竹田先生ご自身も以前に、
勉強会の後お尋ねした際


「あまりの急成長な会社に
 関する指標だから、
 それほど注意しなくて大丈夫。
 滅多に必要としない。

 でも、オリジナルだから
 知っとくと役立つよ」

IMG_4488














*旧版『財務戦略』ビデオから。
 (途中からDVD化)


〜とのことで落ち着いた
経常残留率」について。
(正式には経常利益残留率)

part310210










この数値が使われる計算式が
「自己資本均衡の経常利益率」
何のこと?

*時には「自己資本比率均衡
 の経常利益率」との表記も。




ランチェスター経営(株)
メルマガの中で、昔々に
急成長企業は倒産率が高い
で一度だけ話題になった
「急成長会社の
 (自己資本均衡)損益余裕率」

それと同じく(先ほどの)
旧版『財務戦略』ビデオを
何度か鑑賞しましたが、
私自身は「?」のままで
終わってました。

DSC01418

同じ『財務戦略』CD教材では、
テキストに掲載されてました
が、ナレーターの方からの
読み上げは無し。
それほど読み上げるのが
難しいのでしょう。

*そう言えば、同じ旧版
 『財務戦略』カセット教材
 では、そのままテキストに
 記載されてますが・・・
 ただ私は、このカセットを
 聞いたことがありません。
 ちゃんとナレーターさんが
 読み上げているか謎!?
 (手元に↓テキストだけ)

8dbfde95















また改訂され名称も変わった
『資金と経費戦略』DVD
では、とうとうテキストから
姿まで消されてしまい、
一安心して ました。
残念に思って

IMG_4447












が!?

その計算式を、こんなところで
復活させるとは・・・恐!

以前も同様でしたが、
 この計算式は分数が占める
 のでココで示すと、ますます
 解りにくくなるので自粛。
 (近日公開予定?

今月中に開催した
各ZOOMミニ勉強会

↑2とするとZOOMと
  かぶってしまって、
 「2ZOOM」で見づらぃ。

◆会社を活性化させる!
 【リーダーシップ&組織対策

  (その後記後記





◆経営の中で最もウエイトの高い
 【顧客維持戦略◆基礎編

  (その後記




ザックリ内容は何回か
ブログで触れていきました。
後記のリンク先ご参照を。

DSC09754












当然ながらですが、今回
その3つのテーマだった
からかも知れませんが。
ともかく、社長として
継続的に学ぶべきなのは、
リーダーシップ」と
顧客対策」ではないか。
そんな勝手な結論。

また「リーダーシップ」は
後記でも書きましたが、
「学ぶ(学習)」よりも
強制的な「勉強」の方
当てはまるかも。
(だから教材がイイ)

BlogPaint












逆に「顧客対策」は、
「戦略」だけではなくて、
もちろん「戦術」も含め
全社的な実行&個人として
実践も不可欠かと。
だからウエイトが高い

ただ、こんなことを公言
すれば、竹田先生から、


「伊佐くん、間違い!
 社長は経営のフルライン
 を勉強すべし」

lanctaked














〜と言われるので禁句。
(事実、言われました)
コッソリ、今後の勉強会
ご説明していくことに。

それよりも、まだまだ
頭が整理できてないので、
軽めに「結論」のみで終了。
(年末に続く?)

本日、開催しました
◆経営の中で最もウエイトの高い
 顧客維持戦略◆基礎編
 ZOOMミニ勉強会。




最初、私が開始時間を
1時間も早くに勘違いし、
ズ〜っと待ちぼうけ状態。
それだけでなく、参加者が
ZOOMで画面共有した
瞬間に消えてしまったり
ハプニング続出でした。
失礼しました。

そんなハプニングが
多かったせいなのか、
思ったより意見交換が
少なくなり残念。
またの機会の課題に。

BlogPaint












ともかく今回も「結論」を
しっかりお話しして終了。
ご参加を有難うございました。

1位有利の法則(1位効果)
により、1位に近づいていく
過程で「顧客戦略」は
欠かせません。
やはり、竹田先生ご自身が
顧客対策が1番と強く
仰っただけあります。

本気で1位を目指すなら
全社的な「顧客戦略」の
実践が必要になります。

*戦略的にも必要だから
 顧客対応でなく戦略。

DSC05546












追加で、もう1つ残念な
ことに「ゴンザ虫」を
鑑賞するまでの時間は
足らずで、それを口頭で
ご説明しても「?」状態。

すごく中途半端で、申し
訳ございませんでした。

DSC05491












*やはり、旧版『顧客戦略
 DVDの↑あのシーンは
 ピカイチですね〜納得!

*何となく私自身の頭では
 整理できましたが、これを
 第3者にご説明したときは
 モノ凄く苦労し・・・驚!?

DSC01416












先日のブログで書いた
(少し脱線ネタでしたが)
日本テレビ系列で放送してた
番組『カズレーザーと学ぶ!
での内容に関して。

kazutomm












それを、ある意味で最近、
特に竹田先生が繰り返す話す、


「(車を運転する話題から
  転じて)経営でも
 『え〜っと・・・』と
 考えてしまっては
 良い知恵が生まれない。




 考え込まずに
 スースースーっと
 イメージが湧くと、
 独自の知恵が生まれる」


〜に通じた内容だとも
書きましたが・・・違う
ような気がしてきました。

そう思って調べました。
ご参考までに、


◆「直感」と「直観」の違いとは?
 【人生と直感の驚くような話




・・・「直感」は無意識です。
そして「直観」には、
意識が存在します・・・


*サイト「NomarkLog」より。


そうなると、恒例の
年末「計画勉強会」で、
事前チェックシート
として参考にしました著書、

「計画力」を強くする
 あなたの計画はなぜ挫折するか
 著者:加藤昭吉氏
 (講談社ブルーバックス

667510f5
















ココで引用する文章自体も、
意味が違うような気が・・・


「直感(感じる思考)を磨く」


 直感によるヒラメキは、
 その問題についての
 基礎となる論理的思考が、
 どれだけ身に付き
 経験を積んできたかに
 かかっている。

 直感は外れることも
 あります。それを防ぐのが
 論理的な思考です。

 直感力を磨くためにも、
 論理的思考を鍛える必要がある。





そう&こう考えを巡らしている
間に、先場所に優勝した玉鷲関
あっけなく負け越しを?

mawasiwasi
















再びの驚!?

先週に開催しました
◆会社を活性化させる!
 「リーダーシップ&組織対策

 ZOOMミニ勉強会。
 



その「弁護士さんと学ぶ」で
ご一緒に勉強した、後半の
組織戦略」に関して。

part3_09_210[1]










ただ、その弁護士さんが
まだ10人以下の少人数な
会社組織で運営でした。

そんな少人数の状況を、
竹田先生がストレートに
旧版『組織戦略』DVD教材
(当初はビデオ教材)
の中で説明されているが、


◆第5章 組織作りと社長の実力


はじめに

従業員が10人以下の場合は、
組織作りなど大袈裟なことを
言わなくても経営が出来る・・・





そんな少人数のチーム型
組織で運営されていても、
欠点(課題)が生じます。


◆チーム型組織


社長が特別忙しい

⊇抄醗が高いレベルに育ちにくい。

社長がこけると皆こける


そんな打開策をいろいろ
意見交換しました。

その後半は「外部も組織」の
応用で進行する予定でした。
ただ、旧版『顧客戦略』DVD
の「ゴンザ虫」ばかりを
何度も鑑賞する訳も
いかないので割愛。
結論だけお話して終了。

DSC05546












本当、チーム型組織の欠点に
ある「トップが特別忙しい」の
ようですから、今回の内容を
活かしていただきますよう
よろしくお願い申し上げます。




*やはり「顧客戦略(対策)」が
 経営の中で最もウエイトの
 高いことを実感でした。

毎年末の竹田先生セミナー
前座となる「計画勉強会」。

その案内文を作成中、
ピッタリなフリー素材を
発見したのですが・・・

85308
















2年前の年賀状」の素材でした。
非常に残念。

このまま勘違いをしたふりをして
来年の年賀状に使おうかしら。




こちらも、暗礁に乗り上げて
しまってますから(苦!)

ご要望もあって、2日続けて
開催することとなった
◆会社を活性化させる!
 「リーダーシップ&組織対策

 ZOOMミニ勉強会。
 



2日続けての開催したのは
リーダーシップ」のみ。
しかも、初日は弁護士さんと
ご一緒ではありませんでした。
(しかもリアルで)

DSC01913












ちょうど予定していた前日の
ランチェスター経営ジム
リアル『戦略社長塾』に
ご参加の方から、


「・・・ところで、
 明日の勉強会ですが
 どうしてもスケジュールが
 合わなくて参加できません。
 若い社員への教育で
 悩んでいるだけに残念です」


〜とお声をいただきました。

そのお声もあって、また
もう1人の参加者からも
以前お聞きしたいと仰って
いた「リーダーシップ」に
関する内容を、緊急で
ご説明いたしました。

s315[1]

ただ、鑑賞する予定だった
ランチェスター経営(株)
DVDは、2巻あるうち最初の
1巻目を見ただけで、お二人
とも「驚!?」の表情に。
そこでの逆転現象を詳しく
解説したくらいで終わって
しまいました。止む無し。

s217[1]

逆に、翌日ご一緒した
弁護士さんは時間の関係で
DVD鑑賞せずに終了。
組織戦略には言及)

ただ、脱線ネタで用意した
日本テレビ系列で放送してた
番組『カズレーザーと学ぶ!
での内容はご紹介しました。

kazutomm












今回の内容に必要だったか
どうかは微妙でしたが、
ある意味で最近、特に
竹田先生が繰り返す話す、


「(車を運転する話題から
  転じて)経営でも
 『え〜っと・・・』と
 考えてしまっては
 良い知恵が生まれない。




 考え込まずに
 スースースーっと
 イメージが湧くと、
 独自の知恵が生まれる」


〜には通じた内容だと
お墨付きをいただきました。
有難うございました。

DSC09755












どちらの日でも、最初に
「結論」をご説明しました。
ですから、情報がテンコ盛りの
論点が解らないような内容に
ならず落ち着きました。

その結論ですが、たとえ
少人数の会社組織で特に
1人起業家であっても
ランチェスター経営(株)の
リーダーシップ戦略」を
勉強する・・・だけではなく、
戦略的にも勉強すべしだと。
ご確認ください。
(細かく言えば「学習」では
 なくて「勉強」ですね)




*追加事項もありましたが、
 それは今後の勉強会にて。

↑このページのトップヘ