現在、開催してます
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』では、
客層戦略」とのテーマも
勉強するカリキュラムに
含まれています。
(第5回・応用編の◆




ところで下記は、コロナ前に
備忘録で、その「客層戦略」を
勉強する上でのポイントとして
要約した内容から、少し改訂
加筆させて引用しています。

▼「竹田経営システム8大要因

竹田経営システムz











その残された最後のパーツが
「客層戦略」なのかも・・・


◆「客層戦略」を
 勉強する上でのポイント



この「客層」というテーマは、
ランチェスター経営(株)
教材で、ほとんど詳しく
説明されていません。

そのため、誰でも思いつきそうな
客層に絞り込んでいる会社を
往々にして目にします。

また差別化して絞り込んでいる
つもりでも、その客層とは食い
違った集客や接客を展開
(それらを総じて営業戦略
してしまい、競争相手との
同質化となっているのが
現状ではないでしょうか。

そして結局は価格競争に・・・


そこで、購買基準や購買動機の
差が生じる「所得」と「世代」を
条件に、大手企業ではマネが
出来ない中小企業ならではの、
価値で勝負するのが
「客層戦略/富裕層戦略」です。

そんな「値段を聞かない」
富裕層向けの戦略とは?


dd45cc83


















4つの所得層

・スキミング層

・イノベーター層

・フォロワー層

・ペネトレーション層



DSC09008














*写真は↑2017年末
 開催した「計画勉強会」より。


この途中に示しているように、
「値段を聞かない」富裕層

それが、その上の客層となれば、
「値段しか聞かない」と?

そんな実態に基づく仮説を
先日、お聞きしました。
驚くようなことなのですが、
今後の検証内容にご期待。

zomm














なお、先月まで『戦略社長塾』
を受講されていた社長様も、
その場でご一緒でした。

その社長様は『戦略社長塾』
受講時に、その内容に対して、


◆ランチェスターには
 「客層戦略」とのテーマがあったんですね






〜とのご感想でした。

それが、今後の検証結果で、
「超・富裕層戦略」との
テーマもあったんですね
に、
変わる可能性も大です。

その検証段階に携われるよう
いろいろ模索中です。
頭だけ独り歩き・・・

053a42d2-s












私の独りよがりな考えにならぬ
ように、近々「声」をお聞きに
動こうと思います。ご協力を
よろしくお願い申し上げます。
なお、お一人からは既に
いいね!」を貰っています。
ご本人ではございません

先週からスタートしました
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』新コース。
(オンライン開催)

コチラに「あの資格」を
お持ちの方が初参加となりました。
ご参加を有難うございました。

kame200
















連載は終わりましたが、有名な
こちら葛飾区亀有公園前派出所
両津勘吉(両さん)
同じ資格の保有者です。
もちろん「警察官」は職業
なので資格ではありません。




危険物取扱者ではなく、
宅地建物取引主任者でもなく、
衛生管理者でも、
気象予報士でも、
ボイラー整備士でも、
電気工事士でも、
自動車整備士でも、
鉄骨製作管理技術者でも、
潜水士でもありません。

これだけ持つ両さんって・・・

youkanu







なお、カタカナ系を除いて、
社会保険労務士や
公認会計士、行政書士、
税理士、土地家屋調査士、
弁護士、司法書士に
不動産鑑定士の方々には
過去ご参加いただきました。

*カタカナ系の資格は
 社名や業務内容などから
 お持ちかどうか不明であり、
 資格数も多く除外(ご了承を)

takos












当該の資格を取得するとか
目的とはせず「勉強した」と
仰った方は多くいました。

竹田先生も「勉強した」
勘違いされたように本で
書かれたこともありましたが、
ご本人から強く拒否を。


東京商工リサーチ時代に、
 中小企業診断士の資格が法令化
 され(昭和38年)、
 周りで話題になったので、
 テキストを少し目にしたけど、
 余りにも学校の勉強ぽくて
 拒否反応を覚えて、
 それっきり見ようとも思わない。


1869d1a3























 これはドラッカーさんの本のことよ。
 私は運転免許以外、
 何も資格も持ってないし」

914f4155[1]


ともかく、かなりの勉強を
しないと取得できない
資格だと世間では認識
されているのは事実です。

両さんも相当か・・・



ご参加いただいた社長様は
それ相当に資格取得用の
勉強をされたとのこと。
それもあってか、頭の回転は
両さん以上の速さでした。

もちろん、この社長様も
マンツーマン開催
非常に喜ばれました。
有難うございます。

本日、天神近郊での雑用を
終えてバタバタと早足で
事務所に戻る途中のこと。

車も通らないような細道で、
大きなリュックサックを
道端に置いて、何やら
隠れるように頭をうなだれ
電話をしていた人を発見。
「バッテリー」云々との
言葉がチラチラと。

道端に置かれていた
大きなリュックサックには
てっぺんに突起物が付き、
背後に「Google Maps」
との言葉が書かれてました。

▼こんなリュックサック▼
 (CNET Japanより)




どうやら、グーグルgoogle
ストリートビュー用
撮影機器を持った人みたい。

しかもバッテリー切れ?

glglglg












あんな細道までも撮影を
されているようで、今回は
「私」は写らず残念な・・・

いや、ちょうどトイレに
行きたくて前かがみ気味に
早足だったので(失礼)、
そんな状況が今後ズ〜っと
残されると、大恥!?

バッテリー切れに感謝。

そんなバッテリー(Battery)
と言えば▼コチラ▼ですね
(途中からの大音量に注意)




世界的に最も成功を収めた
ヘヴィメタルバンドであり、
元・タモリ倶楽部での
空耳アワーで常連だった
メタリカMetallica

mastermetll
















3作目『メタル・マスター
Master of Puppets)から
バッテリーBattery

先月まで、ZOOMでの
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』を受講され、
修了された社長様から、
受講のご感想をお聞きする
機会がございました。




まだ今月からの『戦略社長塾
お申込みを受付中ですから、
ご参考でご紹介いたします。


竹田先生が説明される
 ランチェスター経営
 『弱者の戦略』では、
 確かに会社が生き残るのは
 可能。それは実感した。

 では、会社を大きくするには
 どうすればいいか?
 そこまで見い出せずにいた。


201912zu
















 そんな中、自分でも
 ネット広告など考えて
 費用を多く出せば、
 かなり実践が上がっていった。

 そんな状況が、まさに
 参加した『戦略社長塾』の中で
 説明されていて納得だった。

 これが中小企業でも、
 何らかの局面で
 『強者の戦略』
 取り入れていかないと
 成長できないと
 説明されることだと確信した






 市場占有率(シェア)に
 おいても、段階に合わせた
 戦略を取り入れていかないと
 ダメなんだとの説明も
 腑に落ちた。

 それら新たな視点を
 得ることが出来ました」


もちろん、この社長様は
毎回、マンツーマン開催
喜ばれていました。
有難うございました。

m2mdf2
















それよりも、今後は
グループコンサルティング的
社外取締役会議」の時間を
もっと喜ばれることかと。

業界平均1.5倍超の
1人当たり粗利益」を
目指されるのではあれば
当然なのかと・・
有難うございます。

IMG_0324
















そんな同じように
「1位を目指す」社長様、
まず『戦略社長塾』から、
ご参加をお待ちしております。

今週からスタートしてます
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』新コース、
どうやら今回も全て
ZOOM開催になりそう。

しかも、全てご参加の
コース(曜日)が異なり、
このままマンツーマン開催が
続く恐れがありました。

zomm














本日の参加者からは、
そんな状況に、


「マンツーマンですか?
 何と贅沢な〜ぁ。
 有難うございます」







〜と仰ったのも束の間、
第2回以降ご参加される
スケジュールがバラバラで
かなり苦戦して調整を。
それでも、ポツポツと
マンツーマン開催に
なりそうです。

m2mdf2
















過去、マンツーマン開催を
喜ばれる参加者からは
矢継ぎ早に本題から離れた
ようなご質問まで投げかけ
られるケースが多々あり、
いつも体力的に限界と
なってました(笑)

とは言え、参加者には
すごく喜んでいただけます。
また、私自身も勉強になる
ので有難いことです。


その典型的なケース

◆「ランチェスター」に関して
 長い間いろいろ勉強した中、
 疑問に思っていた点が
 一気に解決しました

 (ランチェスター・7つの疑問?)









その後も同様に

5月27日(土)開催(済)
 「間違いだらけの
  ランチェスター経営戦略」研究会
 &竹田先生セミナーへ参加申込者からの
 【熱いご質問】








この方毎回5時間弱の頃も▼

◆1位主義を貫くには「仮説」して
 「実感」してから「検証」の流れで







逆に、マンツーマン開催を
嫌がられる参加者は・・・

IMG_4578












ズバリ!社員の方。

リアル開催の場合、
終わったら直ぐに帰る
準備を始められてました。
オンラインの場合は
直ぐにZOOM切断を。

ただし、後継候補者を
除きますので念のため。
(含む場合もありましたが)

69d126f6[1]











ところで、本日の開催では、
残念ながら終わった後に
続く予定があったよう。
その分、途中休憩なしで、


「残念ながら終了」


〜と仰って消えていきました。
ご参加を有難うございました。

その分「宿題」とは呼ばない
「これだけ調べましょう」な
課題が多々出てきて・・・
よろしくお願いいたします。

Amazon-logo-RGB










(ご存じな方も多いかも)
今回のブログ・タイトルは、
どちらが衝撃的でしょう。


◆米アマゾン、1万8000人以上を人員削減へ 
 経費削減のためとジャシーCEO



(この記事の中で)
アマゾンの従業員は全世界で
150万人に上る・・・






BBCニュース(2023年1月5日)より。



◆労働者のうち169人に1人がAmazon従業員に


アメリカで最も従業員数が多いのは、
160万人の従業員を抱える
スーパーマーケット大手の
ウォルマートであり、
Amazonの従業員数はこれに次ぐ数字。
なお、全世界におけるAmazonの
従業員数は130万人となっています。






GIGAZINE(2021年08月02日)より。



◆Amazon.comの従業員数 2023年


2007年〜2023年 アマゾンの総従業員数

アマゾンの従業員数は、
2021年にピークを迎え、
当時は160万8千人の
フルタイム・パートタイム従業員
(外部の契約社員を除く)が
働いていました・・・






Statista(2024/03/22)より。


ちなみに、先月末に開催
竹田先生セミナー」、
その終わってから
1時間超もの質疑応答の際、
竹田先生からの急な問いに、
ご参加された社長様が即座に
調べてお答えになったのは、
一番上の「150万人」。

これには竹田先生も驚!?

20244278











ともかく、臨機応変な
対応で大変助かりました。
有難うございました。

「その」ことを受けて、
竹田先生が話されたのは、


「普通の人を集めて、
 儲かるような仕組みを
 作るのが一番かしこいと
 ドラッカー先生も仰っていた。
 それが(調べて貰った)
 アマゾンでしょう・・・」
 

竹田先生が仰っていた
ドラッカー先生の著書は、
たぶんリーダーシップ
関して触れている
現代の経営』かと。

gengendr












それとも、その当時の本を
総じた『マネジメント
くらいでしょうか。
(ほぼ同じ事を語ってます)

dmane












これは先日のブログでも
ご紹介しましたが、


◆業績の何割が社長1人で決まるか
 「規模で変わる社長の役割」


IMG_4523














よくご紹介してます
 ランチェスター経営(株)
 旧版『戦略☆名人』DVDより。


〜からすると、ある程度の
従業員数の中小企業なら
社長がしっかりとした
仕組みを作ていないと
会社は回りません。

そうでないと、いつまで
経っても社長も「戦術」で
ヒーヒー言いながら・・・

竹田経営システムz











蛇足ながら、amazonクラスの
大会社なら*社長の役割は?
「願望」を突き抜けて・・・
戦うこと?(後述 ↓)

それでも従業員の5%くらいで
業績の96%が決まるほどかも。
これは中小企業と同じ割合か。

*もっと蛇足ながら(失礼)
 ▼アマゾンの社長?

kakamazok
















締めも先日のブログと同じ?

だから、中小企業でも
まずは経営戦略を体系的に
学び必要があるのです。




今月からスタートします
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』、
途中からのご参加もOK、
お待ちしております。

そうでないと、いつまで
経ってもヒーヒー・・・
(私が?失礼)

ネタはあるが、別に長文を
書いたので、これ以上の気力が
無くなったので(失礼)

20244271











先日のブログに引き続き、
今回も先月末に開催しました
竹田先生セミナー」で、
ほぼ使わなかったレジュメ
その中から、折角なので
ランチェスターと言えば
自動車」でしょう(違う?)

ed7ab980












その特集です。
(目立たせてます)


◆弱者は強い会社を攻撃しない


 自社より大きな会社を攻撃すると
 カッコ良く見えるが、経営で
 特別な対策を取らなければ、
 会社と会社の真の力関係は、
 投入される経営力(戦術力)の
 2乗に比例する【大原則】ので、
 効率がひどく低下する
 (例えば、スーパーの売上高は、
  売り場面積の2乗に比例)。

 倒産する原因の7〜8割は
 こうなっている。

 少し昔の、トヨタと日産。
 市場占有率は長い間2対1になっていた。
 ところが日産はトヨタを攻撃目標に
 していたので、従業員1人当りの
 経常利益はこの2乗の4対1に。


 では弱者や競争条件が不利な会社は、
 どんな会社を攻撃してお客を
 増やせばよいだろうか。

 競争目標と攻撃目標の分離をはかる。

ー卍垢猟が遅く、本気で経営に
 取り組んでいない会社のお客になる。
 2代目とか3代目に多い。
 交際費をジャブジャブ使い、
 高級車に乗ってムダ使いをしている
 こうなるとお客は不満を持っているので、
 正攻法で開拓すればお客が増やせる。
 但し急ぐと値崩れするので、
 急がないこと。

⊆卍垢公職・名誉職に
 のめり込んでいる会社のお客になる。
 お客活動の仕事は放任状態のため、
 お客は不満を持っている。

1麒にある会社が
 納品しているお客になる。
 遠い会社に販売すると、
 納期をはじめ、その他のサービスが
 悪くなるので、お客は不便に思う。


最初は「自動車業界」の話題でしたが、
その後さり気なく触れてました。
この辺りは『戦略☆名人』から。

f9ff298b












続いて「差別化」の説明があった後、
次に「細分化」に触れる中で、


◆有利な目標の発見は細分化して考える


 競争力がある強い商品や
 1位の地域を作るには、目標を
 いくつかに分けて検討すると見つかる。


‐ι覆蓮⇒囘喨漫価格別、好み別、
 サイズ別、客層別などに分けていくと、
 自社にとって都合がよいものが
 見つかることがある。
 何か特徴があったり、特殊用途や
 〇〇専門・〇〇専用だったり、
 受注生産など。

 これを厳密に実行しているのが
 自動車(車種)になるので、
 商品の細分化の研究には
 自動車が役立つ。
 ただし、社長自身が乗る車は
 ムダに高級車にせず。
 車で差別化は禁物。



竹田先生的には「商品の細分化」
の研究開発費で、高級車は
認められないようです。


◆弱者は軽装備を守る


 兵力数が少ない軍隊が兵力数の
 多い軍隊に勝った例を調べると、
 兵力数が多い軍隊が陣を組む前に
 先制攻撃を加えている。
 経営も同じ。小さな会社は、
 軽装備の原則を守る必要がある。


/佑稜枴。

 会社の中には粗利益を作る仕事と、
 そうでない仕事がある。
 経理は必要であるが粗利益は
 作らないので、人数は少なくすべき。
 また、組織の階層を少なくし、
 管理者の人数も少なくする。
 人事制度・賃金制度は複雑にしない。


∋餠發稜枴。

 限りある少ない資金で競争力を
 強くするには、粗利益を生まない
 事務所、備品、社長の車など低く
 押さえ(車の買換えもホドホドに)

 粗利益を生むものに多く配分する。
 在庫が必要なら多く持ち、
 納期を早くする。


7佝颪稜枴。

 経営やお客作りに直接関係ない、
 ◇◇会の会費、雑誌、広告、
 販売促進費はカットする。
 その分をお客作りや
 研究開発費に投入する。


ぜ己資本比率が25%以下の場合、
 社長は生活費を押さえ、余った
 お金は貯金し、会社の経営資金に
 回すようにしないと、
 資金繰りが楽にならない。
 性格的に派手好みであったり、
 浪費癖のある社長は要注意。
 ギャンブル依存症も注意。


このカッコ書き()部分は、
過去のセミナーで竹田先生が
口走った内容だったと。

そんな自動車関係よりも、
締めに時事ネタを入れてますが、
スルーされると意味なし(涙)


◆弱者は調子に乗るな


 弱者の経営戦略を学習し、
 これを2年、3年、4年と
 実行していると、突然
 従業員1人当たりの経常利益が、
 業界平均の2倍とか
 3倍多くなる会社が出てくる。
 こうなると社長の気が大きくなり、
 高級車を次々と買い替えたり
 豪華な自宅を建てたり、
 都心に自社ビルを建てたり
 買ったりする人が出る。
 しかし、思わぬ所から
 競争相手が出てきたり
 経済環境が変わったり
 自然災害などで、あっけなく
 倒産した会社が少なからずある。
 自社ビル建設3年殺し

 こうならないため原則とは別に
 弱者は調子に乗るな、
 小さな成功で経営内容を変えるな、
 小さな成功で生活内容を変えるな、
 高級車にも乗るな
 を付け加えておきたい。


ココのカッコ書き()部分は、
レジュメには無く、今回の
ブログで付け加えました。


◆「弱者は調子に乗るな。
  小さな成功で高級車を買ったりするな」
 と竹田先生に言われてから
 車を買換えてません。








〜と仰っていた社長様が、
今回セミナーにご参加される
とのお申し出がありました。
だから、ココだけでなく、
他でも多数、付け加えました。
(多すぎ?)

ご参加を有難うございました。

↑このページのトップヘ