今年も大雨続きの、梅雨の
季節がやってきました。
いつ止むのか分かりません。
今は九州地方だけかもです
が、このまま日本中が
物滅の友引」続きに。
(梅雨明けの沖縄を除く)

ただでさえ、世界中が
新型コロナウイルスで
万事に凶だとの日の意味の)
「仏滅の友引」のような
気分なのに2重苦か!?
(2重ブツブツ?)




昨年&一昨年と同様、
そんなジメジメ感が満載で
ブログも書く気も失せて、
仕方なく、いつもの
「物滅の友引」に関する
記事から転載します。


大安、仏滅、友引物語の葉書」完成


これは昔の天気の呼び方でした。
信じられないでしょう。

日めくりカレンダーには必ず印刷されているのが、
大安、仏滅、友引などの「六曜(ろくよう)」です。
これは昔の中国の「天気の呼び方」でした。

1日中晴の場合は大安で、朝方は晴れていたが
夕方は曇って小雨が降ったら先勝です。
一日中雨が降ると遠くの山々が見えなくなる
ばかりか、近くのお宮の木も見えなくなるので、
これを「物が滅(めっ)した」ということで
「物滅」と呼びました。

空亡という呼び方もありました。

同じ天気が2日続いたら友引になります。
梅雨のときに何日も雨が続いたら
物滅の友引が何日も続き

梅雨が明けて晴が何日も続いたら、
たとえ物滅の日があったとしても、
大安の友引続きとなります。

後にこれが戦いを始めるとき、
占いに使われるようになりました。
日本には鎌倉時代の終わり頃
伝わったのですが、ほとんど
使われてなかったそうです。

江戸時代の後期、文政時代には印刷技術が
発達したことで暦が作られ、町人の間で
広く使われるようになりましたが、これに
六曜が印刷されたのです。
印刷の仕方は「旧正月」を起点に、
先勝、友引、先負、物滅、大安、赤口(しゃっく)
の順にし、2月になると1つずつずらして、
友引、先負の順に、3月はさらに1つずらして、
というようにしました。

このとき、ある印刷屋の「オヤジ」が、
物滅を仏滅と勝手に変えて印刷しました。
これが現在まで伝わっているのです。
つまり今、使っている六曜は、200年ほど
前の江戸時代に決められた「超・長期」の
「天気予報」だったのです。
しかし、今は人工衛星を使って天気予報を
しているのですから、江戸時代に決められた
長期の天気予報は「廃止」しなげればなりません。

ところが、ほとんどの人はこの事情を知らず、
結婚式の祝事を初めとして地鎮祭や棟上げ、
さらに創立記念日の行事を決めるときは、
江戸時代に決めた長期の天気予報に左右され、
中でも印刷会社のオヤジが勝手に変えた
仏滅をひどく避けているのですから、
考えてみればずい分と滑稽な話です。

この事情を、図によって解かりやすく
説明した「はがき」を作りました。
お客様に出す、そのつどメール
定期メールに、このハガキを使うと、
注目率が高くなるので効果が上がります。

試しに一度は使ってみませんか。


taianbig[1]

















*より詳しくはDVD
  「大安・仏滅・友引物語」を


ところで先週、ユニクロ
エアリズムマスクを買いに
行っても、どこのお店も
売り切れで全く手に入らず。
仕方なしに、半額以下で
ユニクロもどきの粗悪品
布マスクを購入しました。

airmask









着けてみると気密性が高く
30分もすると息苦しく
晴れた日は頭がクラクラ。
逆に、この数日間の雨で
ガンガン水分を吸い込んで
異様な重みを感じます。

このマスクは、新型コロナに
感染した時に使うならば
威力を発揮しそう?




*そもそも、大雨の時に
 マスクが必要か〜疑問
 飛沫が飛んでも雨粒に
 跳ね返されるとか・・・

またもや、コロナ禍で
ランチェスター経営的な
一点集中に対抗するような
記事を目にしました。


日経新聞お前もか・・・!?




*いずれの時期に↑リンクが
 切れてしまうと思いますが。


〜とのタイトルにしようかと
思いましたが、二番煎じは
避けた上、違う着地を。
(乞うご期待)


コロナ危機/産業断面図・トップに聞く新常態

日立 東原敏昭社長
「選択と集中は限界」複合事業でリスク分散

IMG_5040













東原社長は
「選択と集中だけなら
 コロナ危機は回避できなかった」
と語る・・・


本当、相も変わらずに
煽ったようなタイトルで
・・・と思いましたが、
実際のインタビュー記事内
でも同様に応えてました。

しかも、来期の業績予想を


リーマン・ショック後の
2009年3月期に日立は
7873億円の連結最終赤字
を計上しました〜との
記者からの問い掛けに、

「21年3月期は最終利益で
 前期比4倍弱となる
 3350億円の予想を
 公表した・・・」




*他でも↑強気の発言


パナソニックやソニーなど、
また同業以外でも業績予想が
未定の上場企業が多い中
早々にコロナ禍が収束し
V字回復を成し遂げるかの
考え方には〜驚!


ということでも無いですが、
少し調べてみました。
(時系列で)


ハード事業はもっと伸びる
 日立製作所 中村 豊明 執行役専務




 2008.09.19(リーマンブラザーズ経営破綻4日後の記事)



日立が7000億円の最終赤字に転落
 ただしITは堅調




 2009.01.30(結果として先述の決算)

*ついでながら、その頃に
 書いたブログ記事です。




今の4階は優良企業が入居



◆日立、HDD子会社を
 米ウエスタンデジタルに約3500億円で売却




 2011.03.07(トップが交代して、バッサリ売り払う)

kawammnaka24














*子会社から呼び戻されての
 お二人なので↑↑カリスマと
 呼び難いような・・・


もっとも、竹田先生も以前
セミナー中、脱線ネタで、
以前に社名を伏せた記事より)


「10万人以上もの従業員がいる
 世界的な大企業の中にあって、
 今までにカリスマ的な
 個性の強い経営者が出ずに
 組織として優れた企業。

DSC05968DSC05975







 ドラッカー先生が言うような
 マネジメントの優れた、
 いわゆるトップ・マネジメントに
 卓越した企業組織と言っても
 言いのではないだろうか」

こんなふうに紹介されていた
日本のある大企業があります。




*当のドラッカー先生自身は、
 その企業を著書『マネジメント』で、
 「技術大家族(技術一家主義)」
 として取り上げています。


そうなれば・・・

それほどトップが優秀でなく
テキトーな戦略(の発言)でも、
社員個々人の能力がズバ抜けて
高かいが故に、卓越した組織
として目的を達成できる。

これは、日本のコロナ対策
(の成功)そのままでは?




そうなると、締めの言葉は
その時の新聞記事から
引用して、


・・・では、次の波を迎え
撃つ戦略は出来ているのか。
残念ながら・・・


「実に残念」とならぬように。

先に少し触れました
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾」応用編・
商品戦略を先日開催。

DSC01236












竹田先生も日頃から
商品は手段にすぎない
と説明するのと同様に、
商品そのものは戦術なので、
その手段ばかりにこだわる
と目的を見失いがちに。
特に経営では、目的と
手段の混同が不振・
失敗の原因にとなります。




その上で、商品で差別化や
1位づくりを目指すならば、
世界一の製品を作りたい
で始まったバルミューダや、
なるほど家電」で商標まで
登録するアイリスオーヤマ
くらいの覚悟が必要。

そうでなければ・・・

DSC01235












・・・よほどの覚悟が
必要だと知った上で、
地域客層など、他で
1位を目指すよう戦略を
考えていけば良いんです。

そんな展開が本来的な
多角化経営でもあるはず。

a89edd2a[1]












逆に、そんなことを考えない
から安易に非関連の多角化
走ってしまうのでは?
ネギカモにご注意!

つい先日のブログで触れましたが、
ランチェスター経営(株)からの
2020年度の利益表一式

IMG_5038












その時にも触れていたように、
「残念ながら」か「周知の事実」か、
今回の数字はあくまで昨年の
経済活動における結果で、
コロナ禍の影響は〜無し。
いや、逆に良すぎます。

それよりもビックリなのが、
粗利益表」が【資料1】と
トップに格上げされてました。
見事なランクアップ!
それほど大事な証拠

完成のお知らせ時にも、


上が【資料番号】/下が「資料名」
 

【資料1・2】
 中小企業1人当り年間粗利益調べ  
 中小企業労働分配率調べ   

【資料3・4】
 中小企業、1人当り年間経費調べ  
 中小企業、損益余裕率調べ  
 
【資料5・6】
 中小企業1人当り年間純利益調べ  
 上場企業1人当り年間経常利益調べ  

【資料7・8】
 中小企業、1人当り自己資本額  
 中小企業、自己資本比率  

IMG_5039























*(私でも)有料だから↑
 コッソリ貰った純利益表が
 破れてても、止む無しと諦め(涙)


〜となっていたのを
気付かず、失礼しました。
コレには今回も


「ボーッと
 生きてんじゃねえよ!」




NHKで放送の
チコちゃんに叱られる!」より


その結果、資料番号で最後が
自己資本」表となりました。
大幅に格下げされての
ランクダウン!?

*今回のブログ・タイトルは、
 正確には、この期に及んで
 「中小企業の1人当たり
  自己資本額」表が大幅に
 ダウン!?〜でしょうね。
 失礼しました。
 
どちらにしても、今後1年・
2年・・・で、最初の方の
各利益表の数値がダウンして、
最終的に数年間は、本来的に
自己資本額も大幅ダウンかと。

IMG_5028
















当然↑そのことと関連する
記事ばかりで・・・そんな
数年先を考えるために、
最低限の経済学の知識が
必要になってくるのです。
締め切り迫る!


ランチェスター法則
経済に応用させる
ランチェスター経済学」?





もちろん、普遍的な
経営戦略の知識も必要!
不況に強い
ランチェスター経営
悲観的に準備し、楽観的に
対処するためにも必要です。




*そう言えば以前、節税と
 自己資本に関する際どい
 記事を書いてました。
 コロナ禍でも節税重視な
 こんな税理士の考え方って
 変わらないんでしょうか。

戦うまでも無く、簡単に
勝負がつきそうですが・・・

DSC01235












本日、開催した
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾」応用編・
商品戦略で、休憩時間に
(株)バルミューダ談議に、
花を咲かせる参加者達。

こんな身近に愛好家がいる
とは〜ビックリ!?




現物の扇風機(GreenFan
まで飛び出す始末で、
(私が見たいとリクエスト)
話しが尽きることなかった
ので、残念ながら途中で
STOPかけました。
失礼しました。

bsabar




















3年前の同じ「戦略社長塾」
で、皆さんから「知らん顔
されたネタでしたから、
今回の反響の大きさは、
逆に有難かったですけど。

arisoo
















ただ、実際に私が買うのは
アイリスオーヤマ中心なので
話しにもなりませんでした。
こんなのまで見つけました




どうも前回の「客層戦略」
続きとなってしまったかも。

このコロナ禍で大打撃を
受けていた、カナダを
代表するサーカス劇団
シルク・ドゥ・ソレイユ
破産を申請したとのこと。




今後の事業再生には、
コロナ収束まで待たねば
ならないかもです。
(終息までか?)

slkdoo















ところで、
シルク・ドゥ・ソレイユは、
一時期にブームだった
ブルー・オーシャン戦略
成功事例で取り上げられて
いたような?

blueoo
















もっとも、既に温故知新な
ブルー・オーシャン戦略も、


青い鳥幻想を広げた最悪のセオリー





〜とも言われてましたから、
時代に合わなかったのか。

とは言え、何も
ブルー・オーシャン戦略が
ランチェスター経営
関係があるか〜と言えば、
全く無関係なので(失礼)、
昨日にもブログで触れた
一点集中でもありません。
話題に上げること自体が
迷惑かもしれません。

*お詫びに↓新版もご紹介
 (こちらは知らなかった

blueo2
















ただ、非常事態である
コロナ禍で、成功事例として
認識されていた会社が突然
コロっと・・・そんな
数年先を考えるために、
最低限の経済学の知識が
必要になってくるのです。


ランチェスター法則
経済に応用させる
ランチェスター経済学」?





もちろん、普遍的な
経営戦略の知識も!
だからこそ、より古典的な
ランチェスター経営を。
悲観的に準備し、楽観的に
対処するためにも必要です。

つい先日「週刊 東洋経済
の新聞広告にダマされて
買った記事を書きました。




一点集中型経営では会社が潰れる
との広告でしたが、実は、
一点豪華主義は危ない・・・
のタイトルだったとオチ付。

IMG_5028
















そんな中で、今度は
日経トップリーダー
来月号(7月)の特集で、


「多角化経営のすすめ、
 災害でもパンデミックでも
 倒れない会社」と。

topl2007



















ザックリ読むと、いつもの
イゴール・アンゾフ氏
よる成長マトリックスにも
似た縦軸が「客層(市場)」、
横軸が「商品(製品)」との
新商品開発のマトリックス
で語られてました。
非関連の多角化チェック

a89edd2a[1]












ランチェスター経営でも
(その多くは商品戦略
ライフサイクルもあって
同じ商品・客層に留まり
続ける危うさを
説明してきてます。

コロナ禍だから〜でなく、
戦略的に常日頃から
頭にないといけない
事業展開なのです。
各経済誌に煽られること
なく、ましてや、


「こんなこと、
 考えてもいませんでした」


〜とのことがないように。
少し続きます

↑このページのトップヘ