先月末に、10数年来の疑問を
解決しようと思い立ちました。

疑問の発端となる「ある本」を
買えば、(たぶん)ある程度は
解決するでしょうが、どうも
その「ある本」(その著者?)
を好きになることが出来ず。
(失礼)

15年以上前に出版された
その「ある本」は文庫本化
までされており、世間に
広く知られてますから、
私が食わず嫌いな気持ちで
いるだけかもしれません。

ともかく、そんな世間に広く
知られているのであれば、
わざわざ買わなくても
立ち読みで済ませてしまい、
それでOK!との貧乏根性で
近隣の本屋さんを一巡&二巡。
(失礼&失礼)

探しきれず・・・数日後。


仕方なく、ネットの中古本
でも手に入れようと検索。

最初に出版された単行本は
かなり安い値で探せましたが、
かなり分厚そう(&重そう)で、
しかも表紙に著者がデカデカ
と・・・当然スルー。

その10年弱経って出た
文庫本なら「調べ物」で、
持ち運びしやすいだろうと、
安値を探し求めました。


「帯なし、キズあり。
 表題カバーにハッキリ
 書き込みが見られます」


コレは「調べ物」用なので
止む無しとして、それを
注文しました。

IMG_5542
















届いた文庫本ですが↑
それでも分厚かったです。
持ち運びにくいですが、
早速、疑問解決の糸口を
調べています(付箋が多)

IMG_5543
















とある純・日本人が書いた
英書英文)と比較しても、
同じくらいの厚さです。
ハードカバー分を差し引くと
逆に分厚いかもです。

IMG_5541
















このアメリカ人が書いた
日本語による「ある本」ですが、
いろいろ調べ中、しばらく後
気づいてビックリ・・・
















James(ジェームズ)
 とサイン付きでした↓
 (****さん宛?)

IMG_5544




















確かに「表題カバーに
ハッキリ書き込みが
見られます」です。

食わず嫌い的な印象から、
思わずサイン本コレクター
血が騒いでしまいました。

あまり嬉しくはな・・・
それよりも調べ物です。

*冒頭の疑問に対する調査結果
 が判明すればご報告します。
 (少々暗礁に乗り上げてます)

さ〜って、ZOOM勉強会
開催しよう!と準備した瞬間、
いつもと様子が異なることに
気付きました↓

IMG_5531












本当は「いつも」では無く、
ほんの数日前と異なります。
証拠写真がコレ↓

DSC01450












TVモニターの電源が
付いてる・付いてないの
違いとかでは無く(当然)、
PCモニターの右横側に
違いがございます。

そうです。

「これは便利」と自慢気に
1年前のブログでもご紹介した
ダイナブック(dynabook)付属、
アクティブ静電ペン】が
もぎ取れてました〜ショック!




1年と数カ月しか持ちませんでした。
IT機器類の寿命は短い・・・
(使い方次第?)

ペン自体は、後からカバンの中で
発見したので良かったですが、
これからは思い出して使うよう
少々邪魔くさくありそうです。
(思い出さなかったら使わない)

IMG_4891












同時に、2年ほどしか持たずに
終わった別物に、ここ数日
振り回されております。

IT機器類の寿命は短い・・・
(コレも使い方次第?)

今回もZOOM開催だけに、
全く写真が撮れないままの
(というか忘れてしまう)
現在の『戦略社長塾』、
その2回目。

参加者に、鑑賞された
DVDの内容を覚えているか
どうかなど確認するために、
口頭で簡単なテストをした
昨日のブログの)続きから。

DSC00403












まず、意表を突いたような
(容赦ない)ご質問をした
次からは、少し反省して
お手元のDVDテキストなど
見てもOKとした上で、
いろいろお尋ねしました。

すると、意外に(失礼)
ほぼ正解な言葉&文章が
スラスラ出てきました。
(もちろん見ながら)

ランチェスター経営(株)
お手軽なCD教材
竹田先生市販本などでも
以前から勉強されていた
ことはあるでしょうが、
さすがでした。

DSC00535










最後に改訂版『戦略☆名人』
から再び、事前にページ数も
伝え、その部分を開けながら、


「(ランチェスター
 第2法則は双方の力関係が
 2乗になるが、なぜ2乗に
 なるかは次のことで解る、
 として、テキストでは続けて
 分数計算などが書かれています。

 (それを確認いただいた上で)
 その『なぜ2乗になるか?』を
 分数計算で証明してください」


すると、その部分のテキスト
を何分間か熟視された後、


「・・・解りません。
 しかし、そんなマニアックな
 問題、出す方が嫌らしいですよ。
 性格が悪いですね」


〜のようなご返事でした。
(もちろん笑いながら)

こちらも少し笑いながら
お詫びしつつ、すかさず、
今では誰も噂しない(?)
ランチェスター戦略の
 理解度検定』(↓案内)
それを画面共有させました。
(まず、制作者を確認)

DSC09413




















その中から、先ほど
「マニアック」と言われた
問題をご覧いただきました。


ランチェスター第2法則において
なぜ2乗になるか?」を
分数計算で証明せよ





それと同時に、2年前の
平成最後の日にユーザーの方々
限定で隠密裏に、竹田先生による
社長は戦略の有段者を目指せ
特別セミナーを開催します!

DSC00177












〜と呼びかけておいて、
実は、(本当に)秘密裏に
この『理解度検定』を実施
したことなどお伝えしました。
(&制作者を交え、答え合わせも)


「こんな難しい問題、
 解けないと思います。
 誰も正解しなかったでしょう?」


いやいや、侮るなかれ!

DSC00149DSC00145







当日、皆さんが頭を抱える
中、そんな問題に対して、
ホワイトボードを使って
スラ〜スラ〜スラ〜っと
ご説明されるだけ地頭力の
持ち主である方もいた件も
チャンとお伝えしました。

参加者はその話をお聞きして、
かなり顔を青ざめながら、


「そんな方と
 同じ商売をしなくて
 良かった・・・」


確かに〜私も思いました。
(資格も無いし)

86%

















ただ、その当日、95点の
最高得点だった社長様が
1年後にはスッカラカン
忘れてしまったりしたことも
チャンとお伝えしました。

参加者の顔に少し血の気が
戻ったように見えました。
(通信環境のせい?)

DSC01450












ともかく今後、DVDを
1回(1度)とは言わず、
2度3度と強制的にでも鑑賞し
続ける仕組み(仕掛け?)を
作るようアドバイスも追加。

もちろん、この『戦略社長塾
でも、継続的にテストをする
仕掛けを設けております
楽しみにご参加ください。
(楽しみなのは私だけ?)

今回もZOOM開催だけに、
全く写真が撮れないままの
(というか忘れてしまう)
現在の『戦略社長塾』2回目。

終わって↓思い出し1枚。
(画面しか写ってません)

DSC01450












参加者からの近況報告で、
2回目にして、


「昨年末くらいに購入した
 DVDを、ようやく
 一通り見終えました」


何と!?

実に、ご購入から半年
費やしての結果でした。

ただ、参加者ご本人は
かなり充実感を抱いており、
特に改訂版『戦略☆名人』
「社長は時間戦略を実行」
から長時間労働もそうですが、
大量の研究時間が必要との
ことを合わせて、


「・・・やはり社長が
(「多く」&「朝早く」)
 一番に仕事をして
 一番に勉強しないと、
 業績は良くならないと
 言われた通りですね」


〜と満足気味に一言。

また、鑑賞される途中まで
納品時、テキストもチャンと
同封されていたのを気付かず、
このケース多いような?)
別途ノートにびっしりと、
青ボードの文字などメモって
一言一句覚えようと必死。

そこまでのヤル気、
しかと感じ取りました。

DSC00403












そんな参加者に、鑑賞された
内容を覚えているかどうか
など確認するために、口頭で
簡単なテストをしました。
(抜き打ちでなく事前告知あり)

まずは、鑑賞されて後半は
ちゃんとテキストも使い
見ていたとのことでしたので、
改訂版『戦略☆名人』の
テキストの表紙に、
何が書かれていたか?
サブタイトル


「いやいや・・・
 覚えよう!っと
 頑張って勉強したのは、
 あくまでDVDで
 説明していることなので、
 全く解りません」


粗利益純利益の差があれど、
前回の『戦略社長塾』初回で、
一番インパクトがあったと
話されていた内容に近い
文章だっただけに残念。

DSC00535




















そんな「やり取り」、
長くなりそうなので以上。
(続きは明日のブログに)

私には全く関係のないことなの
ですが、こんな「お知らせ」が
届いてました。


喫煙場所のマナーについて

(途中まで飛ばして)

IMG_5529



















・・・つきましては、
喫煙をされますテナント様に
おかれましては、喫煙場所の
利用について今一度見直しを
お願い致します。

今後改善が見られない場合は、
火災防止の観点から非常階段での
喫煙をお断りさせていただくことも
検討させていただく必要があります
ので、ご理解・ご協力の程どうぞ
よろしくお願いいたします。


ランチェスター経営(株)
SASAビル会議室が入る
オフィスニューガイアSASA薬院
(旧・SASAビル)では、
今まで「完全全館禁煙」だと
聞いてきたのに、いつの間に
妥協していたのか〜不明です。

全館禁煙











そこまで非情になれなかった
のかも知れません(失礼)

その反面「非常階段」から
火災とかになれば、過去の
「おしっこ」事件以上に
非常識とのレッテルを
貼られてしまうかもです。




ご注意ください。
(誰に向けて?)



お元気ですか?

新刊がでました

ご笑納下さい!!




これ売れると次が
またでるから
売れるといいなぁ


コロナにまけずがんばりましよ


そんなポストカードと、
出版PR文と共に、
本が贈られてきました。

IMG_5525




















私に「社会人公務員」でも
ススメようとするのでしょうか。
(あり得る話?)
ともかくPRします。

合格率99%!
 鈴木俊士の公務員教養試験
 [一般知識一問一答]

IMG_5524
















ランチェスター経営(株)
浜松市の代理店さんである
【公務員学院
シグマライセンススクール浜松
校長(代表)で、本の↑
タイトルに著者名が入っている
ので、別段ご紹介せぬとも
OKでしょうか。





10数年前にも処女作を↓↑
ご紹介しましたが、これで
かれこれ20冊以上も!?

hamazy












*処女作↑では、100%?

とにもかくにも、代理店業務
とは全く別次元に位置される
方ではありますが(失礼)、
この方がいなければ、

*正しくは、この方の知識
 &知恵が無ければ〜です。
 (とてつもない読書量)

竹田先生の悩みが解決せずで、
教材化できなかったモノが
多々あったのは事実です。

証拠として残っているのが、
この「神頼み」くらいですが。


◆神頼みについて

「私が(目標を)達成するために、
 このような事(手段)を実行します。

 それ(手段)を実行しなければ
 いかなる罰を受けてもかまいません」


「決して他力本願で(目標を)
 達成するよう、神様に
 頼むようなことではない。

 それ(手段)を実行すれば
 (目標が)叶うことも
 自分自身で考えて、
 それ(手段)を実行することを
 神様と約束する」

 とのことだと。




*その結果として、
 教材『差別化学習法』などの
 内容に活かされています。 


確か「理念(イデア)」とかの
正確な意味も、この方から
だったような記憶あります。
間違っておればスルーを。


※これは創業40年になる
 来年に作る予定でしたが、
 コロナの関係で暇になった
 ので1年早く作りました。
 (一部、漢字に変更)


当初は、このような自虐的な
注記付きの案内に、その存在も
封印して「無かったこと」に
努めてましたが、今はもう誰も
噂にしない(?)新教材
『竹田陽一の営業昔話』CD

IMG_5470












そのテキストを読む限り
「40周年」云々の記述は
どこにもありません。
また、まだ試聴版CDも
私に回ってきてませんので、
聞いていませんが、出荷前の
CD本体をチラっと見た限り
「40周年」云々の刻印など
記述もありませんでした。

竹田先生が創業されて
40周年だから、その記念で
作ったCDではありません。

IMG_5512












そんなヤワな内容でも無く、
案内にも書かれている
ように、あくまで、
(ただ、その記述が短い)


・・・(これら)私が体験
した中で大事なところは、
ランチェスター戦略
経営の原則で処理して、
中小企業の社長の経営に
役立つよう・・・

(案内ではランチェスター法則
 と、販売力強化に応用↓)

IMG_5473























*案内だと短く解りづらいので、
 テキストより引用しました。


そのような教材なのです。
ご安心願います。

また、お解りだと思いますが、
このタイトル(副題)は、
CDの中でも紹介される
フランク・ベトガーさん
私はどうして販売外交に成功
 したか』(ダイヤモンド社
をリスペクトしての表記。
決してパクリではありません。

ベドガー本










こんな解り切ったことを
改まって述べるのも、
下記を再確認するためです。

これは↓以前にもご紹介した
旧版「顧客戦略」CDから
一部を手直しして引用。


◆創立記念行事の目的は「初心忘れず」にある

 創立何周年記念の行事は、
 あちこちの会社で行なわれています。
 販売先や仕入先、それに銀行などの
 関係者を招待し、行事の主役は社長です。

 ところが、中には「社長の自慢話」を
 するために、販売先の社長を
 集めたのではないかと思えることが、
 しばしばあります。
 ひどい場合は「社長の営業自慢話」
 とのタイトルで教材化して、
 販売しお金集めをしようと
 企むことも・・・
 また、従業員の永年勤続表彰も
 行なわれます。


 そこで改めて考えてみなければ
 ならないのが、創立記念日を
 開く目的です。

 創立記念日の式典は、
 その会社の販売先や仕入先などの
 関係者が集まって、社長の功績や
 従業員の努力を称えるために
 開かれるのか、それとも創業以来
 お世話になった販売先や仕入先などの
 関係者に対して感謝の意を表すために
 開かれるのか、ということです。


 もう少しはっきり言うならば、
 創立記念の式典を開く会社の社長が
 主役なのか、それともお客が
 主役なのかということです。

 この違いによって、行事の
 運営はガラッと変わってきます。


 ある家具販売店の
 創業30周年パーティに
 呼ばれたときのことです。

 この社長は、自分のことについて
 何一つ話さず、独立してから
 販売した婚礼家具の1番目から
 5番目までの夫婦を見つけ出して
 招待し壇上に上がってもらいました。
 そして1組ごとの夫婦に心から
 感謝を述べ、花束を渡しました。

 参加した200名の人々は、
 皆一様に心を打たれた様子でした。
 販売先の社長や仕入先の社長を
 招待したときは、その人々が
 主役であるべきでしょう。


 会社の発展に努力してくれた
 従業員を称えるのも大事ですが、
 これはあくまで内部のことです
 から、内部だけで行なうべきです。

 つまり、創立記念の行事は、
 社外用と社内用と2回行なう
 べきなのです。
 社内用のときは、社長が主役で
 あってもかまいませんが、
 この2つを混同したのでは、
 おかしな結果になります。


 経営を良くするということは、
 権利と義務のバランスを
 取ることでもあります。
 社長になると、誰も本当のことを
 言ってくれなくなりますから、
 油断するとすぐ自己中心になり、
 独善的な考えを持つ危険性が
 大きくなります。

 独善的な経営とは、権利のみ
 を主張し、義務を忘れた
 ことを言います。
 悪い意味でのワンマン経営です。


 これに歯止めをかけてくれる
 のが「原点の心」、あるいは
 「初心の心」に立ち返ることです。

 社長が独立したときに注文を
 出してくれたお客や、その後の
 発展に協力してくれたお客や
 仕入先に対して、心から感謝の
 意を表わすということが、
 初心や原点の心になりますので、
 こういう狙いで創立記念の行事を
 実行すれば、価値あるものに
 なるはずです。


 これもさることながら、
 お客に来てもらうのではなく、
 自分の方から一社一社お礼を
 言って回れば、もっと効果が
 上がるでしょう。

dc0e4ed2[1]















*一部、大幅な加筆もあり。


最後の「もっと効果を上げる」
よう、1社1社お礼を伝えるため
教材化したと切替される
恐れもありますが(失礼)

jakujak












創業記念行事だけでなく
出版記念イベントなどでも
「初心忘れず」で対応される
こんな立派な方も身近に
いらっしゃいます↓
まだ30代




記念行事で金儲け」は
お客無視の論外です。
心得ておきましょう。
(来年が少し心配ですが)

↑このページのトップヘ