季節外れの異常な暑さ続きで
毎日毎日、東京電力管内に
「電力需給ひっ迫注意報」
が出てしまっています。
大変な日本列島。

その原因は・・・




Yahooニュースでも

映画「シン・ウルトラマン」
を見て無いので、詳しくは
知りませんでしたが、
初代「ウルトラマン」当時
での(大昔の)記憶では、
この【ネロンガ】って、
電気を餌にする透明怪獣。
オープニング影絵↓より)

ultopen












かつて江戸時代にも出没した
記録があって(本当?)、
普段は透明で、電気を吸収
している時に姿を現すと。

neronega










ですから、映画に出たとなれば
姿が写っていたようで
 しかも東電管内の群馬県
相当量の電気を食ったはず。




今回【ネロンガ】のせいで
電力ダウンなのか(初代↓)

ultnert








出すなら【エレキング】を!
こいつは発電能力が高いはず。
太陽エネルギー作戦

elkinlg
















失礼「ウルトラセブン」でした
ね・・・また来年?

暑い!

暑い!!

暑い!!!

一気に、真夏のような
暑い日々が続いています。

しかも「梅雨入りしてたの?」
と疑問に思うほど、全国
ほとんどで梅雨明け。

誰か、日本全体の気候を一気に
1カ月ほど進めたのでしょうか?

timmac
















そんなことをタイムマシンに
おねがいしたのかも〜♪





ただ、このタイムマシンは
未来には行かないのかな。
(歌詞の上だけ?)

では↓この車で・・・

DeLorean_DMC-12_with_doors_open











あ〜?

電力需給ひっ迫注意報
だから、ダメだ!?

1つ前(前期)に開催した
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』でご紹介した
際に、当時の参加者から


「・・・これこそ、
 ランチェスター地域戦略
 極みのような会社!




 さすが、地域1番
 ですね〜スゴイ!!」


〜とベタ褒めされた会社。

DSC01859












同様に、今回(今期)の
戦略社長塾』でも、
今月に入って開催した
応用編・地域戦略の際
ご紹介しました。

その際も「地域戦略の極み」
とご紹介しつつ、ドンドン
県外にも進出するだろう
様子がうかがえました。
このことは参加者にも
確認いただきました。

しかし!?

DSC01860












先週に開催した
応用編・客層戦略の際
再確認してみたのですが、
消えていました(驚!)

これも前回と同様、
参加者にも確認いただくと、


「・・・あれ!?
 先日、見せて貰った時は
 確かに【山口県】が
 ありましたが・・・

yamagna4

















 せっかく応募しようか
 と思っていたのに
 ・・・ショック

50646aaa[1]













 いや、冗談です(笑)」


こうも早々に消し去る
大英断をされるとは・・・

さすが、竹田先生


「・・・社長のガッツと
 リーダーシップ
 スゴイことですよ。




 いや〜、ここ最近、
 久しぶりに会った
 スゴイ社長さん
 有難うございます」


〜と言わせただけあります。

そのガッツとリーダーシップ、
やはりスゴイことです。
(見習いたくは・・・)

IMG_4439
















*早速、市長にもご報告
 せねばいけません!?
写真の市長ではありません)

昨日のブログで取り上げた
マニアックな内容に失礼)
ランチェスター経営(株)
自己啓発と時間戦略
教材CDからの備忘録。

31827cf1












前々から疑問に思う項目ですが
(ザックリと引用すると)


◆成功者は自己に強制を加える名人


自己啓発の本の中には、

「考え方が変われば★1
 行動が変わる。

 行動が変われば
 習慣が変わる。

 習慣が変われば
 人生が変わる。

 人生が変われば
 運命が変わる」

といった標語が時折、
出てきます。


一見したところ素晴らしい
教訓のようですが、実は
考え方を変えることによって
行動を直ぐに変えることが
出来るような人は、
100人中2人か3人の
強者型人間に限られ、誰でも
そうなれるわけでは無く・・・


・・・対して、普通の人の
「弱者の成功プロセス」は、

1.まず、自分自身に
  適度な強制を加えて★2
  時間戦略を実行する。

2.今までの行動習慣を★3
  大きく変えること。

3.大きな実績を出すことで★4
  自信を付けること。

4.この自信が考え方を変える。

つまり、考え方が変化するのは
「一番後」になり・・・


時間戦略の凄さを実感する
私自身は、確かに「なるほど」
と納得するしかありません。

しかし、別の角度から考え
直した際に、★を付けた部分
などで少し疑問に思うことが
何度かありました。

それは、★2にあるような、
自分に「適度な強制を加え」
ようとするにも、根本的に
考え方を変え(加え)ないと
ダメだということです。
逆に言えば、どんな人も
強者型の★1にある
「考え方が変わ」るような
ことをしないと、1歩は
踏み出せないのだと。

その解決には、竹田先生
変な内容と言われた
(利益)時間戦略を学ぶこと。
知らないから考えないのです。
やはり、少しでしょうが
考え方を変えないと。




また、別の疑問点ですが、
これは以前から触れる
「時間に救いを求める」ことで、
★4の「実績」が出なくても、
時間戦略を続けている人を
多く見受けることです。
ある意味、時間(戦略)が
目的化しているケースかも。

同時に、世間的に長時間労働
(または仕事時間の拡大)を
強いられている人であれば、
この「弱者の成功プロセス」
に照らし合わせてみると、
ほとんどの人が成功に
至るはずなのに、実態は
そうではないこと。

kuyosya












こうならないためには、
★3の「行動(習慣)」が
経営原則的に正しいかどうか
が原因になるのだろうと。
狂者の戦略(または戦術)
陥る可能性もあるかも。

そのためには、根本的に
ランチェスター経営
シッカリ学びましょう。
その一手で、以前にも触れた
ランチェスター・カレンダー
で、自己に強制を・・・

IMG_4009
















結局は、PR的な内容に
なってしまいました(失礼)

この原因は、たぶん強制的に
冷房を我慢したことで
逆上せあがったのだろう
〜と反省(暑!)

*間違った強制にご注意。
 (冷房は適切に使用を

ランチェスター経営(株)
『戦略教材開発物語』CD
の中で、竹田先生が、


「・・・実は、
 私自身(竹田先生)の
 ために作ったものです。
 今でも定期的に聞いています」





〜と紹介されるのが、
ビジネスマン向け教材CD
自己啓発と時間戦略』。

31827cf1












*本来は、25年ほど前に
 13巻のカセットテープで
 完成させた『逆転の人生戦略
 積極人間の自己啓発と時間戦略』
 (既に廃版。先の教材は改訂版)

逆転









そんな古い教材だからか、
私も知らない言葉が
ポツポツ出てきます。
古いな〜っと思いきや
オットドッコイ!?

例えば、
(少々長く引用・クドい?)


◆時間は手段であって目的ではない


時間戦略の講演をした後、
出てくる反論の1つに、

「馬車馬ではあるまいし、
 長時間労働など
 今の時代に合わない。
 現在は、ゆとりや
 生きがいを求める時代だ」

もっともな意見です。


しかし、理論的に考えると
時間はあくまでも何かを
成し遂げるための「手段」で
あって目的ではないのです。

(途中を飛ばして)


1日、何時間働き、休日の
何割を仕事の研究に回し、
それを何年間続けるかは、
やりとげようとする目標の
高さと、その社長の質の高さ
によって変わってきます。

目標がとてつもなく高ければ、
それに合わせて時間をフルに
活用するしかありません。


その証拠に、

「自分の潜在能力を開発して、
 自分にしか出来ない何かを
 成し遂げてみたい」とか、

「この業界で、県内1位の
 会社になってみたい」

等と言う、はっきりした
目標と強い願望を持っている
社長は、例外なく長時間労働を
していますし、休日のほとんど
をそれに使っています。


もちろん、

「生活に困らない程度の
 お金が稼げれば、
 それで十分だ」とか、

「会社の業績はビリでもイイ」

と思っている社長の場合は、
目標が小さいのですから、
長時間労働する必要は
ありません。

こういう社長は、
朝ギリギリの時間から
仕事をして、夕方も早々に
飲みに行けばイイのです。


昔の人は、仕事をせずに
ブラブラしていて、奥さんの
稼ぐお金で生活している人の
ことを「髪結いの亭主」
呼んでいました。

働く時間が少ないこと、
イコール「ゆとり」のある
生活というのであれば、
こういう人が一番「幸せ」
ということになります。

*この「髪結いの亭主」
 語彙力の乏しい私は
 知りませんでした(後述)


もし、これが正しい生き方
であれば、朝ギリギリから
仕事をして、夕方は直ぐに
飲みに行く社長であっても、
毎日ブラブラしている
「髪結いの亭主」から
見れば、馬車馬とまでは
いかなくても、ロバぐらい
には見えてしまいます。


時間戦略を否定する人は、
仕事や人生に対して
ハッキリした
「目標を持っていない」か、
仮に持っていたとしても
「目標のレベルが低すぎる」
のです。

これを隠すために、表現を
変えて「時間戦略は問題だ」
と、問題をスリ替えている
だけに過ぎないのです。

つまり、本当に問題にすべき
は、その社長の人生目標が
どのレベルにあるか、
そして、その目標は本当に
納得できるものであるか、
と言うことにあるのです。


*若干「社長向け」に変更を。
 (そうなれば、最後の問題に
  すべきことに無知という
  のも追加されるかも)


大本は竹田先生の著書
利益時間戦略』なので、
その著書1983年に出版。

CIMG8053













やはり古いな〜っと思いきや、
1990年にフランス映画で
Le Mari de la coiffeuse
 /髪結いの亭主」(との邦題)
が上映されてました。
日本では翌年の上映

dandad















セザール賞に7部門ノミネート
されたとかで〜有名だった?
この言葉だけでなく、
映画も知りませんでした(恥)

しかし・・・




この予告編を見ただけで
ですが、私には良さ(?)
が全く解りません。

ともかく、物理的な
ランチェスター」とは
対極にあるのだろうと
スルーしておきます。
(失礼)

ちなみに、


◆髪結い

江戸時代から明治にかけての
理髪業に従事する人を総称する
言葉で、現代の理容師のこと。

男性の髪を手がける男の髪結いで
「髪結い床」という自分の店を
持つものは床屋とも呼ばれたが、
女性の髪を手がける女髪結いは
遊廓(遊女は上得意だった)や
顧客の家を訪問していた・・・


・・・江戸時代には
女性の専門職は、髪結いか
産婆などに限られていたため、
妻の収入で楽な暮らしをする
亭主を指す「髪結いの亭主」
という言い回しが生まれた。

ただし、実際に亭主が髪結いを
行っているところもあった。


Wikipediaより


もっと、ちなみに、
都道府県別「髪結いの亭主」
とかまでありました。




トップは鳥取県!?
どうりで・・・

昨日、開催しました
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』第5回、
応用編の客層戦略
今回はZOOM参加のみ。

IMG_6141
















まず冒頭(整合性のため)、
イゴール・アンゾフ氏
成長マトリックスにも似た
縦軸が「客層(市場)」、
横軸が「商品(製品)」との
新商品開発のマトリックスを↓
非関連の多角化チェック
前もってご説明しました。

a89edd2a[1]












その説明を前に
ランチェスター経営(株)
独立起業の成功戦略
DVDも鑑賞しました。

s312[1]










ちょうど、参加者お一人が
つい先日に開催しました
ZOOM勉強会」にも
ご参加いただきました。
(有難うございました)

その時と、少し説明が
重複してしまいましたので、
改めてご参加のご感想を
お尋ねしてみました。


「参加者同士で
 いろいろ意見交換した際、
 先に新商品を発表された
 方が、不覚にも想定外な
 展開になっていたことを
 目の当たりしました。




 今日また同じ説明を聞いて、
 別途DVDも見ていて、
 私自身の新商品も想定外に
 手間や時間がかかっているのは、
 まさに同じ状況にあるのでは
 と思って・・・」


そんな話しをされながら、
再度いろいろ論理展開され
またまた新たな気づきが
あったようでした。

市場性では順調そうに
展開できているようですが、
他の競争相手も全く
上手くいってない状況に、
お聞きしていた私も
妙に納得でした。

お客や営業方法が同じでも
ダメなものはダメなのかと。

暑い中、そんな熱い話しを
お聞きしていたから、
ショック療法」の結果を
お尋ねし忘れたかも。
失礼いたしました。
昨日のブログ参照

50646aaa[1]












ただ、私自身も新商品では
ないですが、新しく作成した
「新商品開発キューブ」?
(新・多角化チェック?)
の資料が想定外に解りづらく
なってしまっていたようで、
改めて↓土台から作り直しを
検討しております。

立方体










*コチラで頭が一杯だったことが、
 お尋ねし忘れた原因なのかも。

先週、開催しました
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』第4回、
応用編の地域戦略

IMG_6135












ZOOM参加の社長様から
の言葉にショックを受けた
リアル参加の後継者の方

本講義が終わってからも、
新たな事業を展開する前に、
竹田先生が「手抜き工事
と呼ぶ実態を、どのように
改善するか質疑&相談など、
そのまま3時間ほど。

DSC01857












若さゆえで疲れを見せず
でしたが、ドンドンと
先代の父親や高齢社員さん
の職人芸にリスペクトを
抱く思いが見え隠れ。
時間と共に、そんな現状を
正当化するような発言に
変わってきました。

DSC01858












これでは元の木阿弥か
と危惧するのと同時に、
中年(おやじ)の私自身、
疲れより徐々に、腰に
違和感を感じ出したので、
ショック療法」を?

bone
















いや、私ではなく参加者に。

50646aaa[1]












DO IT!」シリーズ、
VOL.42 
 ホンダプリモカワムラ
 これが究極アフターケア!」
(現:HondaCars若狭様

DSC01859












鑑賞後、そこまで反応が
無さそうな状況でしたが、


「よくよく考えれば
 ビジネスでは、近くの人
 に支持されることは、
 当たり前ですね」


そう、しっかりと
心に響いたようです。

この言葉に、私も腰の
違和感を忘れるほど
スッカリ・・・でなく
スッキリしました。
合計5時間で終了。

DSC01860












参加者が素直に感じ取った
ことを先代の父親を含め
皆さんにお伝えできれば、
きっと思いは通じるはず。
単に、念じるだけでは
無いでしょうから

*この結果は・・・?
(暑くて尋ね忘れました

↑このページのトップヘ