先日のブログで触れた、
会社を継承された後に
ランチェスター経営
勉強された後継社長様から
お聞きした(残念な)お話。




先にも触れていた通り、
先代はランチェスター経営を
全く勉強されていません。
それでも業界の会合などに
出席されたりされるようで、
もしかすると何らかの
ビジネス系の講演会で
経営の勉強はされたことが
あるかもとのことでした。
ただ、竹田先生のことは
ご存じなかったそうです。

息子(現・社長様)さんが代を
継いで後、いきなり教材など
買い込み勉強しだしたので、
気にはなっていたとか。
でも、一緒には勉強されず。

ただ、先代が何かの機会で、
教材が映し出された場に
居合わしたそうですが、


「そんな俺より
 年老いたジーサンが説く
 経済理論など古臭いに
 決まってるだろう」

QR_610492

















*このQRコードを↑読み
 取ると、映し出された姿を
 確認することが可能かも?




 (この前回↑とは異なります)


〜と・・・(苦笑)
いつもながら↓この二の舞か。




もっとも、こんな中途半端な
考え方を持つ60〜70代の
団塊世代であれば、たとえ
私が映し出されたとしても、


「こぉ〜んな若造に、
 会社経営の何が解る
 モンですか!?」


〜と、はねつけるでしょう。
そういう経験は多々

ともかく、団塊世代が
そんな思いを抱かないため、
(その必要があるか疑問?)
ランチェスター経営(株)
では、CD教材も各種揃って
充実しております!?
(確かにCDの方が多い

part3_02_210









いやいや、そうではなくて
前から何度か取り上げる


古臭くなくて
 また斬新すぎて
 若者には向いている」





〜と、鑑賞された人が
つい感想を口にしてしまう
アニメーションを駆使して作成
された新・戦略社長塾DVD
も揃っております。

ご希望される方は、まず
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』から
ご参加ください。

未知との遭遇












蛇足ながら申し上げますと、
ランチェスター経営(株)で
今(通常)発売されている
教材DVDの中で、一番
若い頃の竹田先生が出演
しているのは、先日も取り
上げた上の「未知との遭遇」↑
収録された・・・

taianbig[1]














・・・ではなく、何と!?
大安・仏滅・友引物語
になるのかも知れません。
(知らなかったことにします)

コロナ禍で、ここ最近になり
まことしやかに言われ出した
来年始の初詣に代わる
幸先詣(さいさきもうで)。

ニュースなどでも(一部引用)、


◆コロナ禍で変わる年末年始 
 休み増える?
 初詣に代わる「幸先詣」とは?


・・・専門家らが

「年末年始に人出が集中しない
 よう、休みを長く1月11日
 までしたらどうか」

と提言し・・・




・・・初詣は元日からの三が日
に集中するので、初詣ではなく
「幸先詣(さいさきもうで)」
の呼びかけをするところも
あります。

お正月ではなく、
年内のうちに参拝して、

「来年も
 良い年でありますように」

と先の幸せを願うものと
いうことで「幸先詣」と
言っているそうです。


「来年も・・・」との願いを
読んで、コロナ禍の今年が
良かった人がいるのかどうか
疑問もありますが、あまりに
降って湧いたような考え方
のような気も少々・・・

いつもながらの日本人の神に
対するアバウトな考えでもあり、
また、あまりに早く来年のこと
をお願いしだすと、多くの
鬼に笑われそうな気もします。
(鬼も神?諸説あります)

ono2o












あ?CM制作動画があった!




別途↓こちらの鬼も笑うかも。
長時間労働の鬼?

onii32











その点、地元TVQニュース
で、福岡県神社庁長からは


◆福岡県神社庁 
 初詣の「分散」呼び掛ける

福岡県神社庁によると例年、
県内にある約3300の神社に、
約1500万人が参拝して
いるということです。

密を避けるため、県神社庁では、
「幸先詣(さいさきもうで)」
と題して、12月1日から
2月末までの分散参拝に取り
組むとし、県内の全ての神社に、
3ヵ月間、縁起物を準備する
よう呼び掛けるということです。




*早々にリンク先が切れるかも
 なので、コチラもリンクします。


さすが、竹田先生が取り上げる
ほど 商売上手な 先進的な
太宰府天満宮の宮司さん
でもいらっしゃいます。
的確です。

そりゃ〜上記の参拝者の
2割近くを占める実績が
物を言わせるんでしょう。




そんな「太宰府=学問の神様
のビジネスモデル(?)を
確立した秘密が↓こちらで!

『太宰府天満宮の秘密』CD

太宰府の歴史CD




















最後はお決まりのPRでした。
(鬼も見放しそう?)

コロナ禍における経済状況に、
底打ちから「持ち直した」感が
強く、それが株価に表れている
とする人がいる一方で、今は
それまで落ち込んだ時期の反動
とGOTOキャンペーンなど
前倒しの「特需」で支えられてる
だけで、その先は・・・とする
人が入り混じる〜この頃。




悲観的に準備し楽観的に対処する
私の性格上、後者の考え方に
同意するのですが、最悪な事態
に遭遇することばかり考えると、
逆に行動に移せず〜逆効果?
反省です。

未知との遭遇












こんな強引な前振りで登場させた
ランチェスター経営(株)
ほとんど売れていない教材
〜と言い切っても良いはず
『信用調査と引掛り防止』DVD
からの「未知との遭遇」↑

siny

その「未知との遭遇」ではなく、
(大本の)信用調査関連の教材
など、一時的に注目された時期が
あったような記憶が蘇りました。

10年も経たないくらい前・・・




・・・(懐かしい)このブログ
を書き始めた頃、それは
リーマンショック直後。

s227









(割と手ごろな価格の教材)
『不良債権防止の戦略』CD
を購入されたか、当時また別に
あったカセットテープ版の教材
を購入された会社から数名が、
(内容的に後者だと思います。
 もっと安かったから)


「これじゃ〜解らない。
 もっと詳しく知りたい」


〜と竹田先生を訪ねました。

すると(当然でしょうが)、
竹田先生は先のDVDなどを
オススメされたようですが、
あまりに高いと思ったか
それっきりか何かに・・・
(詳しくは不明)

shinnyouchousabig[1]









その後、同様なお問い合わせ
もあって、その時のご質問や
ご要望を受け完成させたのが
(小企業の)信用調査と
 危ない会社の見分け方』CD

調査会社に高い調査料を支払って
も情報が入手できない小企業や
新設会社に対象を絞った内容。
しかも、頭が痛くなるような
経営分析に触れてもいません。

しかし、あまり売れてるような
状況ではなさそうだった(失礼)
ので、私は別で2つの角度
からご紹介したりしました。







ただ、これもそれほど売れる
ことは無く・・・ではなくて、
内容的には、古くから自社出版
&販売の(当時↓)竹田先生・著、

CIMG1718


『危ない会社の見分け方』
『中小企業の信用調査』
とさほど変わらないので、
教材を買うまでも無いから
と多くの方は、この2冊を
購入されていきました。
(ほぼご来社で購入パターン)

ただ今、この本を読み返す
と、昔&昔の本ですから、
字が細か過ぎて〜大変(笑)
まだまだ販売してますが、
心して読んでください。

CIMG1728CIMG1727


冒頭の前振りであったように、
コロナ禍で不透明な経済状況が
続く中、リーマンショック後と
同じことが繰り返されるとも
限りません(それ以上かも)。

ご紹介した2冊の本を購入される
か、教材を購入されるかは好み
や状況により様々でしょうが、
(もちろん私としては
 DVDを購入して欲しいが)
主にBtoBビジネス向けを
展開されるのに、社内で
与信管理会議などを開催
したことが無いのなら検討
されててみる必要ありかと。

他には、取引先が200件を
超えるとか、社長とは別に
営業リーダーがいるとか、
取引先に創業間もない会社や
従業員20名以下の会社が
多かったりすれば必要かも。
案内文の記載などより)




また(このコロナ禍では)
マイナス幅が大きい業種・
業界との取引が多い会社は
上記に関わらず備えておく
ことをオススメいたします。

rdouro
















・・・変なモノと遭遇
しないためにも是非。

*(繰り返しになりますが)
 決算書など会社情報が
 入手できる取引先であれば、
 調査会社に高い調査料を
 払えば解決できるでしょう
 から大丈夫とは思います。
 そうでなければ・・・
 変なことになりかねません。

CIMG3042

*加えて来年度から中小企業
 でも同一労働・同一賃金
 など目白押しでしょうから、
 長時間労働に逃げる訳には
 いかなくなりますので・・・

先日くらいブログに書いて
改めて自分自身も注意喚起
していたのですが、ほぼ
同じことが起きました。

*具体的に書くとバレバレ
 なのでデフォルメします。


「戦略社長塾」客層編の復習として




0幣紊離好泪曚皀僖愁灰鵑
 苦手なオジ−サン世代では、
 押しつけがましく電話しても
 怒ら無さそうな人に尋ねます。


ここで言うオジーサンでは
ありませんが、スマホも
パソコンも苦手な高齢者が、
つい先日、押しつけがましく
尋ねても怒ら無さそうな私に
直接、質問されてきました。


「これ〜何ね?」

QR_524806

















〜と見せられたド派手な
バースデーカードには、
QRコードが印刷されてました。
竹田先生の誕生日は
 10月2日でしたので
 既に過ぎており、別人です)


「携帯電話で読み取ると、
 絵かメッセージかが
 出てくるのでは?」


お持ちだったのがガラケー。
しかし、ガラケーでも
カメラでQRコードは
読み取れるようでしたので
大丈夫かと思いきや、


「携帯は電話しか
 使ったことが無いから。
 しかも、ほらっ!
 真っ赤になってる」


それは電池切れのサイン。
(この頃から、当事者は
 興味を失いました。なお
 竹田先生ではありません)

仕方なく、私のスマホで
読み込ませてみると、
いきなりYouTubeに切替わり、
そのまま動画がスタート。

差出人が大きな声で、
誕生日をお祝いする
メッセージに続いて、
3分間超のグダグダと
しつこく説明が・・・

*皆さんも是非↑上の
 QRコードを読み込ませ
 ご確認ください(違うけど)


「あーあー、もういい。
 解った、解った」


〜と、15秒ほどで終わり。
(何度も申し上げますが、
 竹田先生ではありません)

2G(2つの意味あり)の
ガラケーしか持ったない人に
このバースデーカードは、
貰った相手のことを考えない
マズさが露呈したようです。
しかも、既にガラケーでは
YouTubeが見れない(確か)
ことも解らぬとは自己中・・・

BlogPaint












これはランチェスター経営
顧客維持戦略』を是非
勉強されることを・・・
って言いつつも、既に
「教える立場」でもあり、
本まで出版されてますが、
困ったモノです。

af33760d
















この困った余波は、数カ月前
ZOOMに絡んだことでも
私は被害を受けました。

これらの、結局は人の善意に
つけこんだスゴい仕掛けで、
自己PRしてばかりな状態は、
顧客対応の「第1段階
お客に不便をかけない」が
根本的にクリアー出来て
ない証拠かと思われます。
または、感動セールスの
悪用そのものかも。




くどいようですが、最後は
「顧客戦略」旧版DVDから
引用させていただきます。

名刺に「お客中心の◆◆産業」
とか印刷している場合があるが、
そういうのは止めるべき。

お客中心かどうかは、
お客さんが利用すれば分かる。
 
これは「私は良い大学を出てますよ」
とか、「私は美人でございます
と言っているのと同じ。

part3_07_210[1]












お客さんの立場から見れば
どうなのか、自分の都合を入れずに、
さりげなく実行で示すように。


やはり「感激屋さん」には
要注意なのかも・・・
(当事者も&差出人も)

先週ご案内さしあげて
早々、翌日には定員に対し
70%のお申込みがあった
驚異的な人気セミナー。


「前回に参加した際、
 話しが途中で終わった
 ような気がしました。
 その続きが聞きたくて
 今回は案内もらって即、
 申し込みを済ませました」


〜と前回、初参加だった方
から、ちょっとトンチンカン
なご連絡もありましたが、
(時間ギリギリまでだから)
その後もお申し込みが増え
続けたようで、まさかの
1週間絶たずで定員オーバー。

まずは、お申込みいただいた
皆さま有難うございました。

にもかかわらず、
今回も今さらになって、


「え〜っ!もう定員でダメ?
 参加したかったのに
 モーモー」


〜との牛のようなお怒りを
いただいております。
申し訳ございませんでした。
ぜひ次回お早めに!
再度まさか?




私がご案内する限りでは、
以前から老舗企業からの
反響が大きい上に、今回も
リピーター率80%超!

やはり、その内容的にも
「裏切らない」セミナー!

nnhkinu











そんな&こんなで脱線めいた
締めで終わろうとしましたが、
この「みんなで筋肉体操」、
既に昨年時点で日めくり
カレンダーを発売だとは!?

筋肉が喜ぶ「日めくり体操」

kinncale
















最近のNHKも抜かりなし。
これは、まさに
ランチェスター・カレンダー
の強力なライバル現る!?
(どっちもどっち?)

6f4d798a
















え!?

構想中だったカレンダーの
新バージョンも、


「文章を考えるのが・・・
 (出来ない理由だらけ)」


〜とかで無期限の延期?
あっけなく竹田先生
裏切られました。

代わりに、DVD教材を
制作中?CDも数種類??

DSC09020












こうなれば、先日に触れた
ように、テレワーク中の
社員1人1人に1枚ずつ
ランチェスター・カレンダー




だけでなく、離れて暮らす
後継候補のご子息さんにも
ぜひ1枚!?

IMG_4009
















*ならば&ならば、カレンダー
 の改訂版として妙案を!?
 1枚1枚(1日1日)に
 QRコードを貼り付けて、
 それをスマホで読み取ると、
 竹田先生が文章を読み上げ
 て・・・「スゴイ!」と思う
 のは最初だけでしょうね。
 (2巡目は邪魔くさい

少し前、2人の後継社長様と
別々の状況(各マンツーマン)
で、ランチェスター経営(株)
の『社長のリーダーシップ
改訂版DVDを鑑賞しました。

DSC09755












PMリーダーシップ理論の
M機能である人間関係能力に
関する注意点をチェック。
中でも、ポイントとなる
社長は公私混同しない。
自分を例外にしない。
を立て続けに鑑賞。

DSC09760












2人の後継社長様に対して
別々の日にマンツーマンで
鑑賞したはずなのに、


「・・・これは
 まさに先代そのもの」


〜と異口同音のご感想。
そんなもんでしょうか?

また、竹田先生が説明する、


「ウィークデイにゴルフへ
 行ってて会社を休むのを、
 社内には『仕事の都合で』
 と言ってても誰かにバレる。
 特に女性社員は
 直ぐ気付いて・・・」


〜にも、大いに納得の上、
女性でなくてもバレバレ
なのに会長となった今も
相変わらず〜との追加で
同じコメントでした。

恐ろしや〜これは戦後の
高度経済成長期を経験した
(もちろんバブル経済も)
団塊の世代の、悪しき
一面なのでしょうか。
オジーサン世代か
 違えばごめんなさい)

この2人の後継社長様に
共通する点は、2人とも
会社を継承された後に
(若干の前後はあり)
ランチェスター経営
勉強されたとの点。

ですから、先代社長は
ランチェスター経営を
全く勉強されていません。
&ですから、1位主義など
頭に無く、売上だけが中心
で、もしかすると、戦略と
戦術の違いも不明かも。
だから・・・

DSC09761












せめてもの救いだったのが、
この部分の最後で、


「この教材をご覧に
 なっている社長様は、
 このようなことは無い
 でしょうが・・・」





〜との竹田先生流、毎度
お馴染みの締めの一言
確かに、鑑賞した2人の
後継社長様は該当しません。
お見事!

しかし・・・

DSC09754












・・・DVDでは続いて
げた・ぞうり議論」が
説明されてましたが、
それよりも、ココは
以前からもご紹介する
ニーバーの祈り」を
お伝えしておきました。

*少々長いですが、改めて
 紹介文を抜粋します。

社長の掟(おきて)
 /PHPビジネス新書

著者:吉越 浩一郎 氏
トリンプインターナショナルジャパン元社長

・その冒頭より
 (一部要約して抜粋)




ニーバーの祈り/Serenity Prayer


<英語原文>


O GOD,

GIVE US SERENITY TO ACCEPT

WHAT CANNOT BE CHANGED,


COURAGE TO CHANGE

WHAT SHOULD BE CHANGED,


AND WISDOM TO DISTINGUISH

THE ONE FROM THE OTHER


Reinhold Niebuhr




<日本語訳>

神よ

変えられないものは
そのまま受け入れる冷静さと、

変えるべきものは
変えていける勇気を私たちに
与えたまえ。

そして、変えられないものと、
変えるべきものとを、
判別できる知恵を与えたまえ。。。


syacy















景気が悪い、為替が円高に振れた、
社内に人材がいない、大手取引先の倒産、
突然の外資の参入・・・

それら「自分の力では変えられないもの」
を言い訳として口にした時点で、
その人は社長失格なのである。

世の中には、
自分の力で変えられるものと、
変えられないものとがある。

この単純な原理原則を理解すれば、
自ずとやるべきことは見えてくる。

変えられないものを
一生懸命変えようとしても、
それは時間の浪費というものだ。

しかし、上手くいかないことを
変えられないもののせいにしていたら、
未来はない。

社長の仕事は、まさにこれらの
見極めと実行に尽きる。


たとえ身内であっても、
他人の考え方を変えるよりも、
自分の考えと行動をを変える
よう努めるしかないでしょう。

part2_03_210[1]









社長が変われば★会社が変わる」CD
(自戒の念を込めて)

昨日のブログで、予め申し
上げてましたが、残念ながら
本講中の写真を撮り忘れた
ランチェスター経営ジム
戦略社長』5回目、
応用編・客層戦略

本講を終了した後、
ランチェスター経営(株)
SASAビル会議室内の
Wifi環境が急に悪くなり、
何とかiPhoneで
テザリングして、ZOOMを
再接続を試みたので・・・

DSC01306












・・・すが、復活ならず断念。

そのまま消えてしまった
ZOOM参加者は、2度と
戻ってこれませんでした。
(今回は、その参加者も
 iPhone接続だから?)
失礼いたしました。

いつもように客層戦略では
終了後、8年前に録画した
ビデオを鑑賞するのですが、
(それをビデオカメラで撮影
 した上で、ZOOM接続)
ちょうど↓このシーンで〜消!?

DSC01307












いつもながら、かなり濃い
内容なので、そのことにより
Wifi環境を悪化させるほど
データ量がデッカクなったとか?
大変、失礼いたしました。

a89edd2a[1]












この↑↓イゴール・アンゾフ氏
による成長マトリックスにも
似た、縦軸が「客層(市場)」、
横軸が「商品(製品)」との
新商品開発のマトリックスは
非関連の多角化チェック
予め解説しましたので、
事なきを得ました・・・

DSC01308












・・・が、別のポイントは
触れず終いとなりました。
申し訳ございませんでした。

またの機会(最終回?)で
テストせねば〜でしょうか。
心得てください。

↑このページのトップヘ