 なら大丈夫ですが・・・

その前に、地図サイトから
画像を貼り付けるには
OpenStreetMapのみとのこと。

「明日やります」ブログより




と言うことで、それぞれの
地図(画像)はOpenStreetMap
から貼り付け編集してます。
(解りやすい表現にも変更)


\湘甘甜屐β膓怯悗寮

井尻の六ツ角
 (井尻駅の近く南西側)

map11

(c)OpenStreetMap contributors

*どちらも福岡市南区内で
 西鉄大牟田線で隣の駅同士、
 県道31号線福岡筑紫野線
 通称「高宮通り」(ただ詳細不明*)
 <地図上の、赤〇と六角形>


竹田先生が「‖膓怯悗寮茵廚
しか示してなかったので、
「大橋交差点」なのか、
「大橋3丁目交差点」か
「大橋駅前交差点」か詳細不明*
(近隣の方、Help!)

また「井尻の六ツ角」は、
未だに渋滞が多く、加えて
交通事故も多発地帯みたい。
令和元年でワースト1


JR吉塚駅の手前、妙見踏切
 (妙見交差点の側)

い修寮茵JR箱崎駅)近く、
 箱崎3丁目にある踏切

map12 

(c)OpenStreetMap contributors

*福岡市博多区と東区で、
 県道550号浜新建堅粕線
 通称「妙見通り」側にある 
 並んで位置した踏切でした。
 今は高架化されてます。
  <地図上の、赤〇と◇を>


どちらも国鉄時代の踏切。
(後者はJRになっても
 存在したが、今は無い)

特に竹田先生が「じ凝弔瞭Ю據
と呼ぶ住所は「原田」ではなく、
町名はまだ「箱崎」内です。
そこから「原田」に向かう
道路(県道21号福岡直方線?)
上にあった踏切でしょう。
(地元民の私が検証済)

*ネットで徹底的に調べたら、
 「新町1号」踏切だとか。
 このパンフレットより。
 <福岡都市計画都市高速鉄道,
  JR九州鹿児島本線・篠栗線
  (箱崎・吉塚地区)
  連続立体交差事業、福岡市>
  (これが↓証拠です)

IMG_5515





























なお、前者の側にある
妙見交差点」も
危ない交差点として有名

*以上、こんなマニアックな
 内容となったので、(実は)
 2日もかかってしまいました。
 もっとマニアック(?)な
 場所、竹田先生が結婚後、
 最初に暮らした「岡垣町」に
 関してはリンク先↑ご参照を。
 ただ有名なモノが無く・・・
 (ゆうれい坂?)

先月のブログで、私に
資本論」「資本主義」に
ついて尋ねられる方へ
ご紹介したNHK・Eテレ
100分で名著』で取り
上げられていた【資本論




また逆質問されぬように
そのテレビテキストを、
私も時間がある時に少しずつ
読んではいるのですが・・・

*読み疲れて、後の数日は
 ブログをお休みする予定

2021100me
















そんな中で、
市場占有率(シェア)拡大
について触れている記述を
見つけました。



【第3日】イノベーションが
「クソどうでもいい仕事」を生む!?

◆「より安く」と圧力をかける
  資本主義


 さて、生産力上昇は、
 なぜ労働者を幸せにしない
 のでしょうか。

 この問いに答えるカギは、
 そもそも資本主義のもとで、
 なぜこれほど生産力が
 上がるのか──

 言い換えると、なぜ資本家は
 生産力を上げようとするのか、
 に隠されていると
 マルクスは言います。


 資本家が生産力を上げたい理由。

 それはズバリ、商品を
 「より安く」生産して、
 市場で勝ち残るためです。


 今より安く生産し、同じ
 価格で販売すれば、その分
 利益が増えます。

 低価格を売りにして、
 市場シェアを拡大することも
 できるでしょう。


 シェアが拡大すれば、
 薄利多売で、ますます
 利益が増えます・・・



*テキストでは本来、
 『商品を「より安く」生産
  して、市場で勝ち残るため』
 の部分を太字にしてました。
 しかし、ココでは別の部分を
 太字に(目立たせたいので)。


経済学者の方が書かれたので、
(番組の指南役)
世間一般的な大企業の話中心、
しかも、ほぼ「強者の戦略」で
企業が動いているとの考えは
やむを得ないのかも。
(その方のベストセラー著↓)

jisiyoca
















ココで嘆くのではなく、
低価格を売りにせずとも
(厚利少売)、
市場占有率を拡大させる上
利益も増える手があれば、
この学者が考えるような
狂った現代資本主義の暴走に
(「暴走」より「矛盾」かも)
一筋の光を与えてくれる
のではないか・・・

それが、ランチェスター
弱者の経営戦略では!?

jakujak













それにしても、私に対して
「資本論」や「資本主義」
について尋ねられた方が
引用したテキストを
そっくりそのまま鵜呑みに
してしまうと・・・いや、
既にその状況でしたから
それはそれで辛口な内容と
受け止めていただければ
OKでしょうか(苦笑)

*たぶん、そのテキストでは
 無く、NHKオンデマンド
 見るくらいでしょうから、
 どちらにしても大丈夫
 かと思います。




大企業はともかくとして
中小零細企業であれば、
暴走する現代資本主義の中
正しく生き残るのであれば
ランチェスター弱者の経営戦略
が必須であることが、
ある面で証明されたと
過言ではありません。
(ちょっと極論かな)

そのように、あの方も
話してい・・・かな?


「・・・あ!?
 やはり伊佐さんも、
 全く話についていけて
 無かったんですネ」


〜と、また言われそう。
(内密に)

この続きにビックリ!?

私だけが噂する(?)新教材
『竹田陽一の営業昔話』CD

IMG_5470












その中で、問題作の教材CD
竹田陽一の経営随筆集』と、
一部、同じテーマに触れてます。

「過去の成功体験は捨てよ」
は正しいかどうかについて。

DSC05121












前者<昔話>では、これまでに
ない新しい仕事をするときに
発生する障害云々の関連事項
として説明されています。

また後者<随筆集>では、
帰納法の限界と成功体験」
との大項目の一部として
説明されています。

どちらも説明する過程で、
日本海軍の大艦巨砲主義を
事例にしているので、何と
なく同じにしか思えません。
(意図的?)

*やはり、竹田先生が同じ
 事例で説明する背景には
 (特に前者<昔話>において)
 セミナーレクリエーション
 促す某・コンサル会社を
 暗に警告しているからと。
 (【の】を加えると一目瞭然

IMG_5473




















しかし、後者<随筆集>では
他にも長々しい事例の説明だけ
でなく、マニアックな開発物語
など加えた上で、最後の締めに


・・・年配の社長が
若い従業員と話す際は、
過去の話ばかりすると
聞く方は嫌になります。

なるべく今から何をする
のか、将来の話を中心に
するよう心掛けましょう。




*そういう割に「昔話」CD
 を教材化した真意は?
 (憶測の理由は後述↓)


〜と、過去の成功体験を
どう扱うべきなのか、自ら
年配者の立場で触れてます

692f2381[1]












対して、前者<昔話>では
経営におけるこの結論を
ストレートに説明してます。

このように結論を急ぐのは、
(私がテキストしかないので)
紙面スペースの都合なのか、
CD収録時間の関係なのか、
それか、コロナ禍であっても
もっと時間や手間をかけて
制作するまでの「ひま」が
無かったのか不明です。
(憶測の理由は後述↓)

ともかく、経営の成功体験を
捨てるべきでない6つの根拠、
その後半に示す3つは、


・・・自分の努力で1位を
作った経験がある人、中でも
下位の会社から逆転して
1位になった経験がある人は、
過去の成功経験を捨てる
必要はないのです・・・

・・・つまり「過去の
成功体験は捨てよ」の教訓が
一番、当てはまるのは
戦術になるので・・・

・・・過去の成功体験を
検討するときは「戦略分野を
より重視すべきだ」と・・・


*太字部分を太字で示してます。
 (CDで強調されているか不明)


少し極論ですが、自分の努力で
1位を作った経験のない人は
たとえ自分自身が経営において
成功だと思っていることでも、
特に戦術では「成功体験」にも
及ばない勘違いであることが
多いとも読み替えられます。

経営で1位になることは
本当に難しいことです。
(もちろん市場占有率1位
ですから私も含め、ほとんどの
人が「成功」の認識を改め
ないといけないかもです。
捨てる体験が山積です。

takeda1













このことから、竹田先生が
コロナ禍で「ひま」だから
この内容の教材<昔話>を
作成したとかではないと
言えなくもありません。

*テーマは同じで似た教材は
 構想していたでしょうが
 主たる内容は異なったかと。

その理由は、このコロナ禍の
非常時に対応するためには
今後(将来)は従来の経営に
対する考え方や方針などを
大きく180度変えた上で、
(業種業態で様々でしょうが)
新しい仕事を見出さないと
1位以外の会社は生き残れない
事態にまで陥る可能性がある。
<詳しくは『経営総点検』参照>

そんな思いを、危機感を持って
訴えたかったから(憶測です)。

*「昔話」と言いつつ、
 実は内容的に将来のこと。

その新しい仕事をするときに
発生する障害を、教材<昔話>
作成の際、後者<随筆集>で
説明不足に終わった内容を
思い出して関連事項として
追加したのでしょう。
収録時間がギリギリとなる
ので、辛うじてストレートに
説明せざる得なかったかと。
(これも若干の憶測)

IMG_5512












以上、長々と書きましたが、
「過去の成功体験は捨てよ」
は正しいかどうかについて、
竹田先生が、前者<昔話>
後者<随筆集>の2教材で
説明している理由でした。
(あくまで憶測ですが)

皆さんも、2教材それぞれで
確認されてみてください。
ご注文お待ち申し上げます。
(最後はチャッカリPR?)

先日からスタートしました
戦略社長塾』その初回。

ZOOM開催だけなので、
全く写真が撮れないまま。
それなりに参考となる
画像を貼り付けしてます。

IMG_5039




















今回ご参加された方は、
ランチェスター経営(株)
から毎年、チョコチョコと
各利益表類が届いていて、
気にはなっていたと。

ですが、ピッタリと当て
はまる業種が掲載されてなく、
大分類の「全小売業」と
「全業種」とを見比べ、
チェックされていたとか。
だいたい2つの中間値で
黒字を推移していると。

IMG_4007




















ご自身ではハデな車に乗らず
調子にも乗らず頑張っている
と、お話しいただきましたが、
DVDでの説明では、


「20位前後は、
 黒字企業の最下位で・・・
 会社にお金が残りません」


その状況でドンピシャ!?

ハデな車に乗れない根拠が
ココに合った訳です。

BlogPaint












続いて1人当たりの粗利益
ついて説明があるのですが、
先に計算をしてもらうと
大分類「全小売業」平均との
比較では、約1.2倍だと。

ここ数年、この値を維持しつつ、
社員の昇給で苦しんでいる
実態を告白いただきました。
まさに、戦術経営の壁に
ぶち当たってました。


「開業当時なら、
 常に1.5倍以上でしたが、
 人を増やすたびに
 ドンドン下がって・・・」


これは2回目で触れる
売上主義にドンピシャ!?
(2回目をお楽しみに)

zentaiz










続いて別途、初回で説明の
売上主義と1位主義の違い
についてだったのですが、


「今までいろんな所で
 教えてもらった
 経営計画の立て方が、
 ココで言う売上主義の
 考え方だったので、
 達成されないのも
 当然だったんですね」


これまたドンピシャ!?

STOP!

part3_08_200










ご購入されていたDVDを
ちゃんと鑑賞しておれば、
1位主義の経営計画的な
考え方も頭に入っていた
はずなのですが・・・

*ただ「経営計画」DVD版
 では、売上主義を否定して
 ますが、ストレートに
 1位主義(市場占有率)
 解説してないので微妙かも。
 
80439048












先日のブログと同様に)
同じような経験をされた方&
される方&されそうな方(?)、
この1回目の欠席を含めて
途中からのご参加
お受けいたします。
 
ぜひご参加を
お待ち申し上げております。

先日来、このブログで頻繁に
【セミナーレクリエーション】
について言及してました。

勉強することが趣味」の
まるで好きで勉強している
意味だけでなく、以前には
ゴルフの会など「社交クラブ」
的な意味として紹介してます。

CIMG8493












ここで改めて、竹田先生
【セミナーレクリエーション】
について説明している著書
ランチェスター社長学』を
再確認してみると、また別の
意味が読み取れました。

どうやら、それは社長の性格的な
面で(少しくどくなりますが)、
解りやすいよう引用してみると、


◆勉強熱心だが業績が悪い

社長の中には、いろんな
セミナーに出席し、あの先生を
知っている、この先生を知って
いると、コンサルタントの業界に
とても詳しくなている人がいる。

中には、それほど大きな会社
でもないのに、交通費や宿泊費も
加えると、今までに2000万円も
3000万円も使った人もいる。

*年計算で確認してみてください。
 (規模別の学習予算の2倍を
  超えていたらアウトでしょう)

 〜10人。年間で「30万円」

 〜30人。年間で「60万円」

 〜100人。年間で「100万円」


話しの上では、とても研究熱心な
社長で、業績もトップクラスに
あるように思える。


ところが、会社の業績を調べると、
1人当たりの利益は低水準で、
しかも1人当たりの自己資本も
少なく、資金繰りも余裕がない
という会社が少なからずある。

つまり、社長の行動と業績が
全く一致しないのである。


セミナーを何回か聞いても、
話を聞くだけに終わってしまう。

勉強したことを自社に置き換え
考えるには、創意工夫が必要
だが、かなり面倒となる。

そのために飽きっぽい人や、
落ち着きがない人は途中で
諦めてしまうので、いろいろ
考えたとしても、ただ考える
だけに終わり、日常の仕事に
何も定着しないのである。

これでは業績が良くなる
見込みは全くない。


このような社長は、セミナー
に参加することが一種の
レクリエーションになっている。
【セミナーレクリエーション】


繰り返しになるが、セミナー
参加の費用をはじめとして、
交通費や宿泊代、それに飲み代
を入れると、1回で10万円超が
必要になる。

さらに、社長の時給まで考えると、
この何倍もの金額になってしまう。

規模別の社長の時給

 〜10人。 時給は「1万円」

 〜30人。 時給は「2万円」

 〜60人。 時給は「3万円」
  (100人までに準じる)



つまり、こういう社長は
経営戦略の勉強に行っていること
自体が、業績を悪くする大きな
原因になっているのであるから、
おかしなことに・・・

*この後に再度、触れている
 【セミナーレクリエーション】
 は「勉強することが趣味」の
 意味としてです。


この解決策は、以前から
触れている方法のみ記されて
いるので、そちらをご参考。
当たり前のことを当たり前に
するしかないようです。
(それが出来ない性格かと)

tkyost
















なお、別のパターンで最近も
竹田先生や他の皆さんも
実証済と話されていた


「セミナー行き(その後)
 レクリエーションも十分ある」





〜に関しては、東京近郊だけで
なく、以前から大阪近郊なども
よく耳にしてました。加えて
福島県なども該当します。

redsh
















くれぐれご注意願います。
(海外視察もご注意かと)

*「勉強している」自分を
 認めてもらいたいが故に
 出向いているのかも・・・
 (悪しき承認欲求)

↑このページのトップヘ